音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

等身大のジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)とは?

1、等身大のジャスティン・ビーバーとは?

20151127

中村明美「ジャスティン・ビーバーの新作「Purpose」を紹介したいと思います。ジャスティン・ビーバーといえば世界的なアイドルとして知られていますが、彼の最新作はアイドルと言ってしまうだけでは物足りない、それ以上の興味深い作品になっています。アイドルはたいてい寿命が短くてというのが当たり前になっていますが、彼もそれを自分でも気づいて、前作はジャスティン・ティンバーレイク(Justin Timberlake)がティーンアイドルから大人のミュージシャンにうまく変貌したので、それに倣って僕もがんばってただのティーンアイドルではないアーティストになりたいというのが作品に強く出てしまって、当時は18歳で作品は悪いものではなかったのですが、、すごく背伸びをしすぎてしまった作品で、彼のファンもついてきていないなぁと、頑張りすぎた作品になってしまったなぁと思いました。しかし、今回は、今21歳なんですけれども、彼の年齢にふさわしい等身大でファンも喜ぶ内容にしつつ、興味深い作品になりました。その大きな理由は、多分彼自身がジャックユー(Jack U)と言いまして、スクリレックス(Skrillex)とディプロ(Diplo)という今のEDM界を引っ張っていく二人に出会って、シングル曲を作ったんですね。それがなかなかいい曲で、Where Are U Nowという曲なんですが、歌詞も「君は僕がすごく必要としているときにどこにいるの」というすごくシンプルな内容を繰り返していくものなんですが、スクリレックスとディプロというDJ二人のおかげで、それがすごくシンプルでありながらも興味深いという聞きごたえのある曲で、EDMの曲なので今のシーンにもすごくマッチしているという。彼としてもすごく大ヒットを飛ばした曲で、それをきっかけとして前作のように頑張って作りこみすぎなくても、等身大ですごくいい作品ができるのではないのかと彼自身も気づいたようで、全体的にもEDM的な、すごくシンプルなんだけれどもちょっと面白い作りになっております。エド・シーラン(Ed Sheeran)なんかとも共演しているんですが、エド・シーラン節を発揮しすぎないで、聞きごたえのあるバラード曲を作っています。歌詞の内容も、アイドルなんだけれどもその辛さというか、自分がそれで失敗してしまったという結構内省的な歌詞になっていて、その失敗というのは、僕は完璧な人間ではないんだから仕方がないと。それで自分がなぜこんなに頑張っているのだろうと目的をなくしてしまったんですけれども、みんながいるから僕は頑張れたという所にかえっていくという、Purpose、つまり目的を見つけるという内容になっていて、そこらへんも素直で無理してなくていいなぁと思いました。」

渋谷陽一「そうですね。エド・シーラン、スクリレックス、それからナズ(Nas)なんかとも一緒にやっている意欲的な作品なんだけれども、僕も前作はこれは焦りが出すぎだろうという感じがしてたんだけれども、今回はバランスがいいみたいですね。そちらの評価も高いんですね。」

中村「そうですね。シングルもヒットしたし、ジャックユーとのシングル曲はメディアも大きく褒めたりしていて。前回の時は、ライブに行ってみると、彼が背伸びして6歳くらいの女の子が頑張って見ているという状況だんたのですが、今回はファンも喜ぶようないい内容になったんじゃないのかなぁと思います。」

渋谷「それではそのジャスティン・ビーバーの最新作から聞いてください。What Do You Mean?。」

 

2、ジャスティン・ビーバー、魂の叫び

20151204

 ジャスティン・ビーバーは世界的な大アイドルでございますけれども、彼の三年ぶりの新作が感動的なアルバムであるというリポートをニューヨークの中村さんのリポートでやってもらいましたけれども、そこで一曲聞いていただきましたが、もう数曲紹介したいと思います。まずは一曲聞いてください。Love Yourself。

 

 今回の作品はスクリレックス(Skrillex)からナズ(Nas)まで多くの優れたミュージシャンのサポートを得て、素晴らしい作品に仕上がっております。ジャスティン・ビーバーの物語というのはファンにとってはよく認識されている所ですけれども、10代の頃にものすごい天文学的な成功を収めてスーパースターになったんですけれども、その後10代後半から奇行が目立ち始め、社会的になかなか認知されないような行動や発言を多発するようになって、どうしたんだジャスティン・ビーバーは、みたいなことを言われて、結局激しいバッシングをうけてアメリカ国内ではなんと国外退去を求める署名が26万人も集まってしまったという、それくらいアイドルからバッシングの対象へと転落をしたわけです。その逆境の中でもういっぺん自分が立ち直って、僕はちゃんとしたメッセージでこういう風にやるんだという戦いの中から勝ち取ったのが今回のアルバムで、初登場ナンバーワンになってこのクオリティーで、だからこそ自分の中の自分自身の気持ちをきっちりと伝えクオリティーの高いものを作らなければならないという思いのもとで作られたのがこのアルバムになっているんですよね。最近大きな音楽賞でパフォーマンスをした後に泣いてしまっていますけれども、彼自身やっぱり多くの人に裁かれてるみたいな気がしていたと。でもその中で自分はちゃんとしたパフォーマンスができて、そこで泣いてしまったと。21歳、ジャスティン・ビーバーのその魂の叫びがこの作品の中に込められております。ナズ(Nas)がフューチャリングされているナンバーを聞いてください。We Are。

 

 

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ