音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

レイ・デイヴィス(Ray Davies)はへそ曲がりじゃないとつまらない説

world rock now 20060217

 言うまでもなくキンクスの中心メンバーでありロック史に燦然と輝く歴史をたくさん残しているすばらしいアーティストであるレイ・デイヴィスが自分のソロを発表しました。Run Away From Time。


 レイ・デイヴィスはもうおっさんを通り越しておじいちゃんに近づいてる年齢なんですが、今回の作品はそういう自分と正直に向き合い、ぐずぐず言わないで時代と呼吸して素直にやっていこうという、年寄りの僻みみたいなところから脱しよう、またニューオリンズで音を作ったりしているんですが、レイ・デイヴィスというとブリットポップのゴットファーザーみたいな言い方をされるんですが、それは違うと。俺はアメリカの音楽からすごく影響を受けていて、すごく好きで、ただキンクスってアメリカのユニオンから一度拒否されたことがあって、そうした意味で彼自身アメリカに対して複雑な思いがあって、アメリカ的なものを拒否していたところがあるけれども、そういうのも全部だそう、とにかく素直に出そうというのが今回のアルバムになっていますが、私から言わせるとそんなレイ・デイヴィスなんて面白くない。やっぱりへそ曲がりじゃないとつまらないじゃんみたいなところがあってですね、全体としてニューオリンズと素直な曲と、このRun Away From Timeも昔の自分から逃げ出すんだという曲なんですが、そういうのがアルバムの主要トーンになっているんですが、一曲だけそうじゃないのがあって、私はそれをかけたいと思います。Stand Up Comicという曲なんですが、レイ・デイヴィス自身が「すでに言ったように僕は過去と決別しようといろいろやってみたわけだけれども、過去というカタログはあらゆる意味で自分についてまわる。僕は別人になりたかった。思慮分別のある素敵な人間に。そんなときにこのStand Up Comicは新しいプラットホームにわが身を置こうとする僕を妨害するかのように出来上がった。この小さい悪夢はずっと僕につきっきり。僕を困らせてよりよい自分になろうとすることを拒否させる。」と言っている曲なんですが、これはどういう曲かというと、「な~んだ若い奴なんか糞くらい」みたいな曲なんですね。これですよ。レイ・デイヴィスは。


 陽気な楽天家がオスカー・ワイルドを気取り
 流行の追っかけ屋は今はこれがヤバイねなんて言う

 ウィリアム・シェークスピアが今週のくだらない言葉に選ばれ
 違った意見を言おうものならまるで思いっきり骨董品扱い

 ノエル・カワードは生きるのが困難になり芸人はバカなことをいいみんながあざ笑う
 それがどうした 流行っていうところだろう

 昔はそんなんじゃなかった でも昔はバカは少しだけ
 今は回りはバカだらけ 道化が屁をしりゃ客も屁で返す

 陽気な楽天家がしゃれ者をきめこみ
 アグロカルチャーを創造するとかくだらないことを言う

 チンピラどもはやたらと機転をきかし
 ワーキングクラスヒーローは髪を染める

 去年褒められたヒーローが舞台にでると今年はみんなに野次を飛ばされる
 それがどうした マナーっていうところだろう

 昔はそんなじゃなかった でも昔はバカは少しだけ
 今は回りはバカばかり 芸人があくびをすりゃみんなあくび

 それだけのことさ

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ