音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

    

U2のギターサウンドはどのようにして生まれたのか

Kenrocks Nite - Ver. 2 20180603

大貫憲章「U2でI Will Follow。」



大貫「U2は1976年に地元アイルランドのダブリンで、高校生バンドとして活動を始めました。やがて、地元のタレントコンテストLimerick Civic Week Pop '78で優勝しました。この人達はコンテスト上がりなんです。他の当時のパンクバンドは、コンテストに出た人はいないじゃないですか。みんな地道にバンドをやって、ライブハウスからのし上がったぜという感じなんですけれども、U2は律儀なというか真面目な感じなのかもしれません。」

Katchin'「逆に言えばパンクをやろうとは思ってなかったんじゃないの。」

大貫「初期の頃から発言は、ザ・クラッシュ(The Clash)を信仰しているとかそういう発言をしていたから、俺も気にはしていました。グループ名はいろいろ言われていますけれども、それも全部霧の中ということで、本人たちはたまたまゴロが良かったからと言っていますが、俺としてはアメリカの偵察機U2からとったとしか思えないんですけれどもね。それで、アイルランドのCBSと契約して、デビューしました。この時は母国アイルランドのみということで、メジャーになったのは1980年にアイランドと契約して、1980年5月に11 O'Clock Tick-Tockというシングルでデビューしました。それで10月にいよいよ「Boy」というアルバムで、アルバムデビューということになります。最初の頃はジョイ・ディヴィジョン (Joy Division) などで知られるマーティン・ハネット(Martin Hannett)がプロデュースしていました。しかしマーティン・ハネットは、やらないって言ったのか、メンバーが気にくわなかったのかはしりませんが、スティーヴン・リリーホワイト(Stephen Lillywhite)になりました。スティーヴン・リリーホワイトも当時注目の人でした。よって、新人の割にはすごいバックアップもされていました。1stの「Boy」、2ndの「October」からそれぞれ一曲づつ聞いていただきますが、先ほどのI Will Followは「Boy」にも収録されています。「Boy」からA Day Without Me、「October」からGloria。」



大貫「この頃の彼らの一つの特徴ですけれども、ギターがクリアな感じで非常に清々しいですね。」

Katchin'「私分りましたよ。私がU2の好きではない所は、このギターなんですよ。このディレイがかかってるようなギターがあまり好きではないんですよね。」

大貫「これが売りだったんですけどね。特にスティーヴン・リリーホワイトはこういう録音をやらせると右に出るものはいなかったというくらい、彼のレコーディングの技術も含めて、エッジというギタリストの評価が高くなったのも、その二人の組み合わせがよかったからだといわれているんですけれども、これがダメですか。」

Katchin'「そこがダメなんですね。」

大貫「ウァンウァンウァンというのが?」

Katchin'「チュクチュクチュクチュクするのが、あまり好きではないですね。」

大貫「でも、エッジは世界のギタリストの中ではトップランクですよ。」

Katchin'「だから、ある意味で言ったらエッジは正しいんですよ。自分のスタイルを発明したんだから。逆にこのスタイルが私も知るくらいに有名になったので、あれは嫌だなぁみたいな。」

大貫「むしろそこが売りでしたからね。私もそこに惹かれましたし。ということで、「Boy」は1980年夏に、地元アイルランドのダブリンのスタジオ、Windmill Lane Studiosというところで、スティーヴン・リリーホワイトを迎えて、さらに二枚目の「October」はその翌年の1981年春から秋にかけてと、この頃はだいたい夏場にレコーディングをしていたんですけれども、同じくダブリンのスタジオで、もう一つこの頃はNassauにあったCompass Point Studiosもよく使われるようになっていて、そこでも録音したりしていました。ただ、すでにこの頃メンバー間に亀裂が、ということではないんですけれども、いろいろな本を読んでいたら、この当時ベースのアダム・クレイトン(Adam Clayton)以外の3人のメンバーがシャロームという宗教団体に入っていて、ロック人生と正しいキリスト教徒としての人生の間で、心が揺れていたということで、やめるという選択肢もあったそうです。」

Katchin'「宗教に入っていた3人がやめようかって言ったのですか。」

大貫「みんなキリスト教だけれども、その中でも特殊な戒律の厳しい所だったようですね。でも結局はバンドをやろうぜということで事なきを得たようです。続いて3rdの「War」からSunday Bloody Sunday、The Refugee。」



Katchin'「ボノはジョーイ・ラモーン(Joey Ramone)が亡くなるときに病室で看取った人なんですよ。さらにU2は自分たちのライブで、Swallow My Prideというラモーンズのセカンドアルバムに入っている曲を追悼で演奏しました。だからU2はいい人なんですよ。」

大貫「いい人だっていう噂は多いですね。ただ、そこが鼻にかけていて嫌だなっていう人もいますけれども。」

Katchin'「有名な人はワーストとベスト裏表ですから。しょうがないですよ。」

大貫「曲を聞いただけでも実際にいい曲作るしね。男らしいし正々堂々としている所は感じるし、サウンドも立体的で奥行きがあってカッコいいなぁってね。あの時代独特のものもあるし。今でも遜色ないし。1983年2月に三枚目のアルバムとして「War」が録音されているんですけれども、結局スティーブ・リリーホワイトとの最後の組み合わせとなりました。スティーブ・リリーホワイトは同じアーティストとは二枚仕事をしないという主義だったらしくて、でもここまで三枚やってるじゃないかということなんですけれども、それを曲げてバンドサイドが「よろしくお願いします」って言ったのでここまで付き合ったようですけれども、もうだめだよということになって、レコーディングがなかなかうまく進みませんでした。そこで、アメリカに行ったときに、ザ・クラッシュ(The Clash)のセカンドアルバムをプロデュースしたことでも知られるサンディ・パールマン(Sandy Pearlman)とセッションをしてみたそうですが、うまくいかなかったということで、同郷でLimerick Civic Week Pop出身のビル・ウィーラン (Bill Whelan)という人を起用して、The Refugeeという曲をプロデュースしてもらいました。ビル・ウィーランは1990年代にリバーダンス(Riverdance)という有名なアイリッシュの舞台作品があるんですけれども、これですごく有名になった作曲家兼プロデューサーなんですけれども、この人が無名の頃に協力してくれたという、いろいろないわくがある「War」なんですけれども、それでは最後にみなさんよくご存じだと思います。1983年1月にシングルが発売されて、私もよく使いましたU2でNew Year's Day。」



デーモン・アルバーン(Damon Albarn)はワーカホリックである説

20180624

児島由紀子「今月末に最新アルバムをリリースするゴリラズ(Gorillaz)についてです。去年新作を出したばかりなのに。」

渋谷陽一「いっぱいやりたいことがあるんじゃないでしょうかね。」

児島「イギリスの音楽業界で一番のワーカホリックじゃないでしょうかね。毎年マルチタスクオブザイヤーをとっている人ですから。音楽関連だけでも三つ四つありますからね。それプラス、シアターとか映画とかのプロジェクトもあるし、それを同時にやっているんだからすごいですよ。渋谷さんみたいな人ですよ。」

渋谷「足元にも及ばないですけれども、なによりもすごいのは、すべてがハイクオリティーであるということがすごいですよね。」

児島「特にゴリラズは、ブラー時代には実現できなかったアメリカでの成功もしてますからね。去年でたアルバムはアメリカでも2位だったじゃないですか。」

渋谷「そうですね。常に売れ続けてますからね。」

児島「ブラーがすごく英国的な表現だったので、アメリカで成功できなかったことをデーモン自身も気にしていたみたいですからね。」

渋谷「それで、この新作なんですが、どうですか。」

児島「昨年でた「Humanz」と対をなすような作品で、もうちょっとパーソナルなんですね。「Humanz」ってポリティカルで戦闘的なバイブのアルバムだったじゃないですか。今作は、ゴリラズ内のデーモンが扮するキャラの2Dが一人で世界ツアーを周って、現地の社会状況のバイブを感じた歌の集まりという感じですね。」

渋谷「2曲くらい聞かせていただいたんですが、ジョージ・ベンソン(George Benson)がフューチャーされた曲はものすごくポップだし、また新しいところにデーモンが来ているという感じがしますね。」

児島「そうなんですよ。今回も以前にも増して音楽スタイルがものすごく増えているんですよ。1970年代のStudio 54系のディスコトラックもあるし、ラテンミュージックの要素が入った曲もあるし、それでこのプロジェクトと同時に、以前ザ・クラッシュ(The Clash)のメンバーと組んで、The Good, the Bad & the Queenというプロジェクトをやりましたが、あのプロジェクトもなんとトニー・ヴィスコンティ(Tony Visconti)をプロデューサーに迎えて、レコーディングを終えたそうです。これも今年中に出るそうです。」

渋谷「すごいですね。それで、その働き者のデーモンにインタビューしたんですって。」

児島「そうなんです。西ロンドンに所有する自身のスタジオで。スタジオといってもビル全体を今は本人が買っているんですけれども。そこのキッチンでたっぷり話を聞いてきましたよ。」

渋谷「面白かったですか。」

児島「楽しいです。この人は頭いいし、頭の回転が速いし。でも、こっちの質問通りに答えてくれないんですよ。自分のいいたい方に話を持っていくんですね。だから、インタビューに慣れないと結構手ごわい相手ですよ。」

渋谷「でも児島さんならうまくやれたんじゃないですか。」

児島「私もあっちこっち引っ張りまわされて、やっと本題で終えたという感じだったんですけれども。すごく最近はレイドバックしたモードになって、前みたいに皮肉たっぷりな人ではなくなったんですよ。やっぱり子どもを持つと変わったんでしょうね。子どもを持って自分でもメロウになったって言っていましたし、昔とは変わってきているって言っていましたね。自分が働きすぎるっていうことは、いつも家族に忠告されているって。」

渋谷「それは変わらないと。」

児島「だって、スタジオのすぐ近くに住んでいるんですもん。だから、スタジオにいる時間の方が長いみたいですよ。家にいる時間よりも。」

渋谷「それでは、ゴリラズのジョージ・ベンソンがフューチャーされたナンバーを聞いていただきます。Humility。」



ウィリー・ネルソン(Willie Nelson)に学ぶ、優れたアーティストは何歳になっても時代に適応する説

20180617

 ウィリー・ネルソンの最新作、といっても前のアルバムから1年インターバルがあるかないかくらいなんですけれども、「Last Man Standing」を紹介したいと思います。ウィリー・ネルソンは85歳になっていますけれども、6月9日は僕の誕生日でたくさんのカードをいただきましたが、その時自分のブログで「俺も67年やって人生いろいろ・・・」みたいなことを書こうと老人コスプレをしようと思ったんですけれども、その時にこの85歳のウィリー・ネルソンの作品を聞いて、それってものすごい恥ずかしいことだなと思いました。何を言っているんだ67歳でと。この85歳の若々しい作品、でも人生が終わることを見据えて、すごく深い洞察力。すごい作品でした。まずはアルバムタイトルナンバーのLast Man Standingを聞いていただこうと思います。

  最後の生き残りにはなりたかない
  だけど待てよ
  それもいいかもな
  何なら新しい商売でも初めて
  よくよく考えてから決めることにしよう
  そんなに急いでいるなら先に行ってくれ
  まるで天国は待っちゃくれないと言わんばかりだな
  最後の生き残りになりたかないけれども
  よく考えてみるとそれもいいかもな
  仲間がくたばるのを見ることがどんどん辛くなってきた
  使い古したナイフで身を切るように痛むよ
  道を突っ走ることについてひとつ学んだのは
  永遠なんてものは人生には当てはまらないってこと
  Waylon、Ray、Merle、それにNorro爺さんも
  俺と同じくらい放蕩な暮らしぶりだった
  まだ生き残っている親友はたくさんいるけれども
  お次は誰になるだろうなぁ
  おそらく俺たちみんなまた
  あの世で出会って楽器弾いて歌って
  バスに荷物を積み込んで走っていくんだ
  そうさそれもいいかもな

 続いてはSomething You Get Through、なんとかするぜっていうナンバーです。Throughっていうのがキーポイントでございます。

  愛する人を失った時
  自分の世界はおしまいだと思うはず
  彼らがいないんじゃこんな世界命の浪費だと思ってしまうんだ
  どうにかやっていく術もなく
  人生がただただ悲しい歌に感じられるけれども
  愛は俺たちみんなよりももっとでかくて
  おしまいは全く終わりなんかじゃないのさ
  そいつは乗り越えるものじゃない
  くぐりぬけThroughしていくもんなんだ
  そいつは俺たちに課せられたつとめなんかじゃない
  ただやらなきゃならないことがあるんだ
  命はずっと続く
  いったん消えても新しい誰かの中で生きている
  そいつは乗り越えていくものじゃない
  くぐりぬけていくもんなんだ
  そいつは乗り越えるものじゃない
  くぐりぬけていくもんなんだ

 続いてはI Ain't Got Nothin’という曲を聞いていただこうと思います。

  俺には犬がいる
  猫もいる
  スマホも持ってるし
  ヒップホップの帽子も持っている
  だけどお前がここに一緒にいないんじゃ
  なんにもないのと同じさ
  ある晩お前に挨拶しようと家に帰ると
  別れを告げる書置きがあった
  「あんたのお金はみんなもらっていくわ」
  俺にはベンがいる
  あいつが草を持っているのさ
  男に必要とされるものはなんだって持っているけれども
  お前がここに一緒にいないんじゃ
  なんにもないのと同じさ
  またおなじみの孤独な夜
  思い出がいつまでも居座っている
  あの時俺が指輪をささげると 
  お前は俺に向かって中指を突き立てた
  馬を飼ってた
  蔵もある
  シアトルにコーヒーショップも持っている
  だけどお前がここに一緒にいないんじゃ
  なんにもないのと同じさ
  そうさお前がここに一緒にいないんじゃ
  なんにもないのと同じさ

 ウィリー・ネルソンは85歳という年齢もあって、自分のなじみのスタジオとなじみのミュージシャンとなじみの環境で作っているかのように我々は思いがちですけれども、この作品はBuddy Cannonという相棒と一緒に楽曲を作ったりして作り上げた作品なんですが、情報のやりとりは全部ネット上でやったようであります。直接会わずに、ネットでいろいろな素材のやりとりの中から作られた、まさにスーパーオーガニズム(Superorganism)と同じ、十何歳の日本人少女が作った非常にコンテンポラリーなロックバンドなんですけれども、常に時代としっかり向き合って、方法論なんかもちゃんと大胆に取り入れて、でもそこで無理にいろいろなものを時代に合わせるわけではなく、でもちゃんと方法論自身は自分の中に取り込んでいくという姿勢が、傑作アルバムを生んだと思いますし、前作の「God's Problem Child」というトランプ政権に対する大批判アルバムもすごかったですけれども、今回の作品もすごかったです。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ