音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

KRS-Oneに学ぶヒットチャートから落ちてゆくとどうなるのか

world rock now 20021108

 KRS-Oneはネリー(Nelly)と対立しています。ネリーといっても日本ではあんまり知られていませんが、アメリカではとにかく売れ倒しているというナンバーワンヒップホップアーティストであります。KRS-Oneというのはブギーダウン・プロダクションズの創始でございまして説教グセがあります。KRS-One「ヒップホップっていうのはやっぱり黒人の魂の・・・。」ネリー「うるせんだよ。親父はよ。もっと楽しくやろうぜ。」KRS-One「許さん!!」みたいな感じでKRS-Oneは怒っております。ネリーを叩き潰すという意味でこのThe Mix Tapeという作品をつくったわけであります。この作品のなかでDown The Charts、つまりチャートを落ちていくっていう曲で歌詞が最高なんでちょっと紹介したいと思います。

 チャートのポジションを気にしている奴ら。

 お前らに欠けているのはハートそしてアートなんだ。

 そんなお前らに救いとなるような何かを知らせてやる。

 1位の時はみんなが群がり、

 2位になってもまだみんなは一緒にいてくれる。

 3位に落ちても人はまだお前を見たがり、

 4位でいても人はお前を好きでいてくれるだろう。

 5位になれば周りはお前を助けようとし、

 6位でもお前はいろいろなミックスに引っ張りだこ。

 7位になれば人は疑いだす。

 8位になるとためらいだす。

 9位になればお前も気づくだろう。

 10位になれば友達が離れてゆくことに。

 11位レコードが売れなくなる。

 12位お前は他の奴らと差がつかなくなり、

 13位になればお前は仕事をしたくなくなる。

 14位自分の価値を見出せなくなり、

 15位お前の最盛期は過ぎ、

 16位お前は過去の人物。

 17位見えなかったものが見えてくる。

 18位になればその意味がわかるだろう。

 19位で女を失い、

 20位になれば金も失う。プレイボーイのウサギちゃんと一緒さ。

 21位もう何も楽しいことはない。

 22位何をしていいのかわからなくなる。

 23位になれば心の安定を求め、

 24位になればお前はもう耐えられなくなる。

 25位お前はどん底を味わう。

 26位お前の作品はオールドスクールミックスに入る。

 27位人はお前に何かしろといい、

 28位お前はじっくり考え始める。

 29位心にゆとりがうまれ、

 30位すべてがダーティーで大切なのはスキルとアートに対する愛情だったことに気づく。

 チャートの上下に誰がいるということではなくて、心の中を見るんだ。

 そしてそこからすべてが始まるのさ。

 オレは永遠にヒップホップを行き続けるのさ。

 マジで。


Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ