音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ワープド・ツアー(Warped Tour)、エアジャム(AIR JAM)の功績

world rock now 20051021

 今はメロコアというのは一つのジャンルとして確立して産業的にも強固なものになっているんですけれども、こうしたシーンを作った大きな要素として、こういうバンドがいっぱい集まってやるワープド・ツアーというものがあるんですね。新人からベテランまでメロコア的なバンドがいっぱい集まってものすごく安い値段で全米をまわって、子ども達を集めてこうしたバンドの情宣活動を行うというワープド・ツアーの働きはすごく大きいし、日本においてもフェスというのは定着して、コンサートとは違う新しいライブの形態というのは日常化してきているわけですけれども、もし次になにがしかの動きがあるとしたらこういうワープド・ツアーのようなものなのかもしれません。新人バンドもワープド・ツアーに出ると何万人という観客の前で演奏できるし、しかもある程度音楽的な傾向性が絞り込まれているわけですから自分達の音をちゃんと聞いてくれる人がそこにいるという、そこにチャンスが与えられるというのはすばらしいことで、そこから大きくなると今度はワープド・ツアーを支えるバンドになっていくという、いい新陳代謝が起こっているメディアとしてフェスが機能しているなぁという感じがします。日本においても、エアジャムというものが同じような効果をだしていますけれども、ワープド・ツアーの功績も大きいと思います。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ