音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

ジョニー・マー(Johnny Marr)に学ぶ、イギリスのホームレス問題

20180112

児島由紀子「今年の春にソロの新作を出すジョニー・マーについてです。去年の年末に新曲を出したんですね。The Priestという曲で、マンチェスター出身の女優でマキシン・ピーク(Maxine Peake) という人がナレーションをやっているんですけれども、この詩はエディンバラのホームレスの少年が書いた詩らしくて。ジョニー・マーとマキシン・ピークは同じマンチェスター出身で。このマキシン・ピークは「The Theory of Everything」という映画に出たこともある、もともとは舞台女優だったんですけれどもね。以前からジョニー・マーとは知り合いだったみたいで、ジョニー・マー自身もいつかコラボしてみたいって言っていたんですね。なので、この曲は今年の春出る新作に入るとは限らないですけれども、なんとなく方向性をサジェスチョンしていますよね。かなり意欲的で変わったものになるんじゃなかという気はしますよね。北部イングランドはすごくホームレスが多いんですよね。マンチェスターもそうですけれども。マンチェスターはイギリスで一番治安の悪い地域がたくさんあるところですから。昔からすごく気性の荒い土地だったんですけれども、最近すごいんですよ。」

渋谷陽一「では、ここで語られてる詩もそういった現実を反映している詩なんですか。」

児島「そうそう。まさにそういう現実を反映しているんですよ。」

渋谷「ある意味ヒップホップの世界に近い感じですね。」

児島「グライムってご存知でしょうけれども、こういう感じなんですよ、まさに。だから、これはジョニー・マー流のグライムだと思いますよ。」

渋谷「ある意味すごくモダンなポップミュージックのスタイルになっているんですね。」

児島「そうなんですよ。本当にこの人は才能ありますよね。」

渋谷「この新曲を聞くと、今度の作品はかなり期待できそうですよね。」

児島「非常に新しい切り口が満載になりそうで、非常に楽しみです。」

渋谷「ジョニー・マーの意欲作、マキシン・ピークとともに演奏しているナンバーを聞いてください。The Priest。」


ニール・ヤング(Neil Young)vsドナルド・トランプ(Donald Trump)大統領

20180112

 ニール・ヤングの「The Visitor」という作品が発表されました。まさに、異邦人=Vistorとしての自分。皆さんご存知の通り彼はカナダ人ですけれども、アメリカという国でずっと歌い続けているスタンスの中で、敢えて「The Visitor」というタイトルの作品を作りました。そしてそのアルバムのテーマというのは、今現在のアメリカ。そして、トランプ政権の在り方というものに正面から向き合った作品です。まずアルバムの一曲目、Already Greatという、すでにアメリカはグレイトであるという、トランプ大統領のもういっぺんアメリカを偉大にするというメッセージへ対抗する曲です。


  
  ちなみに俺はカナダ人でアメリカが大好きだ
  こんな生き方が大好きだ
  行動の自由言論の自由が
  すでに偉大だ
  お前はすでに偉大なんだ
  約束の地であり救いの手だ
  壁はいらない
  憎しはいらない
  ファシストのアメリカはいらない
  すでに偉大だ
  お前はすでに偉大なんだ
  約束の地であり救いの手だ

 あの高齢にしてこのエネルギー。毎回ニール・ヤングの作品を聞くたびに思いますけれども、続いての曲は、

  変わっていく世界について考えて来た
  夢のかけらに馴染もうとしない
  ただ納得しようと意味を解き明かそうとしていた

 という歌詞をもつナンバーでございます。Neil Young and Promise of the RealでAlmost Always。



 Already GreatもAlmost Alwaysもニール・ヤングの王道ナンバーでしたけれども、ニール・ヤングはそこに留まることなくどんどん独自の世界に進んでいるのはみなさんご存知だと思いますが、次のChildren of Destinyというタイトルもストレートな曲なんですが、この曲ではもうフォークだとかロックだとかゴスペルとかそういう領域ではなくて、なんか違う所に行っていしまった、かといってアバンギャルドではなくてものすごくポップなナンバーなんですよね。なんかクリスマスソングみたいなそんな印象を持ったんですけれども、すごい曲だと思います。歌詞もいっさいのぶれた解釈を許さないものすごくストレートな歌詞で、

  信じるもののために立ち上がれ
  権力に屈するな
  大地を守れ
  海を守れ
  運命の子ども達のために
  お前と俺の子ども達
  もしも善が負けて悪がのさばるならば
  幸福が悲しみになって平和が消えてしまったら
  お前はどうするつもりだ
  なんと言うつもりだ
  そんな新しい日にどう行動するんだ
  信じるもののために立ち上がれ
  権力に屈するな
  民主主義のやり方を守るんだ
  子ども達が自由でいられるように
  運命の子ども達


10ccはいかにサウンドにこだわっていたのか

Kenrocks Nite - Ver. 2 20170518  解説は大貫憲章氏です。

10ccでGood Morning Judge。



NAOKI「この時代(1977年)にはまだデジタルはないじゃないですか。生演奏、まあオーバー・ダビングも含めて、でも生演奏の楽器だけでやっているのに、ドラムにも他の楽器のかぶりがない音という感じで、スネアの音もちょっと打ち込みっぽかったりとか、すごい細部まで考えてレコーディングやっている感じがするよね。」

KUMI「するね。」

Katchin'「多分、この時代はみんなスネアがあまり響かないような音が流行ってきていたんです。パンクのスネアもそうなっていたんです。」

大貫憲章「じゃあ、その頃の流行りの音なのね。」

NAOKI「ミュートをするんですね。ガムテープとかをスネアに張ったりしてね。響かずザっと音が切れるように。1980年代くらいになると、オジー・オズボーン(Ozzy Osbourne)のCrazy Trainとかあそこらへんもペタっというスネアの音だったりとか、時期によってありますよね。100ccのこの曲はもうちょっと前ですけれども。」

大貫「俺はそういうのは全然分からないですけれども、プロデューサーによってバンドが劇的に変化するということもあるじゃないですか。例えば、ジャック・ダグラス(Jack Douglas)というエアロスミス(Aerosmith)とかをやった方がいますよね。あの人がやったアルバムとその前のアルバムだとサウンドが違いますよね。全体的な力感とか奥行きとかが。」

NAOKI「ありますね。」

大貫「プロデューサーが技を使うんでしょうけれども、俺はどういう技を使っているかは分からないけれども、ただ漠然と音がよくなっているなぁ、かっこいいなぁ、立体的になっているなぁと思うだけですけれども、そこをさらに。」

NAOKI「エンジニアによって変わるよね。」

KUMI「変わるね。」

大貫「ボブ・エズリン(Bob Ezrin)とか。アリス・クーパー(Alice Cooper)の新しいアルバムはボブ・エズリンがまたやっているんですけれども。」

NAOKI「エアロスミスも後期に入ってくるとブルース・フェアバーン(Bruce Fairbairn)とかちょっとハードロック系な人がやるんですけれども、急にジョー・ペリー(Joe Perry)の音の強弱がなくなるんです。マイクの拾い方だとか。」

大貫「そうなんですか。気にするんじゃなくて、聞いたときにそう分かっちゃうの?」

NAOKI「あれ、音変わったなと思って、クレジットをみると。」

大貫「片桐さんはそういうこと気にして聞きます?」

Katchin'「1989年のラモーンズ(Ramones)の「Brain Drain」でビル・ラズウェル(Bill Laswell)にプロデューサーが変わった時、全然音が変わったじゃないですか。めっちゃメタルっぽくなりましたよ。ディー・ディー・ラモーン(Dee Dee Ramone)が抜けた時のアルバムでビル・ラズウェルになったんですよ。しかも、1981年の「Pleasant Dreams」の時は、グレアム・グールドマン(Graham Gouldman)がプロデュースをやたんですよ。」

大貫「それは知ってる。グレアム・グールドマンは。フィル・スペクター(Phil Spector)はやってないの。」

Katchin'「それは前の「End of the Century」です。」

大貫「それは俺も分かったんだけども、ビル・ラズウェルってヒップホップ的な人だったよね。」

Katchin'「まあ、そういうこともありますが、割とその時代の新しい音楽をやっていた人だと思います。」

記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ