音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

グレタ・ヴァン・フリート(Greta Van Fleet)に学ぶ、21世紀のメタルとは?

20181230

伊藤政則「みんなが大好き、グレタ・ヴァン・フリート。」

渋谷陽一「これは、メタルの希望の星ですよね。」

大貫憲章「俺もこれはいいなって思っています。」

伊藤「アルバムはどうでしょう。」

大貫「すごくよかったよ。少しづつEPが出ていて、たまってアルバムが出たんですけれども、最初に思っていたことと最終的にアルバムで出てきたものがそんなに不一致ではなかったので、今渋谷先生もおっしゃいましたけれども、希望の星になりうるんじゃないかなと思いました。」

伊藤「渋谷さんはどうですか。」

渋谷「そういう感じですよね。本当に、時代に合ったメタルって可能なんだっていうことを証明した、そういうバンドだと思います。これはメタル業界的にはどうなんですか。」

伊藤「アメリカやヨーロッパでのブレイクのすごさと、日本まあまあという差がどんどん開きつつあって・・・。」

大貫「日本はまあまあなの。」

伊藤「欧米がすごすぎて。来年はニューヨークのスタジアムのヘッドライナーなの。2万人くらいの。やっぱり、このバンドは欧米の人気がすごいよ。」

渋谷「でも、今洋楽のアーティストってみんなそうだよ。だから、グレタ・ヴァン・フリートなんてそんなに内外格差が大きくないバンドだよ。イマジン・ドラゴンズ (Imagine Dragons) なんてどうなの。」

伊藤「そうだね。日本に比べればでしょ。」

渋谷「でも、このグレタ・ヴァン・フリートは時代に合ったメタルというかハードロックというか。」

大貫「俺は、ハードロックというよりはロックだと思うけどね。フリー (Free)とかが昔言われていたような感じのロックだと思うけど。」

伊藤「ちょっとフォークっぽい所もあるじゃない。」

大貫「完全にあるね。アーコースティックをうまく使って、ルーツミュージックをやっているような所。」

伊藤「一番年上の兄弟が21歳の三兄弟。海外のテレビ番組を見ていたら、最近何聞いているのって聞かれて、クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス(Quicksilver Messenger Service)って答えていていました。では、グレタ・ヴァン・フリートでLover, Leaver (Taker, Believer) 。」



メタルゴッドは動かなくてもよい説

20181230

伊藤政則「ジューダス・プリースト (Judas Priest) でFire Power。」



渋谷陽一「前々から聞きたかったんだけれども、ロブ・ハルフォード(Rob Halford)は何であんなにゆっくり動くの?」

伊藤「昔からなんだけれども、特に1980年代以降ああいう動きになりました。メタルゴッドは動かなくていいっていう。ゴッドはやっぱり、派手な動きをせずに重い動きで圧倒する方がいいという結論だったみたいですね。だから別に疲れているとか、体が重いとかそういう理由ではないよ。」

渋谷「独特だよね。ただ、全体にメタルの人ってそういう傾向があるよね。」

伊藤「いや、動く人は動くじゃないですか。でも、メタルゴッドのロブ・ハルフォードはこういう感じがいいんだという形を見つけたわけです。」

2018年で気に入った曲

Neil Young + Promise of the Real - Children of Destiny
Calexico - End Of The World With You
Rhye - Please
MGMT - Me and Michael
Jack White - Connected By Love
Jack White - Over and Over and Over
Young Fathers - In My View
Car Seat Headrest - My Boy (Twin Fantasy)
Yo La Tengo - For You Too
Kylie Minogue - Stop Me From Falling 
The Spook School - Less Than Perfect
Loyle Carner - Mean It in the Morning
Chris Dave And The Drumhedz - Black Hole (Audio) ft. Anderson .Paak
A Perfect Circle - So Long, And Thanks For All The Fish
Blossoms - There's A Reason Why (I Never Returned Your Calls)
DMA's - Dawning
Iceage - Hurrah
Iceage - Pain Killer (feat. Sky Ferreira)
Ash - Annabel
Chvrches - Graffiti
Willie Nelson - I Ain't Got Nothing
Roger Daltrey - As Long As I Have You
Beach House - Pay No Mind
The Jayhawks - Everybody Knows
The Jayhawks - Come Cryin' to Me
Dirty Projectors - What Is the Time
Jason Mraz - Unlonely
Spiritualized - A Perfect Miracle
Pale Waves - Red
Blood Orange - Saint 
Kurt Vile - One Trick Ponies
Willie Nelson - My Way
Good Charlotte - Generation Rx 
Elvis Costello & The Imposters - Don't Look Now
Elvis Costello & The Imposters - Suspect My Tears
Lucky Daye - Late Night
Jungle - Smile
Mumford & Sons - 42
J Mascis - Sky Is All We Had
The Smashing Pumpkins - Silvery Sometimes (Ghosts)
Nile Rodgers, CHIC - Till The World Falls 
Fantastic Negrito - A Boy Named Andrew
Jo Passed - MDM
Novo Amor - Anniversary

2018年の邦楽

SEKAI NO OWARI - イルミネーション
崎山蒼志 - 五月雨
THE CHARM PARK - Imperfection
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ