音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ホットツナ(Hot Tuna)の6th「America's Choice」について

world rock now 19980320  

 ホットツナというのはですね、ジェファーソンエアプレインというサンフランシスコのサイケデリックムーブメントを代表する、それこそグレイトフルデッドと並ぶ偉大なサイケデリックバンドだったわけですが、その中からJorma KaukonenとJack Casadyの二人がジェファーソンエアプレインから独立して、わりとロックな佇まいというよりはもっとブルースというかフォークというかそういうような方向性をわりとクリアに打ち出した別ユニットを始めて、最終的にジェファーソンエアプレインから脱退してしまうんですね。その後永遠ホットツナというのは活躍をはじめるんですけれども、活動していた当初は、私はジェファーソンエアプレインは大変好きなバンドだったんですけれども、「全くブルースとか趣味の方向に走りやがって」みたいな勝手な解釈をしていて、バンドそのものは好きだったんですけれどもちょっと軟弱かなぁとおもっていたんですけれども、その後ジェファーソンエアプレインはジェファーソンスターシップと名前を変えてとんでもないことになりまして、ジェファーソンエアプレインだかジャーニーだかわからない産業ロックバンドとしての道を突き進んで、街を築き上げてうんぬんみたいなやたら道徳的な曲(We Built This City)を作って大ヒットして、お前らそのへんのものを壊そうと歌ってたんじゃないのかよぉっと怒りを覚えたおぼえがあるのですが、そういうものと比較すると、ホットツナにいったJorma KaukonenとJack Casadyはわりと自分達の音楽性をクリアーに打ち出し、そして一貫性をもってやっていたそういう人たちだったのかなぁと改めて再認識したのであります。ここになってホットツナのCDがリイシューされたので、そういえばこういうバンドもいるんだよとみなさんにお聞かせするのもいいかなぁとおもってここでは紹介するのであります。Funky #7。


「ジェファーソンエアプレインだかジャーニーだかわからない産業ロックバンドとしての道を突き進んで、街を築き上げてうんぬんみたいなやたら道徳的な曲」と散々な評価のジェファーソンスターシップWe Built this Cityです。



Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ