音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

ロック鎮魂歌、ポスト・マローン(Post Malone)のRockstar

20180708 
 
 ポスト・マローンのセカンドアルバム「Beerbongs & Bentleys」を紹介します。アメリカでは4月末にリリースされましたが、今年最大の話題作と言っていいと思います。とにかく今、世界中でもっとも売れてるアーティストですが、日本ではそういうことを言われてもいまひとつピンときません。ポスト・マローンを語るときにまず言われる情報が、全米チャート100位以内にアルバム全18曲がすべてランクイン。そのうちトップ20に9曲が同時チャートインという、54年ぶりにザ・ビートルズ(The Beatles)の記録を塗り替えたと、ありえないですよね。空前絶後の売れ方というか、本当に天文学的な成功を手に入れたポスト・マローンなんですが、写真を見てもわかるのですが、冴えない白人の兄ちゃんだかおっさんだか、基本的には兄ちゃんなんでしょうけれども、髭面でもじゃもじゃ頭だからおっさん感があるんですけれども、でもすごいんです。その中でも一番象徴的なRockstarという曲を聴きますが、この曲は全米ナンバー1をシングルチャートで8週間ですよ。聞いていただければわかりますが、地味です。でもはまってしまうと離れなられない不思議な魔力をもった曲で、タイトル通りにロックスターの曲で、酒と女とロックンロール、この豪華な暮らしを俺はロックスターだからしてるぜっていう歌詞からみるとすごくイケイケな曲なんですけれども、でもこの全体に漂う得も言われぬたそがれ感というかやるせなさが、まさに今の時代を象徴する、すごい曲だと思います。Rockstar。



 2017年、去年の9月にリリースされて、そこから8週間ナンバー1を獲得し、2017年最もトップの座に君臨したヒップホップシングル、そして配信の初週では2500万回再生されて、これも空前の記録になっています。面白いのはロックスターという言葉がすごくやるせなさと斜陽の象徴みたいな感じで、歌詞的には豪華だぜ、豪華だぜ、最高だぜと歌われているんですけれども、メロディーの佇まいは最高でも豪華でもなんでもなくてたそがれているという、ロックに対する鎮魂歌という趣が、時代の雰囲気といろいろなものののテーマが一体となって、この素晴らしいメロディーで人々の心を打ったと、私の心も打ったんですけれども、そういう感じがします。この番組のリスナーに、ポスト・マローンはこういう人なんですよという一番わかりやすい楽曲を聞いていただこうと思います。Stay。



 ヒップホップじゃなくてロックじゃんって思われるかもしれませんが、ヒップホップなんですよ。まさにこれこそが23歳のメタルバンドのギタリストになるためにオーディションを受けていた若者が、最終的にヒップホップを選んで、ヒップホップで世界的な大成功を手にしたという今日的な在り方そのものが、67歳だから許してもらおうと思うんですけれども、それがロックなんだという感じが僕なんかはするんですけれどもね。Better Now。



ジョニー・マー(Johnny Marr)に学ぶ、ギタリストが歌うことの意味

20180701 

 ジョニー・マーでMy Eternal。



 彼の三枚目のソロアルバム「Call the Comet」の中の一曲をピックアップさせていただきました。ジョニー・マーのソロアルバムについては、児島さんが「私はジョニー・マーにとっとと歌えって言ったのよ。昔は俺が歌うなんてって言ってたんだけれども、本格的に歌ったらすごくかっこよくてこんなにすばらしいアルバムができました」っていうレポートをしていただいて、その時に一曲かけて、皆さんの中でもジョニー・マーの新作がどういうものであるのかについて、それなりに刷り込まれているわけですけれども、今日じっくりと聞いていこうと思います。ジョニー・マーというのはみなさんご存知の通り、モリッシー(Morrissey)とともにザ・スミス (The Smiths) の中心メンバーとして、コンポーザーとして、そしてなりよりギタリストとして、ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) のキース・リチャーズ(Keith Richards)的な立場として活動していましたが、解散後はギター一本を背中に抱えた渡り鳥みたいな感じで、プリテンダーズ(The Pretenders)をはじめいろいろなバンドをフラフラと渡り歩いて、自分でもちょっとしたバンドをザック・スターキー(Zak Starkey)なんかと一緒に作ったりしたのですが、なかなか定まらず、これぞジョニー・マーがやるべき大プロジェクトという所がなかなかなくて、ファンにとってはもどかしい日々が続いていたわけですけれども、この作品は今聞いていただきましたように非常に優れてますし、商業的にも結構行きそうな作品になっています。これでジョニー・マーは新たなミュージシャンとしてのアイデンティティー形成に成功するのではないかと、そういう手ごたえがあるアルバムであります。Hey Angel。



 ギター弾きまくって最高ですね。ジョニー・マーのギターに対するファンの満足度も高いでしょうけれども、でも歌もいいですよね。ギタリストが歌を歌うっていうのはどういうことなのかなと、自分としては常にギターを弾いているつもりだったんだけれども、何かいろいろな環境のもとで歌わなければならないという状況が出てきたときに歌うっていうのは、それなりにハードルがあるみたいですね。ジミ・ ヘンドリックス(Jimi Hendrix)は歌を歌っていますけれども、やっぱり自分の歌がそんなにうまくないということにコンプレックスがあって、ギターはそれこそ銀河系一のギタリストなわけですけれども、それに対して自分の歌をどう位置づけるのかというのは、かなり悩む所のようであります。悩んでいた所にAll Along The Watchtowerを歌った彼の歌を聴いていたボブ・ディラン(Bob Dylan)に、「最高じゃん」みたいなことを言ってもらえて、背中を押してもらって、ボブ・ディランに背中を押されるということは大きいことで、ジミヘンにとっても歌を歌うということに踏み出せるきっかけになったのでしょうけれども、例えば、エリック・クラプトン(Eric Clapton)だって歌を歌うつもりはなかったと思うんですよね。ジミヘンもクラプトンも、ナンバーワンボーカリストではないんだけれども、何かをきっかけに歌うということに踏み出して、そのことによって自分自身の音楽が最終的にすごく立体的に完成されるというそういうプロセスがあります。ジョニー・マーもここに来るまでにものすごい長い時間がかかって、モリッシーというモンスターが横にいたので余計にそういうことなのかもしれませんけれども、でもそうやってジョニー・マーが自分自身の音楽的世界をある意味完成させた、そんな作品だと思います。Day In Day Out。



ニューヨークパンクとロンドンパンクの違いとは

Kenrocks Nite - Ver. 2 20180617

大貫憲章「パティ・スミス・グループ(Patti Smith Group)でBecause the Night。」



大貫「彼女の幅広いアートというか、そういうセンスが彼女を大きな輝きにしているのかなと思います。もともとは歌手ではなくて、詩の方でニューヨークで活動をしていました。今はヒップホップがありますが、パティ・スミスはポエトリーリーディングに音楽をつけようとした人なんです。音楽をバックにポエトリーリーディングをやっている活動の中から、レニー・ケイ(Lenny Kaye)とかそういう人達と出会って、バンドやろうかという形で始めました。だから最初の頃とか、モノローグというか、淡々と、歌ともポエトリーリーディングとも違うようなものがあったりして、でもそういうものがアートな感じで、新しいなというものがあったので、注目されました。そういう環境なので、ロンドンパンクよりもニューヨークの方がアートっぽいというか、ちょっと理屈っぽいというか、そういうのがありました。」

Katchin'「テレヴィジョン (Television) もそんな感じじゃないですか。あまり好きじゃないんですよね。」

大貫「そういう人多いよね。理屈をこねていればいいと思っている所があるとか、暗く陰鬱にやればいいと思っている所があるとか、そういう言われ方もしていました。そこに行くとロンドンパンクは、サクッとしていて、炸裂していて爆発していてカッコいいよねみたいな。」

Katchin'「ロンドンパンクは分りやすい。」

大貫「見た目もカッコいいし。ファッションも。あの頃のニューヨークパンクは、暗くてうつむき加減で、みたいなのがありました。ラモーンズ(Ramones)とかは違いましたけれども。」

Katchin'「でも、ラモーンズも案外歌詞の内容は暗いですからね。曲自体はストレートなロックンロールみたいな感じだけれども、歌詞は暗い内容なんです。」

大貫「暗いっていうのは、Bonzo Goes To Bitburgみたいに詩的に暗いの?」

Katchin'「詩的に暗い。」

大貫「ピストルズ何かとはちょっと違う?アンチクライストとかじゃないの?」

Katchin'「違います。個人的な事だけど、暗かったりしているんですよね。」

大貫「なるほどね。前のニューヨーク・ドールズ (New York Dolls)もそうかもしれないけれども、ニューヨークのアンダーグラウンドなクラブサーキットのイメージというとザ・ヴェルヴェット・アンダーグラウンド (The Velvet Underground) とか。」

Katchin'「そうですよ。暗いよね。」

大貫「どっちかっていうと暗いよね。あまりパーッと派手にいこうぜという感じではないね。その辺はつながっているのかもしれないし、またニューヨークパンクが好きな人は、そういうアート感覚を求めますよね。ニューヨークパンクが先だったから、ニューヨークパンクを先に聞いた人もいます。フリクションとかの東京ロッカーズは、どちらかというとロンドンパンクみたいなアンチクライストではなくて、内向きな内省的な歌が多かったというのも、ニューヨークパンクの影響があるのかもしれませんね。」
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ