音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)ヒストリー  5th「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」から7th「Diamond Dogs」まで

20170109  「今日は一日“デヴィッド・ボウイ”三昧」より解説は小野島大氏です。

 1971年でデヴィッド・ボウイのグラムロックへの下準備ができたわけで、続いてグラムロック時代のデヴィッド・ボウイを紹介したいと思います。「Hunky Dory」が出た後の音楽雑誌のインタビューで、デヴィッド・ボウイが派手派手な衣装で出てきまして、そのインテビュアーの質問で「君はゲイなのかい」って聞かれて、「僕はゲイだよ。昔から。」って言ったんですね。この当時に自分がゲイであることをカミングアウトすることは大変なことでした。今とは比べものにならないくらい社会のタブーでありましたから。それがたちまち大反響を引き起こして、デヴィッド・ボウイは時の人になってしまいました。そういう状況の中で出したのが、大出世作というか、70年代の英国ロックの最高傑作のひとつである「The Rise and Fall of Ziggy Stardust and the Spiders from Mars」です。この中から、このアルバムは名曲ぞろいなので何をかけてもいいわけなのですが、やっぱりこの曲しかないだろうということで、アルバムの最後に入っている曲を聞いてください。Rock'N'Roll Suicide。



 グラムロックなり「Ziggy Stardust」なりが作られた背景というのは、60年代というのはカウンターカルター、ヒッピーとか学生運動とか公民権運動とかで盛り上がってたんですが、それが60年代末でいったん挫折してしまいました。要するに、若者が団結すれば世界を変えられるとかそういう幻想をみんなが持っていた時代でしたが、それが敗れ去って、70年代にはいると音楽の世界でも、団結を訴えるよりはどちらかというと個人的な領域に引きこもって自分のことを歌う、例えばロックでいうと自分の日常や生活を歌う自己告白的なシンガーソングライターの時代が当時ありました。そのような中にデヴィッド・ボウイが出てきて、「Ziggy Stardust」で宇宙からきたロックスターが5年後に滅びる地球に降り立って地球を救いにきみたいな、そういう虚構の極みを行くようなSF的なアルバムを作ったと。それがかえって切実に響くメッセージになりました。要するに、みんな団結の時代が終わってバラバラになってしまったけれども、君はすばらしい、君はひとりじゃないんだと、Rock'N'Roll Suicideの歌詞ですけれども、手を差し伸べてくれて、それで当時の若者は非常に救われた気になったと。デヴィッド・ボウイこそが我々の救いの神なんだと、そこからデヴィッド・ボウイの時代がはじまったということなのですね。この曲は映画にもなった「Ziggy Stardust: The Motion Picture」という、この当時のデヴィッド・ボウイのバンドの解散ライブの映画があるんですけれども、これでも一番最後にこの曲が演奏されていて、デヴィッド・ボウイが「このバンドは今日で終わりです」ってアナウンスすると、観客が「ギャー」っと絶叫して、ドラマティックに演奏するというものです。この作品は前半のデヴィッド・ボウイの最高傑作の一つだと思います。

 「Ziggy Stardust」のラスト公演というものがあって、その時に後にセックス・ピストルズ (Sex Pistols)を結成するスティーヴ・ジョーンズ(Stephen Jones)というギターの人がいるんですけれども、この人が会場に忍び込んで機材を全部盗んだそうです。スティーヴ・ジョーンズはギターなんですけれども、ポール・クック(Paul Cook)というドラムの人がいて、二人でやろうとしたんだけれども、ポール・クックは途中で逃げて、スティーブ・ジョーンズとその友達が忍び込んで機材を全部盗んだと。その後、セックス・ピストルズのライブで使った機材はこの時デヴィッド・ボウイから盗んだ機材だったということです。要するに、パンクロックというのは、グラムロックの編集であると。当時グラムロックに熱狂していたような中学生高校生くらいの子ども達が成長してパンクロックをやるようになったと。その非常に象徴的なエピソードだと思います。

 この「Ziggy Stardust」というアルバムが全英チャートの5位まであがって大ヒットして、デヴィッド・ボウイは時代のカリスマとして、モット・ザ・フープル (Mott the Hoople)とかイギー・ポップ(Iggy Pop)とかルー・リード(Lou Reed)とかいろいろな人達のプロデュースをやったり楽曲を提供したりして、とにかく時代の花形としてガンガンでていくと。そうこうしているうちに次ぎのアルバム「Aladdin Sane」を出すんですけれども、これが「Ziggy Stardust」とは全く違ったサウンドで、アーティストとしての器量を感じさせるような素晴らしいアルバムになったんですけれども、その中からこれはデヴィッド・ボウイの曲ではなくカバーなんですが、Let's Spend the Night Togetherを聞いてください。



 これはご存知の通り1967年のローリングストーンズのカバーなんですが、全然原曲と違く、スピードアップしてモダンになって、この曲を聞いて完全に新しい世代のロックが出てきたんだなぁということをすごく鮮烈に思ったことをつい昨日のことのように覚えています。マイク・ガーソン( Mike Garson)のピアノプレイがきいていて、すごくかっこいいですよね。この「Aladdin Sane」のアルバムのジャケットは稲妻がはいったメイクのジャケットなんですけれども、これはデヴィッド・ボウイ展のイメージにも使われています。しかもこのアルバムはデヴィッド・ボウイがアメリカツアーをした時の印象をもとにして書いた曲が多くて、そこから後のデヴィッド・ボウイのアメリカ傾倒の伏線になっています。この「Aladdin Sane」は、イギリスで、デヴィッド・ボウイにとって初めてのチャート1位をとってブレイクしました。「Aladdin Sane」の次に出したのが「Pin Ups」というアルバムで、これはデヴィッド・ボウイが60年代前半から半ばくらいに、マーキー・クラブ(Marquee Club)というクラブがロンドンにあるんですけれども、そこで見たバンドの曲をカバーしたという、カバーアルバムになっております。ほとんどがイギリスのバンドのカバーなんですけれども、その中からザ・フー(The Who)のI Can't Explainのカバーを聞いてください。



 デヴィッド・ボウイは他人カバーをやることにあまりこだわりがないというか、自分の曲ではなくてもいい曲ならばなんでもやると。それも自分よりも後輩のアーティストの曲であるとか、最近の曲とかこだわりなくやっていく人なんです。この「Pin Ups」というアルバムが、またも全英チャート1位になって、完全に勢いに乗っている感じなんですけれども、このアルバムを出した後に、次のアルバムが「Diamond Dogs」というアルバムです。これはジョージ・オーウェル(George Orwell)の『1984』という近未来小説があるんですけれども、これをデヴィッド・ボウイががミュージカル化しようとしたんですが、ジョージ・オーウェルの奥さんに拒否されまして、仕方なく自分のオリジナルストーリーで「Diamond Dogs」というコンセプトアルバムを作ったというものです。そこからRebel Rebel。



 デヴィッド・ボウイファンには非常に人気の高い曲で、マドンナがデヴィッド・ボウイが亡くなった時に追悼のツイートをこの曲の歌詞から引用してツイートしたのが印象的でした。マドンナは本当にデヴィッド・ボウイが好きなんだなぁということが伝わってきました。


デヴィッド・ボウイ(David Bowie)ヒストリー 初期のデヴィッド・ボウイが影響を受けた音楽

20170109  「今日は一日“デヴィッド・ボウイ”三昧」より解説は小野島大氏です。

1、リトル・リチャード(Little Richard)

 初期のデヴィッド・ボウイが影響を受けた音楽、つまりをデヴィッド・ボウイを作った音楽を紹介したいと思います。でも、そうはいっても非常にたくさんの音楽に影響を受けている人で、限られた時間ではなかなか語り切れないんですけれども、ボブ・ディラン(Bob Dylan)とかそこら辺は当たり前なので各自で聞いていただくとして、まずはリトル・リチャード(Little Richard)。アメリカのR&Bの人で、ロックンロールの元祖と言われてる人で、今度のデヴィッド・ボウイの展覧会でもリトル・リチャードはデヴィッド・ボウイに影響を及ぼした人として大きくフューチャーされているんですけれども、彼の作ったTutti-Fruttiという曲を聞いてください。


 音楽的にはデヴィッド・ボウイとあまり関連がなさそうですけれども、一番のポイントはリトル・リチャードがゲイの人で、そういうパフォーマーの在り方というものが、後のデヴィッド・ボウイに影響を及ぼしたのではないのかなぁという気がします。

2、ビージーズ(Bee Gees)

 二曲目にきいていただくのはビージーズなんですけれども、ニューヨーク炭坑の悲劇(New York Mining Disaster 1941)という初期のヒット曲でして、これにデヴィッド・ボウイが非常に影響を受けたのではないのかという説がありまして、聞いてください。


 ビージーズってサタデー・ナイト・フィーバー(Saturday Night Fever)のディスコのイメージが強いと思いますけれども、こういう繊細で美しい曲もありまして、これにデヴィッド・ボウイが、例えばストリングスの使い方とか、Space Oddityはこの曲にインスパイアーされて作ったという説が結構あります。

3、レジェンダリー・スターダスト・カウボーイ(The Legendary Stardust Cowboy)

 次はレジェンダリー・スターダスト・カウボーイという人なんですけれども、これは音楽的な影響というよりは、「Stardust」という名前がジギー・スターダスト(Ziggy Stardust)はここからとったのではないのかという話があって、I Took A Trip (On A Gemini Spaceship)という曲を聞いていただくんですけれども、実はこの曲はデヴィッド・ボウイが後にカバーをしたんですね。なぜカバーをしたのかというと、レジェンダリー・スターダスト・カウボーイがブログか何かで、「ボウイは俺からスターダストと言う名前をパクった割には俺の曲を全然カバーしてくれないよなぁ」とか愚痴を書いたら、それをデヴィッド・ボウイが読んで、じゃあやりますよっていう話になって、デヴィッド・ボウイは人のカバーをやるのに割と抵抗がない人なので、それでだいぶ後になってからカバーをしました。それを二曲続けて聞いていただきたいと思います。

デヴィッド・ボウイ(David Bowie)ヒストリー  デビューから4th「Hunky Dory」まで

20170109  「今日は一日“デヴィッド・ボウイ”三昧」より解説は小野島大氏です。

 デヴィッド・ボウイは最初はデヴィッド・ボウイと名乗っていなくて、そこからデヴィッド・ボウイと名乗るようになって、グラムロックで花開くまでの時期についてです。デヴィッド・ボウイは1947年1月8日に、ロンドンのブリクストンという所で生まれています。T. Rexのマーク・ボラン(Marc Bolan)と同い年で、しかも誕生日がエルヴィス・プレスリー (Elvis Presley)と同じ、2歳年上がピート・タウンゼント(Pete Townshend)、3歳年上がレイ・デイヴィス(Ray Davies)、4歳年上がミック・ジャガー(Mick Jagger)という感じです。で、ブリクストンというという所が、ジャマイカとかアフリカとかアイルランド系の移民がたくさん住んでいる所だったんですけれども、そこから54年に郊外のブロムリーという所に移って、59年、12歳のときにサックスを習い始めます。62年に友達と喧嘩をして左目を負傷したということで、それ以来デヴィッド・ボウイは左と右で目の色が違う、左目の視力がずっとよくなくて、それはこの時の怪我が原因でありました。62年に初めてのバンド「Konrads」に参加して、そこで本格的な音楽活動を開始します。そして、1965年についにレコードデビューを果たすわけなんですが、まずはこの曲を聞いていただこうと思います。Davie Jones & The King Bees名義のデヴィッド・ボウイのデビューシングル、Liza Jane。



 このThe King Beesというバンド名はI'm a King BeeというSlim Harpoという昔のブルースマンのヒット曲からとったもので、典型的な当時のR&Bとかブルースに影響をうけたビートバンドです。1965年という年にどういうものが出ていたのかというと、The WhoのMy Generationとか、The Kinksだと前の1964年にYou Really Got Meという大ヒット曲をだしていて、The Rolling Stonesだったら(I Can't Get No) Satisfactionとか、Bob DylanだったらLike a Rolling Stoneとか、The BeatlesだったらHelpとかYesterdayとか、そういう年ですね。そこでこのシングルはちょっとまだ弱いかなという感じがあるし、まだデヴィッド・ボウイ独特の歌唱法も全然確立されていない。この時代のデヴィッド・ボウイはいろいろなグループを作っては壊し、作っては壊しで、シングル盤も何枚かは出しているんですけれども、悉く空振りというか、まったくかすりもしない状態で、かなり厳しい状況でしたが、それでもなんとかいいマネージャーもついて、だんだんボブ・ディランとかのフォークロックに影響を受けて、音楽性が変わっていきました。1967年に待望のファーストアルバムを出します。「David Bowie」というタイトルなんですけれども、そこから日本語のタイトルはすごくて「愛は火曜まで」というんですけれども、聞いてください。Love You Till Tuesday。


 この頃のデヴィッド・ボウイは、ボブ・ディランに影響を受けていたと言いながらも、ファンタジックな、今でいうアイドルっぽい感じの曲で、歌い方はだいぶデヴィッド・ボウイっぽくなってきますけれども。当時は20歳だったんですけれども、このアルバムはザ・ビートルズの「Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band」と同じ日に発表されました。1967年という年はジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)がデビューしたり、ドアーズ(The Doors)やクリーム(Cream)やザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド (The Velvet Underground) がデビューした年で、その年にこの音楽だったら、ちょっと浮世離れしすぎているかなという感じが若干あります。本名はデヴィッド・ジョーンズで、このアルバムを出すちょっと前くらいにデヴィッド・ボウイにして、ザ・モンキーズ(The Monkees)にデイビー・ジョーンズ(Davy Jones)というボーカルの人がいて、それと混同されるのはまずいということで、デヴィッド・ボウイという名前にかえました。どうしてボウイとう名前になったのかについては諸説あるんですけれども、そこからファーストアルバムは全然売れなくて、反響もなく、デヴィッド・ボウイもガッカリで。そこでデヴィッド・ボウイが何をやったのかというと、リンゼイ・ケンプ(Lindsay Kemp)というダンサーというか、パフォーマーというか、その人に弟子入りしてパントマイムを学んだんです。要するに、不遇だった低迷の時期に音楽修行をするんじゃなくて、パントマイムを学んだ自分の表現の幅を広げようとしたんですね。そこはやっぱり他のミュージシャンと全然発想が違うところで、その後のデヴィッド・ボウイの歩み方を象徴していると思いますね。リンゼイ・ケイプというのは有名な人で、後にはケイト・ブッシュ(Kate Bush)なんかも指導された方なんですけれども、そういう人の指導で、1967年12月には舞台デビューしてしばらく俳優というかパフォーマーとして活動していきます。そのうちに2年くらい経ちまして、スタンリー・キューブリック(Stanley Kubrick)監督の「2001年宇宙の旅」という名作SF映画が公開されまして、これをたまたまデヴィッド・ボウイが見ましてショックを受けたと。これはイマジネーションがピンと湧いたなということで作ったのが「Space Oddity」です。そして、Space Oddityという曲が大ヒットしてデヴィッド・ボウイの一つのきっかけになったんですけれども、そのSpace Oddityを含むセカンドアルバム、タイトルは「David Bowie」というタイトルだんたんですけれども、レーベルが変わって、しかも同じタイトルで混同されるのはまずいということで後に「Space Oddity」というタイトルで出し直されたんですけれども、その中からWild Eyed Boy From Freecloudという曲を聞いてください。


 このアレンジはトニー・ヴィスコンティ(Tony Visconti)で、トニー・ヴィスコンティと最初に作ったのがこのセカンドアルバムなんです。歌唱も曲の感じも後のデヴィッド・ボウイの感じで、セカンドアルバムで彼は完全に自分の世界を確立しました。トニー・ヴィスコンティとの初コラボで1969年にセカンドアルバムを出して、でもそうは言ってもそれほどは売れなかったみたいなんですけれども、シングルは売れたけれども。そこで次のアルバムとして出たのが「The Man Who Sold the World」というアルバムです。当時23歳だったデヴィッド・ボウイが出したんですけれども、その前にハイプ(The Hype)というバックバンドを結成しまして、そのバンドにはミック・ロンソン(Mick Ronson)とか、トニー・ヴィスコンティとかそういう人たちが入って、要するにロックバンドと共にアルバムを作ったと。だから、ロック色が強くなったのが「The Man Who Sold the World」なんですけれども、その中からSuper Menという曲を聞いてください。


 「The Man Who Sold the World」はアルバムがデヴィッド・ボウイが長髪で女装しているアルバムですよね。ドレスを着てソファーに横たわっている。今見れば何のこともないですけれども、この当時は1970年ですから、「これはなんだ」って問題になったみたいですけれども。今聞いていただきましたように、エレクトリックなロックサウンドになっていて、アルバム三枚全部違うことをやっております。ニルヴァーナ (Nirvana) が後にカバーをしたThe Man Who Sold the Worldというアルバムのタイトルソングがあるんですけれども、それもそうですけれども、この頃のデヴィッド・ボウイは個人的にいろいろな問題を抱えていたらしく、全体的に暗いアルバムなんですけれども、今のSuper Menという曲は、人間を超えた超生命体みたいな事を歌った、要するにSF的な曲で、ジギー・スターダスト(Ziggy Stardust)がすぐそこに来ているという感じがあります。このアルバムが出たのは1970年の4月なんですけれども、70年の2月にロンドンのライブで、デヴィッド・ボウイとバンド達が非常に派手なユニセックスの格好をして出てきて、観客の度肝を抜いたらしいんですけれども、これが一般的にはグラムロック誕生の瞬間であると言われております。1970年2月が。実はその翌日に、最初の奥さんであるアンジー・ボウイ(Angie Bowie)と結婚するんですけれども、このアンジーという人はモデルで、デヴィッド・ボウイ達の衣装もアンジーがデザインしていたと。で、アンジーのおかげで衣装も派手派手になっていって、グラム化がどんどん進んでいくと、そういう状況があったわけですね。そうこうしている内に、1971年になりまして、今度は「Hunky Dory」という4枚目のアルバムがでます。この中からOh! You Pretty Thingsという曲を聞いてください。


 「Hunky Dory」というアルバムは71年の11月に出まして、これが全英チャートの3位まであがって、ブレイクしたといっていいでしょうね。今のOh! You Pretty Thingsという曲は、実は71年5月にデヴィッド・ボウイに長男が誕生しまして、ゾウイ・ボウイ(Zowie Bowie)といって、今はダンカン・ジョーンズ(Duncan Jones)という気鋭の映画監督ですけれども、この人が生まれまして、その生まれた子どもを祝うために、Oh! You Pretty Thingsという曲ができたということです。どういう歌詞の内容かというと、新しい人類が誕生しましたと、もう古い奴らはいなくなってもいいと、そういう世代交代というか新しい人たちに代わっていくんだよというChangesですよね、そういうものを歌った曲で、前作の「The Man Who Sold the World」はちょっと暗かったんですけれども、この作品は全体的に明るくて前向きなものになっています。とにかく名曲がたくさん入っているアルバムなので、未だにこのアルバムが一番好きというデヴィッド・ボウイファンの人は結構いると思います。

記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ