音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

レッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)の歌メロを作っていたのはロバート・プラント(Robert Plant)である説

20140912

 ロバート・プラントの新作「Lullaby And... The Ceaseless Roar」というアルバムを紹介したいと思います。つい最近、サマーソニックでロバート・プラントが来日してライブを聞かせてくれたんですけれども、当然レッド・ツェッペリンナンバーもたくさんやりましたけれども、この最新作からもたくさんやったんですが、ここでRainbowという曲を聞くんですが、この曲もサマーソニックでロバート・プラントは演奏したんですが、なんとロバート・プラントが現れる時にはちょっと小雨が降っていたんですけれども、このRainbowをロバート・プラントが歌い始めるとなんと雨がパッとやんで陽が差してきて、会場の上には大きな虹がかかったという嘘のような本当の話があります。みんなロバート・プラントを見ずに虹を見ていたと、ロバート・プラントは虹の方は見えないで客席しか見えなかったのでいったい何が起こっているんだと、そういう奇跡がありました。虹をよんだ曲Rainbowでございます。

 

 このアルバムは、そしてライブもThe Sensational Space Shiftersというバンドと一緒にやっているんですけれども、このメンバーがすごくよくてワールドツアーなんかでもずっと一緒にいて、ロバート・プラントと音楽世界を作ってきていて、その世界観がライブでもこのアルバムでも一体的に表現されていて、バンドの世界観がそのままロバート・プラントの世界観になっているという。今聞いていただいてもわかりますように、すごくいい作品になっております。続いてはSomebody Thereという曲を聞くんですけれども、そうは言っても私の立場上ツェッペリンとの文脈の中でロバート・プラントを語りたくなるんですけれども、この曲は非常にいい曲であるというのが選曲の理由の一つと、それからこの曲を聞くとツェッペリンの歌メロってやっぱりロバート・プラントが作っていたのは間違いないという、そういうことを感じられるナンバーでございます。Somebody There。

 

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ