音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

アンディ・ベル(Andrew Bell)、変わり身が早い

20141205 

児島由紀子「90'sUKシューゲイザーバンドのトップスター、ライド (Ride)がなんと再結成するんです。それで来年の5月と6月にUK、ヨーロッパ、北米、カナダをライブするんですね。そして、チケットがもうすでにグラスゴー、マンチェスター、ロンドン、ニューヨークももう即ソールドアウトだったんです。」

渋谷陽一「その時代青春だった人にはたまらないでしょうね。」

児島「そうですよね。シューゲイザーって彼らが解散して以後もいろいろな所で再評価されているじゃないですか。リバイバルして。日本でもアメリカでもブームが起こっていましたよね。その元祖みたいなバンドだったわけです。アンディ・ベルがビーディ・アイ (Beady Eye)を解散したでしょ。あれで多分タイミングが合ったんでしょうね。」

渋谷「そうですね。」

児島「なんかビーディ・アイ解散の数週間後にライド再結成というニュースがアンディーのソーシャルメディアに出ていまして、すごいなぁ、この人変わり身が早いなぁって感心してしまったんですけれども。」

渋谷「それが原因で解散したんじゃないかと。」

児島「いやそうじゃなくて、もう一人のフロントマンのマーク・ガードナー(Mark Gardener)の発言によると、ザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)の再結成をみて、僕らも再結成をすればうまくいくんじゃないかと思ったそうです。それが原因なので、ビーディ・アイの解散とは全然関係ないと言っております。でもタイミングを考えれば、アンディを待っていたのは明らかですよね。」

渋谷「そうですね。アンディを待っていたのは明らかですけれども、それを言ってしまうと身もふたもないので。でもファンとしてはうれしいですよね。」

児島「うれしいですよ。この頃のギターロックって本当にかっこよかったですよね。」

渋谷「そうですね。本当にギターロックが信じられていた時代ですからね。」

児島「特にライドの場合は青い轟音というか、いかにも思春期的な内省と轟音が入っていたから、日本のファンには非常にうけたようで。」

渋谷「そうですね。日本でも非常に人気が高かったです。」

児島「というわけで、さっそく私はロンドンライブのチケットをとりまして、来年5月に見に行きますので。」

渋谷「やっぱりイギリス本国においても、もともとシューゲイザーってイギリス的だし、イギリスが発祥の地ですが、日本でもいまだに熱心なファンがいて再評価が明らかにあるんですけれども、イギリスにおいてもそういう動きははっきりあるんですね。」

児島「何回も小さなリバイバルはあったんですよ。でも日本やアメリカみたいに大きなリバイバルではなかったですね。ライドを再結成するということで、イギリスでも大きな再評価ブームみたくなっています。」

渋谷「それではライドのナンバーを。児島さんがぜひこの曲をということでLike a Daydream。」

 
  

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ