音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

アメリカン・ミュージックの系譜(6) ティン・パン・アレー(Tin Pan Alley)の作曲家達

アメリカン・ミュージックの系譜第四回 講師は大和田俊之氏です。

1、意義

 ティン・パン・アレーには、ものすごい数の作曲家や作詞家がいました。移民がたくさんアメリカに入ってきていて、また南部などからもたくさん人が来ていて、音楽産業に従事したい人達がたくさんいて、簡単に言うと替えがいくらでもきくといった状況で、そのような中でみながしのぎを削って、一曲あてたいという、ものすごく商業主義的な中で、激しい競争の中で作曲家の人たちは活動してました。その中から4人とりあげます。

2、ティン・パン・アレーの作曲家達

 (1)、ジェローム・カーン(Jerome Kern)

  まずは、ジェローム・カーン(Jerome Kern)です。父がドイツ系のユダヤ人です。彼の代表曲は、1933年の「ロバータ(Roberta)」というミュージカルの挿入歌のSmoke Gets in Your Eyes。おそらく一番有名なのは、戦後にプラターズ(The Platters)というボーカルグループがカバーをしたバージョンだと思います。Smoke Gets in Your Eyes。



 (2)、アーヴィング・バーリン(Irving Berlin)

  次に取り上げたいのは、アーヴィング・バーリン(Irving Berlin)という作曲家です。ジェローム・カーンは父がドイツ系ユダヤ人でしたけれども、アーヴィング・バーリンはロシア系のユダヤ人で、移民として5歳の時にアメリカに移住してきた人です。彼は、White Christmasという誰でも知っている曲の作曲者として有名です。先ほどから強調しているように、ユダヤ人が多いのです。ユダヤ人がWhite Christmasという曲を作曲して、おそらくこの曲は世界で録音された曲の中でもっとも売れている曲ですね。ユダヤ人がクリスマスの曲を書いてヒットさせるということは、アメリカのジャーナリストの間でよく笑い話になっていて、ユダヤ人がクリスマスソングを書くことについて民族的な出自は関係ないんだととらえる人も多いですし、また伝記などをよむとバーリン家はそれほど熱心なユダヤ教徒ではなくて家族でクリスマスを楽しんでいたのではないのかとう解釈もあるんですけれども、いずれにしてもユダヤ人がWhite Christmasという曲を書いて、これが世界でヒットしてしまうというのは当時の商業主義というか、アメリカの商業音楽の熾烈な競争社会をあらわしているような気がします。ビング・クロスビー(Bing Crosby)が歌うバージョンで、White Christmas。



 この曲は、初演はラジオ放送向けで放送されたのが最初ですけれども、1942年の「Holiday Inn」という映画の挿入歌になりました。アーヴィング・バーリンはAlexander's Ragtime Bandなどのヒット曲を持つ、当時のヒットメイカーの一人だといっていいと思います。

 (3)、コール・ポーター(Cole Porter)

  続きまして、コール・ポーター(Cole Porter)。コール・ポーターはユダヤ人ではありません。エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)が歌うBegin The Beguineを聞いていただこうと思いますが、ティン・パン・アレーの楽曲というのは、楽曲の構造がみんな似てくるんですけれども、このBegin The Beguineという曲は結構複雑な構成の曲で、その点でも有名な曲です。Begin The Beguine。



 (4)、リチャード・ロジャース(Richard Rodgers)

  最後に、この時代の作曲家でリチャード・ロジャース(Richard Rodgers)という人の曲をかけてみたいと思います。ロレンツ・ハート (Lorenz Hart)という人と組んで曲をたくさん残している人ですけれども、My Funny Valentineというこれも有名なナンバーですけれども、チェット・ベイカー(Chet Baker)のバージョンで聞いてください。



3、ティン・パン・アレーの音楽をどう評価すべきか

 (1)、ティン・パン・アレーの音楽の特徴

  ティン・パン・アレーの音楽とは、要するに戦前の古き良きハリウッド映画でかかっているようなイメージの曲ですね。ティン・パン・アレーの曲の特徴の話をしたいんですけれども、楽曲構造がほとんど同じになっています。簡単に言うと、32小節AABA形式という形にだいたいかたまってきます。32小節AABA形式ということは、8小節8小節8小節8小節でAABAという形で、同じようなメロディーが8小節8小節と続いて、Bで少し違うメロディーが来て、もう一回Aの8小節に戻ってくるという構造です。だいたい、当時のティン・パン・アレーの7割から8割はこの構造になっているのではないかという風に言われています。Begin The Beguineは例外なんですね。

 (2)、ティン・パン・アレーの音楽をどう評価すべきか

  ティン・パン・アレーの音楽をどういう風にとらえるべきなのかということなんですけれども、僕自身はこれは楽曲の標準化、規格化だと思います。1910年代に音楽に限らずにアメリカ社会の様々な側面において、商品の標準化が進んでいきます。非常に有名な例でいうと、自動車の大量生産、大量消費の象徴といわれるフォード社のT型フォードですけれども、これも1910年代にフォードがベルトコンベア方式を開発して可能となったのですが、それと同じ時期に、音楽の楽曲も標準化も進んでいきます。ちなみに、ハンバーガーの最初のチェーンができるのも1910年代なんですね。それで、当時の新聞とか雑誌を調べていくと非常に面白くて、「Factory Made」という言葉が非常に肯定的に使われています。つまり、「Home Made」よりも「Factory Made」の方が価値が高いものとして、当時のメディアをみると出てきます。家庭がそれほど豊かではなくて、それよりも工場の未来的なイメージの中で、最先端のテクノロジーを使って、ベルトコンベアで造られるものが、家で造られるものよりもカッコよくて、すばらしいという価値観ですね。この価値観を理解しないと、なぜ規格化、標準化がこれほど広まったのかということを理解することはできないと思います。大量生産大量消費が始まった1910年代に、音楽においても標準化が進んでいったということですね。このことは、ラジオとか映画とか新しいメディアの発達とともに、ティン・パン・アレーの重要な特質として強調しておかなければなりません。そして、これは決して悪い事ではないと思います。私自身は、あまりに規格化された楽曲の中で、これほど歴史を通して聞き継がれていく楽曲がたくさん生まれたという所に、ヨーロッパ文化とは違うアメリカ文化の良さがここに一番現れているのではないかと思います。

4、著作権管理団体の設立

 こういった形で、ブロードウェイのミュージカルとハリウッドの映画産業の発達とともに、非常に商業主義的な、大量生産大量消費を前提とした音楽制作が、ニューヨークでどんどん発展していきます。1914年にASCAP(American Society of Composers, Authors and Publishers)という著作権管理団体が設立されます。逆にいうと、この時期までアメリカには音楽産業の中で著作権管理団体が存在しなかったわけですね。簡単に言うと、19世紀まではアメリカの音楽出版社はヨーロッパの曲の海賊盤を売っていた方が儲かったわけです。だから、著作権を厳密に管理すると、かえって自分達の利益にはならなかったわけです。しかし、ニューヨークの音楽産業がどんどん発展していって、実は19世紀のヨーロッパの芸術音楽をやっているような人からはこうした音楽はユダヤ人差別とも重なる形で「音楽ではなくて商品だ」と常に批判されていましたが、自国の作曲家がどんどん曲を作り出すことによって、やはり権利を守らなければならないだろうということで、1914年にアメリカ最初の著作権管理団体が生まれたわけです。

アメリカン・ミュージックの系譜(5) ニューヨークを中心とする都市の商業音楽の発展

アメリカン・ミュージックの系譜第四回 講師は大和田俊之氏です。

1、旧移民と新移民

 旧移民と新移民という言い方があります。旧移民というのは、だいたい17世紀以降に北米に入植した、アングロサクソン系、あるいはゲルマン系、あるいはスカンジナビア系などのヨーロッパ系の移民のことを指します。新移民というのは、19世紀後半以降に、ロシアや東ヨーロッパ、あるいは南ヨーロッパから北米に移民した人たちを指します。とりわけユダヤ系が非常に多かったわけです。1881年以降、ロシア皇帝のアレクサンドル3世が異人種を弾圧したことで、ユダヤ人がアメリカ大陸に流れてきました。また、南ヨーロッパのイタリアやスペインなどからも移民が来ました。よって、旧移民の特性としては、基本的にはプロテスタントなんですが、新移民というのはカトリックが多かったわけです。また、旧移民というのはヨーロッパから東海岸に到着して、西へ西へとアパラチア山脈を越えて移動していくわけですけれども、この東海岸に到着したヨーロッパ人が西へ移動していくことによって「アメリカ人」になっていくわけです。つまり、先住民との戦いや、政府とは関係なく家族を守っていくという、アメリカ人特有の気質というか、ヨーロッパ的な青白いエリートというよりも、素朴ながら家族をきちんと守るというのがアメリカの理想的な男性像であるといった考え方がはぐくまれていきました。他方、新移民は、中には西へ行った人もいますが、多くの新移民は東海岸の都市にとどまったというか、都市の下層階級を形成しました。それは都市がどんどん発達していったので、都市の中で工場労働者として生活を営んでいくという人たちが、どんどん増えていきました。

2、娯楽産業の成立

 この新移民の中から19世紀の後半から20世紀初頭にかけて、娯楽産業が発達していきます。つまり、都市が発展すると、移民も含めて地方からいろいろな人が都市に入ってきて、工場労働者となっていきます。田舎では日が昇って働き日が沈んで寝るといった生活ですが、工場労働は時間によって労働が管理されます。よって、何時まで働いてその後にレジャーというか娯楽の時間が生まれ、その娯楽を専業とする人々も生まれてきます。

3、ティン・パン・アレー(Tin Pan Alley)の成立

 この中で、とりわけ音楽産業というのは、ニューヨークのマンハッタンを中心に発展していきます。現在のブロードウェイとかタイムズスクエアに音楽出版社ができます。音楽出版社が実際にはどういうものであったのかというと、小さい部屋の中にアップライトピアノがあって、そこに作曲家と作詞家が詰めて、一日中曲を作っていきます。その通りが一日中ピアノの音でうるさいということで、ある新聞記者が「ティン・パン・アレー(Tin Pan Alley)」と新聞で名付けました。最初は肯定的な意味で使っていたわけではなくて、むしろ大した曲でもないのに商業主義的な音楽をたくさん作っているうるさい横町という意味で、ティン・パン・アレーと言う風に名付けたわけです。しかし、このティン・パン・アレーという名前が、ニューヨークの一つの地域の名前にもなるし、広い意味では音楽ジャンルの一つともなって、この言葉が定着していくことになります。映画は最初はニューヨークで始まるわけですけれども、ニューヨークは狭いのでセットがなかなか組めなかったりで撮影するには場所としてよくないということで西海岸に移っていって、今のロサンゼルスの郊外にハリウッドという場所を見つけて、広大なセットを組んで発展していきます。東海岸のミュージカルのブロードウェイと東海岸の映画のハリウッドの両方の娯楽産業の発展とともに、そこに音楽を供給していく一大産業として、ティン・パン・アレーも発展していきます。基本的には、ハリウッドであったりブロードウェイの挿入歌であったり、サウンドトラックをどんどん排出していくわけです。映画やミュージカルが発達していけばいくほど、音楽への需要も高まるので、ティン・パン・アレーの作曲家や作詞家が馬車馬のように働いて、ものすごい数の曲を作っていくという状況ができてくるわけです。そして、この中から後世に名を残す作曲家の方々が出てきます。

フジロックフェスティバルのニール・ヤング(Neil Young)伝説

20170818

渋谷陽一「ニール・ヤングで1991年の北米ツアーのHey Hey, My My。」


渋谷「どうですか、このギターの音。」

山口隆「1991年だから、グランジの人たちからの「ニール・ヤングすごい」という熱があがっているときですかね。」

渋谷「こんな音ギタリストとしてどうですか。」

山口「こういう人がいるからこそ、こういう音が安心して出せますよね。」

渋谷「滅茶苦茶だよね。この音。」

山口「ニール・ヤングのギターこそ最高ですよね。」

渋谷「そういう人は圧倒的に多いですけれどもね。ニール・ヤングがフジロックに出た時に、Like A Hurricaneを30分くらいやるんだよね。終わらない終わらない。15分くらいまではみんな興奮していたけれども、20分くらいになると心配になってきて、30分くらいになるとこれは延々とやるわけって。当然、彼の持ち時間ははるかに越えていて、トータルで2時間以上やったんじゃないかな。無茶苦茶な人ですよね。」

山口「やっぱり、でもこの人はすごいなって思いますよね。ニール・ヤングって日本に入ってきたときはどんな感じだったんですか。」

渋谷「やっぱり、クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング(Crosby, Stills, Nash & Young)のニール・ヤングで、バッファロー・スプリングフィールド(Buffalo Springfield)のニール・ヤングだから、フォークの人だよね。そこから、「After The Gold Rush」「Harvest」でより一層ソロアーティストとして全体像が見えてきて、滅茶苦茶なロックミュージシャンという風になっていったのは、その後だよね。」

山口「「After The Gold Rush」はリアルタイムですか。」

渋谷「当然当然。」

山口「「After The Gold Rush」をリアルタイムで聞いてどう思いましたか。」

渋谷「最高でしょう。あれが出た時は絶賛の嵐ですよね。」

山口「やっぱりそうなんだ。」

渋谷「ニール・ヤングのTシャツ着てるじゃないですか。山口さんは。」

山口「今日は渋谷さんと会うと思って、ニール・ヤングのツアーTを着てきましたよ。」

記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ