音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ビートルズ(The Beatles)小史 その2

1、7th「リボルバー」(Revolver)

 ・日本公演の一ヵ月後に発売された。スタジオで作られた実験的なサウンドで、ビートルズの新時代を感じさせた。一方で、ライブでは歓声にかき消されて自分達の演奏もよく聞こえない状態であり、1966年のライブを最後にビートルズは大観衆の前から姿を消した。

 

2、8th「サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド」(Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band)

 ・長時間スタジオにこもって完成させた史上初のコンセプトアルバムである。ロックを芸術の域まで高めたといわれ、時代に大きなインパクトを与えた。

 

3、All You Need Is Loveの世界同時衛星中継

 ・1967年、泥沼化するベトナム戦争に対して、ビートルズはAll You Need Is Loveを世界同時衛星中継で3億5000万人に向けて歌った。

 

4、9th「マジカル・ミステリー・ツアー」(Magical Mystery Tour)

 ・ポールを中心に製作された同名テレビ映画のサウンドトラック。中期ビートルズを代表するカラフルな名曲のオンパレードである。この頃からビートルズの主導権はポールが握り始める。

  

 

5、10th「ザ・ビートルズ」(The Beatles)

 ・二枚組みで発売され、通称は「ホワイトアルバム」。それぞれの個性が際立った全30曲の中には四人が別々にレコーディングした曲も多い。ライブツアーをやめて二年たちビートルズはまとまりを失っていた。

  



6、11th「イエロー・サブマリン」 (Yellow Submarine) 

 ・ジョンの関心はだんだんビートルズからはなれてゆく。



 

7、ゲット・バック・セッション (Get Back Session)

 ・1969年1月、原点に帰ろうということでポール主導でセッションが行われる。しかし、かえってメンバー間の温度差を浮き彫りとする結果となった。1969年3月12日、ポールはリンダ・イーストマンと結婚、1969年3月20日にはジョンがオノ・ヨーコと結婚し、ビートルズはそれぞれの道を歩き始める。

 

8、12th「アビイ・ロード」(Abbey Road)

 ・1969年7月、最後のアルバムを作るために四人は再び集まる。最後のチームワークが完成度の高い名盤を生み出した。

 

9、13th「レット・イット・ビー」(Let It Be)

 ・1970年4月10日、ポールのビートルズ脱退が報道される。ゲット・バック・セッション (Get Back Session)をまとめたこのアルバムで、ビートルズは八年間の歴史に幕を下ろした。

 



10、解散後のビートルズ

 ・1994年、BBCラジオ出演時の音源が「ザ・ビートルズ・ライヴ!! アット・ザ・BBC (原題:Live at the BBC)」としてリリースされる。

 ・1995年から1996年にかけて、デモテープやライブなど資料的な音源集である「ザ・ビートルズ・アンソロジー (The Beatles Anthology)」がリリースされる。

 ・2003年、オーケストラなどを取り除いたリミックスである「レット・イット・ビー...ネイキッド(Let It Be... Naked)」がリリースされる。

 ・2006年、アメリカ編集盤を紙ジャケットで復刻した「ザ・ビートルズ '65 BOX」がリリースされている。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ