音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)は実はオアシス(oasis)を再結成したがっている説

20111021

 ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズでAKA... Broken Arrow。

 

 今回のアルバムはライナーノーツで彼自身の発言を読みますと、「オアシスでは10曲がすべてひとつの物語をつづるような、あるいはどこまでもすべてにまとまりがあって感情と音楽の旅に出られるといったアルバムが作れなかった」と。だから「このアルバムはひとつの物語を形成するようなアルバムを作った」といっております。アルバムの物語は一曲目のEverybody's on the Runから始まります。この曲は「二人の人間が今いる場所が嫌だからここから逃げ出そうといっている歌なんだ」と発言しております。Everybody's on the Run。

 

  誰もが自由になりたくここじゃない違うところに行きたいという、そうして旅を始めるという曲でアルバムは始まるわけですけれども、その後にいろいろありまして、「最終的には自分達が逃げた場所は最初にいた場所とちっとも変わらないということに気がつくんだ。で、まさにそれがStop the Clocks、これがアルバムのラストナンバーなんですが、この曲が歌ったいることなんだ。もといた場所に戻ろうぜって。隣の芝生は必ずしも青いわけじゃないってことなんだよ。」っていう結論になるみたいです。

  時計を止めて世界を巻き戻してくれ
  お前の愛で俺を寝かせてくれ
  そして朝が来る頃には音がなくなっているんだ
  箱に鍵をかけて俺の意識のバックシートに置いてくれるがいい
  夜が明けたら俺はどこで目覚めるんだろう

  時計を止めて世界を巻き戻してくれ
  お前の愛で俺を寝かせてくれ
  そして朝が来る頃には音がなくなっているんだ
  そして今夜が明けても何も聞こえては来ないんだ

 というナンバーでございます。どうなんでしょうかね。なんか深く読むと、オアシスをやりたいのかなぁと。これはメンバーに対するメッセージというか世間に対するメッセージなのかなぁという。一曲目も結構、自由を求めているけどさぁ、そうはうまくいかないんだよねっていう。これも自分とリアムに言ってるのかなぁみたいな。いろいろな解釈のもとにナンバーを聞いていただこうと思います。Stop the Clocks。

 

 ノエル・ギャラガーのソロ作は成功しちゃいそうですよね。イギリスでは評価が高いみたいですけれども、オアシスはどんどん遠くなっていくのかなぁとも思ったりもします。でも逆に、ものすごく成功するとオアシスは近づいてくるのかなぁともいろいろ考えちゃったりします。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ