音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ユー・リアリー・ガット・ミー(You Really Got Me)のリフを弾いたのは誰か?

world rock now 20041029

 ファースト、セカンドシングルがセールスに失敗し、サードもセールス失敗となればレコード会社からの契約破棄もありえる状況で、まさに勝負の曲としてユー・リアリー・ガット・ミーは選ばれたのです。この曲はミリオンセラーとなり、その後のロックの歴史に影響を与え続けています。発表は1964年8月で40年前の曲ですよ。で、ユー・リアリー・ガット・ミー伝説というのがありまして、スタジオミュージシャン時代のジミー・ペイジが実際にこのリフを作って弾いたという伝説があって、結構いろんなところでジミー・ペイジがしゃべっていたんで、来日したときに「あれってジミー・ペイジさんのギターなんですよね」と質問すると、「どうして君はそういうこと質問するんだね」といわれてですね、「それについていろいろコメントしてたらレイ・デイヴィスにお前そういうことあちこちで言うんじゃないって文句言われたんだよね。あれは一応キンクスの曲だし、僕がやっていたとかじゃなくて・・・。」ということを言っていたんですけれども、結局否定しなかったからジミー・ペイジの仕事だと思うんですけれども、レイ・デイヴィスにとってはあまり面白くなかったのかもしれません。

 ウィキぺディアにはジミー・ペイジが弾いたものではないと書かれていますね。どっちが正しいのでしょうか。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ