音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ロキー・エリクソン(Roky Erickson)の生き様から生まれてきた音楽

20101217

大貫憲章「この作品が今年一番すごいと思ったものなんですけれども、ロキー・エリクソンという13thフロア・エレベーターズ(The 13th Floor Elevators)という1960年代のアメリカのサイケガレージのバンドのリーダーだった人の作品です。しかも、彼らはテキサス州オースティンの出身で、当時サイケが流行っているから俺達もサンフランシスコで一旗揚げようぜということでやったら、一曲(You're Gonna Miss Me)だけ当ったんですよ。しかし、そこで勘違いしちゃってアルバムを一枚作ったんだけど、この一曲だけでダメになっちゃって、そこからが彼の悲惨なというか、すごい人生のはじまりなんですよ。故郷のオースティンへ一回帰るんだけれども、周りは人気者が帰ってきた、しかも当時ヒッピーブームだから、彼らに会いに来ていろいろなイケナイ貢物を出すんですよ。ロキーもイケナイものだと知りつつもみんな頂きましょうみたいなことをやったら、とうとう少しずつ心が病んでしまって、警察とトラブルがあったりとか、捕まったりして病院送りになってしまったんですよ。そして、そういう生活とシャバに出るみたいな生活の繰り返しを20年以上もやっていて、その間に13thフロア・エレベーターズの見直しみたいなものが時々行われていたじゃないですか。1990年代から特にね。プライマル・スクリームとかもやってましたけれども、そういうリスペクトしている人たちが出てきて、ようやく今年新譜が出て、これがすばらしい。「True Love Cast Out All Evil」というタイトルがいいんですけれども、真の愛が全ての悪魔を葬り去るという。とにかく聴いて頂きたいと思います。」

 

渋谷陽一「すばらしい。これはすごい。買う俺。」

大貫「この人の生き様から生まれてきた音楽というのも。」

渋谷「物語もすごいけれども、音だけで全然いい。さすが大貫さん。」

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ