音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ドリーム・シアター(Dream Theater )第二の金字塔をたてる

world rock now 20011221

伊藤政則「ドリームシアターのニューアルバム。前作は「Metropolis Pt. 2 : Scenes From A Memory」というコンセプトアルバムで、非常に絶賛されて世界的にもセールス的にも大成功をおさめたアルバムで、彼らの最高傑作、金字塔といわれているアルバムなのね。」

大貫憲章「じゃあこれ(Six Degrees Of Inner Turbulence)は駄作ですか。」

伊藤「金字塔の次ぎね。最高傑作の次ぎはすごく難しい。」

大貫「金字塔をたてちゃったら次ぎはないからなぁ。」

伊藤「これはね。第二の金字塔。俺ね、驚いたんだよ。」

大貫「マイルストーンみたいなものだったんだな。」

渋谷陽一「あきれてものがいえないよ・・・。」

伊藤「曲聞いてないのにあきれるんじゃないよ!!本当にね、進化の先にまだ進化があった。自分たちがそれを乗り越えているという。まあ聞いてみてください。」

渋谷「13分52秒もあるんですけど・・・。もうちょっと準備させてくれよ・・・。今からおびえてるんだけど・・・。」

大貫「どの変が聞き所なんですかね。」

伊藤「全部です。」

大貫「トイレ行こうと思ってる人もいるからさぁ。行けないじゃないですか。」

伊藤「これはね。ストーリーになってるんですよ。原子心母だってエコーズだって一つのコンセプトだったわけでしょ。安心してください。今度のアルバム一番長いので四十何分っていうのもあるんですよ。それはやめました。」

大貫「番組終わっちゃうからね。」

伊藤「非常にライブで再現するのも苦労するくらいギターとかキーボードとかもがんばってる・・・。」

大貫「やんなきゃいいんじゃないんですかね。」

伊藤「何をいってるの。彼らは苦労するような曲を作ってそれをライブでやるのが・・・。」

大貫「苦労したいんだ!!」

伊藤「そうそう。バークリー音楽院出身ですよ。」

大貫「苦労人だ。必殺苦労人。」

伊藤「・・・。じゃあ曲行きます。ドリームシアターでThe Glass Prison。」


渋谷「ちゃんとリスナー起きてたかなぁ。」

伊藤「なにいってんのよ。君達ちゃんと起きて首振ってたじゃないのよ。」

渋谷「ミキサーの人がこの手のものが好きで完全に世界に入っていたんですけれども、私は世界に入れなかったんですけれども。」

伊藤「渋谷聞いてて、ここはクリムゾンだな、ここはELPかとかね言ってたじゃない。」

渋谷「引用ばっかりなんだよ。だから創造性が全然ないしなぁ。」

伊藤「君達もどっかでおわってるよ。こんなに創造性をかき立たせる・・・。」

渋谷「どこに創造性があるんだよ。引用ばっかりじゃないかよ。」

伊藤「いずれにしても彼らはピンク・フロイドだとかラッシュだとかそういうプログレとメタリカみたいなのが好きで、この二つをあわせたことをやっているわけでありますけれども。」

渋谷「やっぱり引用じゃないかよ。あわせてやってるっていうから。」

大貫「言葉尻がすきでしょ。」

渋谷「ただラッシュっていうのは分かるね。非常にラッシュっぽいよ。」

大貫「嫌味な言い方するねぇ。」

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ