音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ニューウェーブの傾向と対策

 今回は、「今日は一日“パンク・ニューウェイブ”三昧 」よりニューウェーブの傾向と対策についてまとめます。解説は小野島大氏です。

1、意義

 ・パンクはそれまでの因習や音楽のシステムを壊して、若い人達は何をやってもいいんだと気づいて、ここからパンクに触発された自分の表現をやろうということでいろいろな事をやり始めたのがニューウェーブである。サウンドスタイルで括るとなんでこれとこれが同じなのということになるが、パンクの影響で解放されて自分の音楽をやりはじめた雰囲気というか気分がニューウェーブというジャンルを形作っている。

 ・このパンクからニューウェーブの動きをもっともよく表しているのがセックスピストルズのボーカルであったジョニーロットンが本名のジョンライドンに戻って結成したのがパブリック・イメージ・リミテッド(Public Image Ltd)である。ジョンライドンはセックスピストルズでダブやレゲエに影響された音楽をやろうとしたができなかったので、パブリック・イメージ・リミテッドを結成した。POPTONES。


2、展開

 (1)、イギリス

  ・このニューウェーブの動きを前衛化していった代表的なバンドがスロッビング・グリッスル(Throbbing Gristle)である。彼らはノイズアバンギャルドをやっているどちらかというとアートというかパフォーマンス色が強い集団である。いわゆるノイズミュージックといわれる音楽の元祖といえるバンドでもある。その後、メンバーがサイキックTV(Psychic TV)というバンドを作りハウスの元祖みないなこともやっている。Hit By a Rock 。


 (2)、ドイツ

  ・ドイチュ=アメリカニシェ・フロイントシャフト D.A.F.(Deutsch Amerikanische Freundschaft)はジャーマンニューウェーブの人たちで、最初の頃はノイズインダストリアルみたいな音だったがどんどんメンバーが抜けていってボーカルとドラムだけになって、ボーカルとドラムとシーケンスしか鳴っていないという音楽になっていった。後のハウスだとかテクノに大きな影響を残していった。Der Mussolini。


 (3)、オーストラリア

  ・フォータス(Foetus)はオーストラリアの人で、インダストリアルメタルの元祖である。非常に密度の濃い鋼鉄のような音楽をやる人である。Clothes Hoist。


 (4)、アメリカ

  ・スワンズ(Swans)はニューウェーブの後のノーウェーブの後に出てきたニューヨークのバンドである。Time Is Money。


3、掟ポルシェ氏の説明

 ・ニューウエーブとは、レコード屋でロックというレコードの棚があって、これはロックにいれとけないなぁという作品がパンクニューウェーブの棚になる。ちょっと異常性がないといけないというか、新しくなければいけないというか、かつてのロックっぽいものを踏襲しようとしていないものがニューウエーブである。

 ・ニューウエーブというのは、本来の音楽よりもその音楽にまったく無関係な付加価値をつけて、その付加価値の部分の幻想を持ってすごいものに見せかけようというところがある。頑固親父のラーメン屋みたいなもので、親父があまりにも頑固なのでこのラーメンはうまいんじゃないかと思えてくるみたいなものである。ロマンポルシェもニューウェーブバンドであり、掟ポルシェ氏がボーカル兼説教を担当している理由である。

 

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ