音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ポールヒートン(Paul Heaton)に学ぶ中年男子が太る理由

world rock now19981016

 渋谷陽一「ビューティフルサウス、最近はチャートの常連っていう感じですけど。」

 児島由紀子「そうですよね。アルバム出して一千万枚くらい売れますからね。」

 渋谷「なにそれ。カーペンターズじゃないんだから。」

 児島「すごいと思いません?もう、完全に大衆AOR路線なんですよ。かつて、ハウスマーティンズにいた人とは思えないんですけど。」

 渋谷「そうだよねぇ。かたやファットボーイスリム。かたやビューティフルサウス。わけがわからにことになっているんですけど。」

 児島「ノーマンクックとものすごく対照的ですね。でも、こちらはオーソドックスに金儲け路線を選んだということでしょうがないですね。」

 渋谷「みもふたもない言い方を。そんなベタベタなものじゃないじゃない。これはこれで上等なものじゃないですか。」

 児島「そう思いますか?」

 渋谷「まだましじゃないの。」

 児島「でも、ハウスマーティンズの頃を知ってる者としては・・・。スミスよりも政治的なバンドでしたからね。スミスとならぶくらい重要なバンドだったんですから。」

 渋谷「そうですね。だから、パンクを踏まえてどうやるかということで、ビューティフルサウルとノーマンクック。」

 児島「よりラディカルに過激にいったノーマンクックとものすごく対照的ですね。」

 渋谷「そちらでの評価はどういう感じなんですか?」

 児島「昔ながらのファンと、大ヒットしてちょっと入ったファンが半々って感じですね。でも、どこのパブのデュークボックスにも必ずありますから。」

 渋谷「だけど、それだけの枚数が売れるってことはもう一家に一枚って感じじゃないですか。」

 児島「そうですよ。だけど、音楽通には尊敬されてないですね。やっぱり金をとったんだっていうイメージがあるからでしょうね。その反面ノーマンクックは非常に尊敬されてますね。」

 渋谷「まあ、がんばってラディカルなこと続けてますからね。」

 児島「チャートアクションもすごくいいじゃないですか。理想的なパターンですよね。」

 渋谷「そうですね。ちゃんと新しいトレンドを自分自身で作っている感じがしますけれど、このビューティフルサウスの場合は限りなく迎合的というか。」

 児島「そうですね。おかげでどんどん太っていくみたいですけどね。ポールヒートンも。」

 渋谷「その太っていくっていうのも・・・。」

 児島「オーソドックス路線に行く人って一般的に太るみたいですよね。」

 渋谷「そういう因果関係がある?」

 児島「スミス解散後のジョニーマー、ストーンローゼズ解散後のジョンスクワイヤーって一時的にみんな太ってますからね。」

 渋谷「なるほどねぇ。」

 児島「腹の緩んだポールヒートンという感じで。」

 渋谷「なるほど。今日は健康にも留意するという。」

 児島「ガバガバ儲けているという。」

 渋谷「わかりました。どうもありがとうございました。」

 児島さんが尊敬していたハウスマーティンズです。


 ハウスマーティンズ後のノーマンクックです。



 児島さんがボロクソに叩いてたビューティフルサウスです。




Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ