音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

ラモーンズ(Ramones)のドラムは難しい説

Kenrocks Nite - Ver. 2 20171119  解説はKatchin'氏です。

Katchin'「ドイツのバンドディートーテンホーゼン(Die Toten Hosen)がジョーイ・ラモーン(Joey Ramone)とデュエットみたいな形でやっているバージョンのBlitzkrieg Bop。」



Katchin'「ディートーテンホーゼンがパンクをリスペクトして、いろいろなオリジナルの人を呼んで一緒にやるという企画ものですけれども、このBlitzkrieg Bopは秀逸なんですよ。ちょっとしたフレーズなんかを足したりしながらも、オリジナルは損なわない。それでいて、何がやぱり大事かというと、シンバル、ハイハットをちゃんとラモーンズのように叩いているんですね。これがなかなかできないんですよ。」

大貫憲章「ラモーンズは、ドラムが簡単そうで簡単やないってよく言っていますよね。」

Katchin'「実はすごい難しいんですね。」

ハノイ・ロックス(HANOI ROCKS)の悲劇

Kenrocks Nite - Ver. 2 20171019  解説は大貫憲章氏です。

 モトリー・クルー (Motley Crue) の「Theatre Of Pain」からHome Sweet Home。



 このアルバムは1985年に三枚目のアルバムとしてリリースされて、結構ヒットしたんですよ。全米6位だったかな。この頃はロックバンドのアルバムがいっぱい出ていて、トップテンにはいるのも珍しくなかったので、今と比べると隔世の感がありますけれども、他にもSmokin' In The Boys Roomとかも入っています。実は、このアルバムが出る前の1984年12月に、ヴィンス・ニール(Vince Neil)というボーカルが、飲酒運転で車を暴走させて事故を起こしたんですよ。たまたま一緒に車に乗っていたのが、ハノイ・ロックスのドラムのラズ。ラズだけ亡くなって、ヴィンス・ニールは生還しちゃったんですけれども、ハノイ・ロックスはこれまでイギリスで活動していたのをアメリカで活動するよということで、たまたまアメリカに行ってそこで事故に会っちゃったので、結局ドラムがいなくなっちゃったのでできなくなってしまいました。それで解散になっていまいました。たから、このアルバムを出して、これはラズに捧げられたということなんです。そのハノイ・ロックスなんですけれども、「Two Steps From The Move」からDon't You Ever Leave Me。



 ハノイ・ロックスは出身がアメリカイギリスではないというところがユニークですよね。フィンランドという。北欧というとメタルとかネオアコとかいろいろありますけれども、この人達はロックンロールバンドですからね。それがイギリスで評価されて、それを足掛かりにしてアメリカへということだったんですけれども、アメリカへ出かけたときにこういう事故にあってしまいました。話は前後になりますけれども、1983年くらいにCBSと契約して、ボブ・エズリン(Bob Ezrin)というアリス・クーパー(Alice Cooper)とかをやっていたプロデューサをつけて、1984年に「Two Steps From The Move」のレコーディングの準備に入るんですけれども、アルバムが完成してこれからというとこに事故もあったりするんですけれども、アルバムを作ったのはいいんですけれども、意外とシングル用の曲がないねっていうことになって、後になってじゃあということで、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)のUp Around the Bendを追加収録してシングルにしようということで、当時MTVがあったのでじゃあビデオにもお金をかけようよということで、当時のフィンランドでは考えられないほどの資金を投入したということです。それでやったら、この曲はヒットして人気急上昇ということで、だから1984年11月にDon't You Ever Leave Meも発売になったんですけれども、さらに盛り上がってこれから来年っていうときの矢先ですからね。事故は。ヴィンス・ニールの家でこれから先を祝おうぜっていうことでやっちゃったんでしょうけれども、今更言ったところでしょうがないですよね。

パンクスはレゲエ好きでメタラーはレゲエが好きじゃない説

Kenrocks Nite - Ver. 2 20171005  解説は大貫憲章氏です。

大貫憲章「イギリスの人たちって本当に黒人音楽とかルーツミュージックを研究します。好きだよね。そういう国民性なんだろうね。それからパンクなのにレゲエ好きな人も結構いますよね。アメリカ人もそうなんだけどさ。メタルはよくパンクと比較されるけど、メタルにはレゲエ好きなというか、レゲエをやってるバンドってほとんど聞いたことないよね。伊藤政則さんもレゲエは好きじゃないって。」

Katchin'「やっぱり、アティチュードが違うんでしょ。パンクとレゲエはアティチュードが似てるじゃないですか。」

大貫「たしかにそれはあるのかもしれない。不思議です。」
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ