音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

アメリカン・ミュージックの系譜(11) ジャズとハーレム・ルネサンス

アメリカン・ミュージックの系譜第六回 講師は大和田俊之氏です。

 ニューヨークのシーンについて少しお話しすると、1920年代に入ってハーレム・ルネサンス(Harlem Renaissance)という運動が起こります。これはアフリカ系アメリカ人の文化に注目が集まって、黒人の作家であるとか、思想家であるとか、そういった人たちの作品がカルチャーの領域で非常に脚光を浴びます。このような黒人文化が脚光を浴びるというのは、ハーレム・ルネッサンスについては両義的な評価があって、デューク・エリントン(Duke Ellington)というアフリカ系アメリカ人のアメリカで最も偉大な音楽家だという人もいますが、ジャングルスタイルみたいな音楽を作っていくわけです。ジャズ的なフォーマットにのっとって、ジャングルミュージック、黒人であるデューク・エリントンがジャングルスタイルと言う音楽をわざと作っていくというのは、言ってみれば白人が持っている黒人のステレオタイプを自ら演じているわけですね。白人にとって黒人はある種野蛮で、野蛮であるがゆえにある種エキゾティックで、白人の理性的で洗練されたものではない魅力があるというステレオタイプを、アフリカ系アメリカ人の作曲家であるデューク・エリントンが自らそれにのって、あなたたちは私達をジャングルっぽいと思っているんでしょ、だったらジャングルミュージックをやりますよという風に演じている側面があるんですね。白人が持っている黒人に対するステレオタイプと、黒人自身がマジョリティーに対してそのステレオタイプを修正したり、ある時はそれを受け入れたりしながら、その間に黒人音楽という、半分真実で半分虚構のようなものが生まれるという、まさにそのプロセスとしてジャングルミュージック、デューク・エリントンのこの時期の音楽をとらえることができるのではないかと思います。デューク・エリントンのジャングルミュージックと言われるスタイルのその最初の曲の一つと言われていますけれども、East St. Louis Toodle-Ooという曲を聞いていただきます。



 管楽器の使い方にジャングルっぽさが現れているのが分かると思います。1920年代に、ニューヨークのハーレム・ルネッサンスの中で黒人文化に関心が集まっていって、だんだん1920年代、30年代と徐々に白人もこういう音楽に参入するようになってきて、1930年代半ばからスイング・ジャズという大人数の編成のビッグバンドのダンスミュージックが生まれてきます。

アメリカン・ミュージックの系譜(10) ジャズの誕生 

アメリカン・ミュージックの系譜第六回 講師は大和田俊之氏です。

1、意義

 ・20世紀のアメリカの生まれた音楽の中でも、ジャズという音楽ジャンルは特別だと思います。音楽ジャンルだけではなくて、他の隣接する文化や芸術にも影響を及ぼし合ったり、非常に20世紀半ばの文化の一つの重要なものとしてジャズをとらえることができると思います。アメリカ本国でもジャズ研究は進んでおります。

2、ジャズの誕生

 (1)、通説的な説明

  ・ジャズは19世紀末から20世紀初頭くらいにアメリカ南部のニューオリンズという町で生まれて、それが広がっていったという事が定説になっています。ニューオリンズという町は、スペイン領、フランス領とアングロサクソンではなくてラテン系の植民地であった時代が長くて、アメリカ南部の町ではちょと特異な制度を用いていました。基本的にアメリカ南部の他の町というのは、白人の主人がいて黒人の奴隷がいたという二層構造になっていたんですけれども、ニューオリンズではその間にクレオールと呼ばれる人たちがいて、三層構造になっていました。1861年から1865年の南北戦争があって北軍が勝ち、しばらく南部を支配します。この支配したときにニューオリンズだけ特別扱いをしませんでした。この時、ニューオリンズの真ん中のクレオールの人たちは、相対的に黒人扱いをされるようになってしまいます。南北戦争で名目的に黒人奴隷は解放されたにもかからわず、社会の中での位置づけは相対的に低くなってしまいます。これはアメリカ全体にワンドロップ・ルールといって、一滴でも黒人の血が流れていれば黒人扱いされるというのが、アメリカ南部の基本的なルールだったので、クレオールの人たちも混血だったので黒人扱いされるようになります。それまでクレオールの人たちは中産階級を形成していて、ヨーロッパ的な音楽教育であったり、そういったものを受けていた人も結構いたんですけれども、南北戦争後に相対的に階級が低くなってしまうことによって、そういった人たちの音楽活動が場末の飲み屋みたいな所にいくようになって、そこで西洋的な音楽的トレーニングをうけた人たちによるわりと土着的な音楽としてジャズが生まれた、というのが一般的なジャズ誕生のストーリーであり、日本語の本でもまだこのように書かれている本が多いと思います。

 (2)、通説に対する批判
 
  ・しかし、現在、アメリカのジャズ研究の進展を見ていると、ジャズ誕生の物語が少し危うくなってきています。多分これはこれで間違ってはいないんでしょうけれども、では何をもってジャズというのか、当時の人はまだジャズという言葉を使っていなかったわけですね。1910年代くらいまでジャズという言葉は出てこないので、何をもってジャズとするのかという問題があります。ちょっとシンコペーションがあるダンスミュージックととらえると、もちろんニューオリンズでそういうことがあったのは確かだけれども、ニューオリング以外でもそういった音楽は生まれていただろうともいえるわけで、ではニューオリンズのみを特別扱いする意味は何なのかということになります。歴史をどう見るかによって、ジャズ誕生の語り口が割と変化してくるわけです。つまり、アメリカの他の地域でも同じようなことが起きていたのではないのかということです。そして、その同じような事と言うのは簡単にいうと、既成の曲を崩して演奏するということですね。お酒が入るような場所での音楽実践ですので、客を楽しませるためにみんなが知っている曲をちょっと崩して演奏する、それをジャズとするのであれば、それはニューオリンズに限らなかっただろうという研究者も結構増えています。だから、何をもってジャズとするのかということから、なかなかジャズ誕生の物語が変わってきます。物の見方が問われていると言ってもいいかもしれません。

3、最初のジャズ録音

 ・ジャズに関して、最初のレコーディングと言われるものがあります。オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド(Original Dixieland Jass Band)と言われる5人組の演奏です。1917年です。ニューオリンズ出身の若者達ですが、これはニューヨーク録音なんですね。ニューヨークのレストランで演奏している所をレコード会社の人間に目をつけられて、録音することになりました。これがジャズの最初の録音と言われています。Livery Stable Blues。



 Livery Stableだから厩ですね。途中で楽器を馬の鳴き声のようにやっている所があったと思うんですけれども、楽器でこんなことをやるので、観客を盛り上げる要素が強いんです。しかも、ダンスミュージックとしても機能するということで、今でいう最先端のダンスミュージックがクラブで流行っていてそういったものとしてこういった音楽はとらえられていました。クラシック音楽のようにきちんと楽器を演奏するというイメージを持つ人が多い中で、動物の鳴きまねをする、しかもよく聞くとテクニックはあるっぽいという若者達のダンスミュージックが、ニューヨークの小じゃれたレストランで演奏されているということで、これをレコード会社の人が目をつけて録音され、新しいものとしてニューヨークのリスナーを魅了したんだろうと思います。

4、ジャズの普及

 ・このジャズ最初の録音は1917年にレコーディングされているんですけれども、1917年というのは、第一次世界大戦にアメリカが参戦する年なんですね。参戦するとニューオリンズは軍港になります。軍港になると整備されて、ミュージシャン達はカンサスシティーやニューヨークにどんどん散らばっていくという風に語られます。ただし、最初の前提が崩れると、もともと地方にそういったミュージシャンはいたのではないのかという風に語り口が変わるかもしれませんが、とにかく1917年にニューオリンズの港が閉鎖されて、ミュージシャンが大都市に行きました。そして、それぞれの町でこういった音楽が広がっていくわけですね。だんだん編成も大きくなって、ビックバンドと呼ばれるような編成になっていって、デューク・エリントン(Duke Ellington)とか、カウント・ベイシー(Count Basie)とかそういった人たちのバンドが、ニューヨーク、カンサスシティー、シカゴといった町で流行していくわけですね。

元マンサン(Mansun)のポール・ドレイパー(Paul Draper)、マンサンの悲劇的な解散後14年ぶりに復活する

20170901

児島由紀子「14年ぶりに初のソロアルバムをリリースする元マンサン(Mansun)のポール・ドレイパー(Paul Draper)についてです。」

渋谷陽一「マンサンいましたねぇ。まだやっていたんですか、この人は。」

児島「マンサンは2003年に解散しているんですよ。それ以後は他のアーティストのプロデュース業をやっていたんですね。バンドの解散の事情が非常に最悪だったので、そういう時期に本人もガンの診断をうけたりして、疲れ切っていたようなんですよ。当分業界からは離れていたかったそうで。」

渋谷「でも14年の期間がたって、やっぱり自分は音楽をやるんだと。」

児島「そうですね。マンサンといえば、英国伝統のギターロックが流行っていた時に、ビートルズとかストーンズとかキンクスのサウンドを真似ていたころに、プログレみたいなアルバムを作っていた不思議なバンドだったんですけれども。」

渋谷「独特の世界観がありましたよね。耽美的な。わりと人気もありましたよね。」

児島「ありました。ファーストアルバムは全英一位になったくらいですから。レコード会社から言われて外部プロデューサーを入れたサードアルバムあたりからおかしくなってきたんですよ。内部抗争もあったし、メンバーの一人がバンドの金を使い込んでクビになったり、非常に悲劇的な解散の仕方をしたんですね。今回のソロアルバムにも、その頃のことを歌っている曲、Friends Make The Worst EnemiesとかYou Don’t Really Know Someone ‘Til You Fall Out With Them、喧嘩別れしてみないと人間の本当なんて分からないと、こういう歌がたくさん入っているんですよ。 」

渋谷「なるほど。この14年を清算するような意味で。ある意味エモーショナルではあるんですね。」

児島「ものすごいエモーショナルです。この人独特のエモーショナルなボーカルで。今回のアルバムはシンセが主体ですよね。マンサンはギターバンドでしたけれども。」

渋谷「一曲しか聞いていないですけれども、そんな感じですね。」

児島「この人独特のシンセの感覚が出ていて、非常にいいアルバムだと思います。」

渋谷「では、イギリスでも結構話題になっていますか」

児島「話題になっていますよ。」

渋谷「では、本格的にソロ活動が始まるということで、注目している感じですね。」

児島「さらに今回はソロツアーもあるんですよ。」

渋谷「気合が入っていますね。じゃあ注目していきたいと思います。Things People Want。」



記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ