音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

マッドハニー (Mudhoney)に学ぶ、デジタル社会のゴミとは

20181021

 マッドハニー (Mudhoney)の最新アルバム「Digital Garbage」からOh Yeah。



 1分半以下の非常に短い曲で、いかにもマッドハニーという、そういう感じの楽曲でした。マッドハニーは、誰もが言う言い方なんですけれども、グランジシーンの先駆者というか、ゴッドファーザーというか、ニルヴァーナ (Nirvana) のカート・コバーン(Kurt Cobain)に影響を与えたグランジシーンの兄貴というか、シアトルで30年のキャリアを誇るバンドです。メンバー的には、「俺たちが出てきた頃にはグランジなんて下火で、もしニルヴァーナがないかったらグランジシーンなんてなかったかもしれないよねぇ」と等身大の発言をしっかりとする、クールなバンドでありますけれども、彼ら自身が非常にストレートなロックンロールを30年間叩きつけてきたものというのは、まったく劣化していないし、彼ら自身の存在、エッジの立った在り様というものも、ずっと一貫してロックファンの中で支持されてきました。ただ、前作から5年のインターバルがあり、今回は久しぶりの作品となりました。タイトルが「Digital Garbage」。デジタルのゴミというタイトルがついています。アメリカの今日的な状況に対する危機感、それがロックバンドにどれだけ多くの影響を与え、その危機感が彼ら自身をどう突き動かしているのかということをすごく感じさせるアメリカのバンドが多いですけれども、マッドハニーも現在のアメリカに対するすごい危機感があるし、大人である彼らが今のデジタル社会に対する今の在り様、こんなことでいいんだろうかという危機感をすごく持っていて、それがこの作品に反映されています。続いて聞くのがKill Yourself Live。自殺を生中継するという今日的で生々しい、でもすごく暗く絶望的なテーマを取り上げたナンバーです。

  俺が自殺の生中継をしたときはすごい数の「いいね」をもらった
  ほら君も試してみなよ自殺の生中継
  超有名になれるぜ
  超人気者になれる
  皆が小さな画面で視聴するんだ
  最高だろうね
  きっと信じられないくらい
  自殺を生中継
  自殺を生中継
  しなよ「いいね」をもらうために
  君は実に特別な子どもだった
  君は追悼されるだろう
  社会がいかに君を見捨てたかが問われ
  君の名を冠した法律が可決される
  そして君は生き続けるんだ
  ネット空間のデジタルなゴミにまじって

 「Digital Garbage」というアルバムタイトルになった基本となる楽曲なんですけれども、こういうすごく荒涼とした社会。こんなことで本当にいいのだろうかと。ここで今の若者たちが消耗し、すり減っていくことの危機感。そんなものがこのアルバムは貫かれております。Kill Yourself Live。



 続いては、21st Century Phariseesというナンバーを聞きます。Phariseesとは、イエス・キリストから偽善者とみなされた律法学者パリサイ人を指す言葉なんですけれども、世の中には倫理だとか正義だとかを語りながら、現実的にはすごく偽善的なことをやっている人達がたくさんいる。そういう人間に対する怒りと糾弾みたいなものが歌われている、マッドハニーのグランジ魂が爆発している曲です。21st Century Pharisees。


ポール・サイモン(PaulSimon)に学ぶ、ミュージシャンの終わらせ方

20181014

中村明美「ポール・サイモンの最後のライブを見てきました。今年に入ってからポール・サイモンはこれが最後のツアーですと宣言をして、ファンの方はガッカリしたと思いますが、音楽を作るのも好きだし、僕の声もまだまだ出ているし、バンドのサウンドもタイトだし、音楽のことばかり考えているんだけれども、悲しいことに30年間一緒にやってきたギタリストが死んだことをきっかけに考え始め、ツアーを出ることの喜びよりも、家族と一緒にいられないことの悲しみの方が大きくなってきたかなということで、50年間ライブに来てくれたファンの皆さんありがとうということで、ツアー自体はもうやめると宣言しました。曲は作り続けていくし、単発で例えばチャリティー的にアコギのライブをやったりはするけれども、もうツアーはやりませんと。そのツアーの最後のライブを見てきたんですけれども、最後のライブはどこでやったのかというと、クイーンズの公園でやりました。普段ライブで使うような場所では全然ないんですね。平らな場所なので、そこにサウンドシステムもすばらしいものを持ってきて、ポール・サイモンは完璧主義者なので、すばらしい音で、12人のバンドを連れて、最高の演奏をしました。クイーンズを選んだのは僕的には運命だったなぁと言っていたんですけれども、彼が育った家から自転車で20分くらいの場所で、よく遊びに来ていたという場所で、完璧に計画をしてそこで最後のライブをやったんだろうと思うんですけれども、ライブはいきなりAmericaから始まって、アコギで始まって、そのあとにいきなりストリングスが入ってドラマチックになって、一曲だけ聞いただけでも泣きそうになって、このライブに来てよかったなぁと思いました。僕の曲は実はビートをしっかりと作っていて、全部ダンスするように作っているから、みんな踊ってくれていいだよと言っていて、明るく楽しくというか、重々しくならないように、キャリアを総括する幅広いサウンドの素晴らしいライブをやっていたんですけれども、ニューヨークを代表するアーティストなので、曲の中にニューヨークという言葉が出てくるたびに観客が大盛り上がりしたり、奥さんのエディー・ブリケル(Edie Brickell)が出てきて口笛で参加したり、もちろん名曲のBridge over Troubled Waterをやったりもしたんですが、新しい曲もどんどんやって、それもアレンジが新しいみたいな感じで、アーティストとしてもまだまだ好奇心があるんだという所を見せつつも、しんみりしすぎない感じで、僕はここで野球なんかもよくやっていたんだよねぇ見たいなことを言って、観客にボールを投げてキャッチボールをしてみるみたいな面もあったりしたんですけれども、さすがにアンコールの二回目の一曲目まできたところでHomeward Boundをやったんですけれども、本人がちょっと泣きそうになっているという場面もありつつ、最後終わる前に、今はやっぱり奇妙な時代だよね、でもあきらめないでねって言われた時に、ジーンと来てしまいました。最後の最後にSounds of Silenceをやって、君たち今日僕がここでライブをやったことがどれだけ意味のあることだったかは、君たちの想像を超えるくらいだから、ありがとうと言って終わりました。76歳と言えば、ポール・マッカートニー(Paul McCartney)もなんですけれども、彼の方はやめるという感じもなく、新しいアルバムを出して新しいツアーをやっているという中で、70代を超えたアーティストがどうやって終わっていくのか、ファンも音楽の終わりというものに直面していて、いろいろ考えさせられる素晴らしいライブでした。」

渋谷陽一「ポール・サイモンのツアーが終わってしまうのは残念ですけれども、ライブそのものをやめてしまうというわけではないので、これからもいろいろな機会でライブに接することができるんじゃないかなと思います。ここではポール・サイモンが自分のソロ作のセルフカバーアルバムを出しました。その中から一曲聞いていただきたいと思います。One Man's Ceiling Is Another Man's Floor。」



渋谷「ポール・サイモンはツアーが終わってしまう一方、同い年のポール・マッカートニーはこれから来日して精力的にやっている、そしてウィリー・ネルソン(Willie Nelson)は85歳にして力のこもった新作を発表していると、アーティストはそれぞれ自分の晩年をどう過ごすのかということと向き合っていたりするんですけれども、Elton John(エルトン・ジョン)はこれからラストツアーをやって、3年間で300公演と、そんなに元気ならもっとやれよという感じがするんですけれども、印象的だったのは、昔ビリー・ジョエルとエルトン・ジョンとポール・サイモンの3人でツアーをやっていて、そのステージ上でエルトン・ジョンとビリー・ジョエルは幼児性丸出しの本当にくだらないことで盛り上がっているんですけれども、ポール・サイモンがこいつらとは付き合いきれないという顔をして、ちょっと距離を置いているところが彼らしかったなという感じがしました。」

ドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領がアメリカのロックを活性化させた説

20181014

 レニー・クラヴィッツ(Lenny Kravitz)の新作についてです。久しぶりと思われる方も多いのではないのでしょうか。4年ぶりの新作です。レニー・クラヴィッツはこの4年間のインターバルの間に、クリエーターとしての悩みの時期に入って、本当に次のアルバムを作れるのだろうか、自分の中から湧き上がる創作のモチベーションはちゃんとキープできるのだろうかと、そういう状態にあったのですが、ここにきて自分自身の時代に対する危機感というものがすごく強まり、だからこそもういっぺんアルバムを作らなきゃという状態になったそうです。何度この話を私はこの番組で最近したのか分かりませんけれども、こういうような思いで、今の世界に対する危機感、そしてアメリカの現状に対する危機感が、新しい創作のモチベーションにつながったアーティストがたくさんいます。ものすごく皮肉な言い方をするならば、トランプ大統領はある意味アメリカのロックが活性化する、一つの陰の主役だったのかもしれません。アルバムタイトルが「Raise Vibration」。まさにタイトル通りに、もういっぺん俺たちの気持ちを高めるんだと。だからこそ俺たちはこの気持ちで世界に向き合うんだというメッセージが込められたナンバーで、こんな歌詞です。

  キリストのように
  彼の教えのように
  主のように振舞うんだ
  キング牧師が剣を持たずに始めたように
  ガンジーが戦争に行きながら決して銃を使わなかったように
  俺たちは一丸となりそして愛があればそれができる
  俺たちは気持ちを高めないといけない
  目を覚まして気持ちを高めるんだ
  高めろ
  気持ちを高めるんだ
  
 レニー・クラヴィッツでRaise Vibration。



 今回のアルバムにレニー・クラヴィッツ自身がメッセージを書いているんですけれども、

  1989年のデビューアルバム「Let Love Rule」から今作「Raise Vibration」に至るまで、俺の伝えたいことはずっと変わっていない。それは常にLoveについてなんだ。俺たちはとてつもなく困難な時代を生きている。生き残るためには何もかもが要求される。俺たちは気持ちを高めないといけない。そして我々人類はみなひとつということを理解しなければならない。起源と創造者を。そして兄弟を。野生動物と自然を国境なきこの地球上でシェアしているということを。誰かを憎む余地なんてないんだ。これらの楽曲とともにあなたに平和、愛、そして結束を。愛をこめて。

 レニー・クラヴィッツはこういうメッセージを一貫して伝えてきたアーティストであるし、この時代においてまさに自分の役割をもう一度しっかり設定して、Raise Vibrationというメッセージを掲げたアルバムを作ろうという気になったと、こういうアーティストは非常に多いですよね。最近はテイラー・スウィフト(Taylor Swift)も自らの投票行動を明らかにして、自分たちのファンに向けてちゃんと選挙人登録をして選挙に行きなさいよと、そういうメッセージを出して、そういう気運がアーティストの間に高まっているということは、日本にいてもすごくリアルに伝わってきます。ただそういう大きなメッセージだけではなくて、今回のアルバムはまさに今生きている一人の市民の生活みたいなものにスポットをあてて、それを非常にすぐれた物語にした楽曲があります。5 More Days ‘til Summerという、夏まであと5日という曲なんですが、これはずっと夜勤で60代後半まで働いていた一人の労働者が、ようやく休みをとり、初めてのサマーバケーションに出かけるという物語を歌にした、そういう楽曲です。5 More Days ‘til Summer。





記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ