音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)、悉くかつての発言の逆をやる

20170616

児島由紀子「3年ぶりに音楽界に復帰するリアム・ギャラガーについてです。過去3年はほとんどSNSで吠えるだけの人になりかけていたので、ファンとしても悲しかったんですけれども、ついに新曲を出してフルアルバムを最近作り終えたばかりみたいで、リリースされるのは今年の秋みたいですけれどもね。これからいろいろシングルをだすんでしょう。多分。」

渋谷陽一「お兄ちゃんに負けてられないですからね。」

児島「本人としてもライバル意識は微妙な所じゃないですか。」

渋谷「新しく発表されたリアムの音はどんな感じですか。」

児島「非常に今っぽいですよね。アデル(Adele)をプロデュースしたグレッグ・カースティン(Greg Kurstin)とか、トム・オデール(Tom Odell)を手掛けたDan Grech-Margueratとか、今風で売れっ子のプロデューサーを導入したのはさすがだなと思いました。」

渋谷「先行リード曲を聞いたんですけれども、もろオアシスというか、これ分かりやすすぎないかという気もしないでもなかったんですが。」

児島「リアムの声だからオアシスに聞こえるのかもしれませんが、曲自体はオアシスとは違うでしょう。」

渋谷「そうですか。僕は結構王道が来たなぁと。」

児島「つい最近、ロンドンでライブがありまして見て来たんですけれども、新曲6曲やったんですけれども、残りの曲はぜんぶオアシスの曲をやってました。」

渋谷「お兄ちゃんがそれをやるなら、俺だってみたいな。」

児島「オープニング曲からしてRock 'n' Roll Starですからね。次がMorning Glory。それで盛り上がるなと言う方が無理ですけれども、すごかったですよ。野郎どもが一緒に歌って。本当にオアシスのライブを見に行ったみたいでしたよ。」

渋谷「本人はお兄ちゃんがそういうライブをやると文句を言っていましたけれども。自分もそういう風になっちゃったんですね。」

児島「最近、以前自分が批判していたことをどんどんやるようになっていっているんですよね。以前は「俺はソロアルバムなんか絶対に作らない」って言っていたのに結局作ったし。オアシスの曲はやらないって言っていたのに、今はオアシスの曲だらけだし。」

渋谷「でもお客さんは大喜びなんですね。」

児島「もちろん大喜びですよ。行きの地下鉄の中から周りの人がDon't Look Back in Angerを歌い始めた途端、会場の最寄り駅につくまで歌いっぱなしなんですよ。」

渋谷「イギリス人面白いですね。」

児島「もううるさいって。帰りの地下鉄でもやっぱりそういう人たちに囲まれてしまいまして、もう本当にやめてくれっていう感じだったんですけれども。」

渋谷「でもオアシスは愛されているんですね。」

児島「本当にそうですよ。野郎どもには好かれているんですよね。リアムって。そういうカリスマ性がある所が人気がある理由なんでしょう。」

渋谷「彼自身の佇まいはどうでしたか。自信にあふれた感じでしたか。」

児島「相変わらずですよ。以前よりは少し動いてたかなって感じで。でもミック・ジャガー(Mick Jagger)みたくステージのスミからスミまで動いて煽るとか、そういうことができない人ですから。」

渋谷「相変わらず後ろに手を組んで、マイクに向かってっていう感じで。」

児島「そう。男はそんなチャラチャラしたことはしないんだっていう。」

渋谷「わかりました。じゃあ、フルアルバムを楽しみに待ちたいと思います。それではリアム・ギャラガーの注目の新曲を聞いてください。Wall Of Glass。」


デヴィッド・ボウイ(David Bowie)ヒストリー 24th「The Next Day」から25th「Blackstar」まで

20170109  「今日は一日“デヴィッド・ボウイ”三昧」より解説は小野島大氏です。

小野島大「2013年から2016年までです。「The Next Day」というアルバムで、デヴィッド・ボウイが10年ぶりにいきなり復活しました。それも、まったくなんの前触れもなく、公式サイトで告知が始まって、それから新曲のMVが流れて、それからアルバムがでると。結局デヴィッド・ボウイは、ライブもやらなかったですし、メディアに出ることもいっさいなくて、アルバムを出しただけで話題になって、アルバムも売れて、内容も最高だったので、これからデヴィッド・ボウイが大復活して、もしかしたら日本にも来てくれるんじゃないかって我々も希望を持ったんですけれども、とりあえず「The Next Day」というアルバムからという曲を聞いてください。Valentine's Day。」



小野島「10年ぶりということでデヴィッド・ボウイも半信半疑なところがあったと思うんですね。自分が10年ぶりにアルバムを出してみんなに受け入れてもらえるのかって。だからアルバムの内容としては、前のツアーバンドのメンバーなんかを中心として、わりと過去のデヴィッド・ボウイの総決算的な部分もありつつの、新しいものもだしていくというアルバムだったんですね。このアルバムが大成功して、その3年後に「Blackstar」という最後のアルバムが出るわけですけれども、もちろん皆さんがご存知のように、このアルバムを出した発売日の二日後に亡くなってしまったんですけれども、この最後の「Blackstar」というアルバムは非常に攻めたアルバムで、これまで起用していたミュージシャンは一切使わずに、新世代のジャズのミュージシャンを使って、攻めの内容のアグレッシブな内容のアルバムを作ったということで、我々も驚いたし、今後まだまだデヴィッド・ボウイもやる気満々だなということを感じさせてくれただけに、残念な思いも強いんですけれども、とりあえずタイトル曲のBlackstar、10分近い曲ですけれども、是非聞いてください。」



土屋昌巳「まずこのアルバムのビックリする所はドラムですよね。叩いたマーク・ジュリアナ(Mark Guiliana)本人がネットにのせているんですけれども、最初にデモを聞かされた時に、デヴィッド・ボウイ自身がまったくあれと同じものを打ち込んであって、だからデヴィッド・ボウイはハードディスクレコーダーとシーケンサーをどう使っていくのかっていうことを学んでいたんですよね。マーク・ジュリアナはすばらしいドラマーなんですけれども、まったくその通りに叩いただけだって。実はものすごく大変なんですよ。パソコンを使って打っていけばすぐに音楽になるじゃんってみんな軽くいいますけれども、ものすごく実は大変な作業で、しかも今曲を聞いてもらえば分かるように、ちょっとやそっとじゃできるプログラムじゃないですから。それをご本人が体調が悪い中でやったということは、本当に最後の最後までかっこをつけたというか、かっこ悪い所を見せたくないんでしょうね。普通ミュージシャンだったら、誰かに頼むときは、ザックリと「こんな感じでよろしくたのむ」というのは比較的あるんですけれども、それをやらなかったというか、それができなかった人なんでしょうね。」

小野島「また、打ち込みの通りに叩けるマーク・ジュリアナもすごいですよね。並みのテクニックじゃないですね。最後のアルバムらしい、昔馴染みのミュージシャンを片っ端から呼んで、昔を懐かしむようなアルバムを作ったとしても、誰も文句は言わないじゃないですか。それなのに、最後の最後にまだこの先があるんだと、謎を残して逝ったというのはすごいなぁと思いますね。」

土屋「そういう意味だと「The Next Day」の方が小野島さんがおっしゃったニュアンスがありましたね。」

小野島「あれも最高のアルバムなんですけれども、やっぱりどっちが攻めているかといったらやっぱり「Blackstar」ですね。ここまで、各アルバム一曲づつかけてきたんですけれども、さすがにこのアルバムだけは一曲だけとはいかないので、もう一曲聞いていただこうかと思います。I Can't Give Everything Away。」



土屋「この曲の歌詞が大好きです。歌い出しで泣けてしまいますし、曲としても素晴らしいんですけれども、特に中間部に出てくる「Seeing more and feeling less Saying no but meaning yes」っていう、「見るほどに感情を失ってNoと言ってるけれどもそれはYesだよ」っていう、今まで自分が言ってきたことを全部肯定もするし、否定もするし、結局最後までかっこをつけたと。「Saying no but meaning yes」なんて歌えないですよ普通。恥ずかしくなっちゃいますよね。でもデヴィッド・ボウイだからできるという。あと、象徴的なのが「Blackstar」っていう、夜空にひっそりと、見えない星ですよね。結論から言うと、1967年のデビューから今日まで全部の作品にデヴィッド・ボウイは、星の王子様を書きたかったんですよ。音楽絵本を作って、最後に最大のヒントですね。「Blackstar」っていうのは。要するに、大切なものは目には見えないんだよという。だから、大成功だったと思いますよ。彼の人生は。最後までかっこよかったし、なかなかできるものではないですね。」

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)ヒストリー 17th「Black Tie White Noise」から23th「Reality」まで

20170109  「今日は一日“デヴィッド・ボウイ”三昧」より解説は小野島大氏です。

 1993年から10年くらいの足跡をおいます。「Let's Dance」以降、「Tonight」、「Never Let Me Down」、そしてティン・マシーン(tin machine)と、どちらかというとデヴィッド・ボウイにとっての低迷期というか、元気がなかった頃なんですけれども、この頃からだんだん調子がもとに戻ってくるんですね。まず、「Black Tie White Noise」というアルバムを出します。このアルバムはチィン・マシーンが解散してソロに戻っての第一弾アルバムということで、この時に大事なことはイマン(Iman)さんと結婚されたということ。それからちょうどLAにいる頃で、ロス暴動にデヴィッド・ボウイ達は直面したんですね。その経験がこのアルバムにも反映されていると。アルバムのプロデューサーもナイル・ロジャース(Nile Rodgers)を再び起用して、ミック・ロンソン(Mick Ronson)とか昔の人も呼び寄せて、アルバムを作ろうということで作ったのが今作になります。この中からJump They Sayという曲を聞いてください。



 「Black Tie White Noise」のあとに、「The Buddha Of Suburbia」というアルバムを出します。これは何かというと、BBCのテレビドラマ用に曲を書いてくれとデヴィッド・ボウイが言われたら、いきなり40曲も書いてしまったと。結局テレビで使用されたのは1曲だけなんですけれども、もったいないからということでフルアルバムにしたしまったと。これが後に重要な意味を持ってくるんですけれども、その中からタイトル曲のThe Buddha Of Suburbiaを聞いてください。



 この「The Buddha Of Suburbia」はデヴィッド・ボウイの自宅で宅録みたいな形で作ったそうなんですけれども、今の曲はそうでもないんですけれども、全体の曲調がわりと「Low」とか「"Heroes"」とかあの頃に近い感じがあって、これを聞いたブライアン・イーノ(Brian Eno)がデヴィッド・ボウイに連絡をしてきて、また一緒にやらないかと聞いてきて、それで作られたのが次の「1.Outside」というアルバムなんですね。ブライアン・イーノとデヴィッド・ボウイは何度もやってますけれども、実はプロデューサーをつとめたのはこのアルバムが最初で最後となんです。その中からHallo Spaceboy。



 「1.Outside」の次に出したアルバムが「Earthling」。このアルバムからDead Man Walking。



 「1.Outside」の頃はナイン・インチ・ネイルズ(Nine Inch Nails)とかインダストリアルな方向にデヴィッド・ボウイが傾倒して、実際にトレント・レズナー(Trent Reznor)と付き合いがあったりして、そういうような中で作られたアルバムであって、今聞いていただいても分かりますように、デヴィッド・ボウイ史上もっともハードな曲だと思います。ペット・ショップ・ボーイズ(Pet Shop Boys)のリミックスバージョンもあって、それもすばらしい出来なんですけれども、今回はあえてオリジナルバージョンにしました。ただこの辺はまだデヴィッド・ボウイも復調途上かなという感じがしていたんですけれども、「Earthling」は僕はすごくいいアルバムだと思いました。なぜかというと、なんでこのタイミングでドラムンベース(Drum and bass)をやるのって、その変わり方が唐突で、これって70年代のデヴィッド・ボウイと同じじゃんと、何をやりだすかわからないデヴィッド・ボウイが戻ってきたなと。しかも「1.Outside」は暗いアルバムだったんですけれども、「Earthling」は非常に明るいし、今聞いていただいても分かるように非常にアッパーな感じで、疾走感もあって、美しいところもあるし、だんだんデヴィッド・ボウイは調子が出て来たなというのが、その当時の私の率直な感想です。これは第二の黄金期がくるのかなと思ったんですけれども、それから2年半くらいの沈黙があって、それから出したアルバムが「 'hours...'」。これはゲーム音楽ということで作ったアルバムなんですけれども、聞いていただくとわかるんですけれども、非常に回顧的な保守的な内容であって、デヴィッド・ボウイはこんな後ろ向きな音楽をやっていいのかなと当時はおもったんですけれども、曲は非常にいい曲ばかりで、じっくり聞ける、非常に味わい深いアルバムになっています。この中からThursday's Child。



 次のアルバム「heathen」はISOという自分のレーベルを作ってその第一弾です。これは「Scary Monsters」以来の22年ぶりにトニー・ヴィスコンティ(Tony Visconti)がプロデュースしたということで話題になったアルバムですが、その中からSlip Away。



 「heathen」というアルバムを出した時に、私は初めてデヴィッド・ボウイさんにお会いしまして、ニューヨークまで行って取材をしたんですけれども、いい人なんですよ。人間ができていて、穏やかだし、気を遣うし、お茶でも飲むかいっていう感じでお茶を入れてくれたり、非常に優しい人で、この「heathen」の時と次の「Reality」の時と二回続けて取材させてもらったんですけれども、非常にいい思い出です。この「'hours...'」」と「heathen」とわりとじっくり聞かせるアルバムが続いて、こんな感じで落ち着いていくのかなとおもったら、「heathen」のツアー中にデヴィッド・ボウイはのっちゃったらしくて、ツアーが終わったらすぐにスタジオにはいって次のアルバムを作ろうということで、ツアーバンドと一緒に作ったのが次に出す「Reality」です。非常にアグレッシブでバイタリティーのある作品で、これは本格的にいい感じになるかなと思ったのがこの作品です。タイトルナンバーのReality。



 このRealityツアーは、バンドもいいし、演奏もいいし、歌もいいし、デヴィッド・ボウイにとっても過去何回もないような一番いい時期だったと思います。しかし、残念ながらこのツアーの途中に倒れて、手術を受けて、そこから10年間沈黙をしてしまいます。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ