音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ラモーンズ (Ramones)スタイルのロックンロールをかっこよくやることは難しい説

20160429 

 ラモーンズって、まさに3分ロックというか、そこにこそロックの最も正義があるという、バンドの存在そのものにおいてしっかり主張して、そしてそれを多くの支持者に認めさせてきたものすごいロックバンドだと思います。ひょっとすると3分以内のロックというと多くの人がすぐこのラモーンズを連想するかもしれません。Sheena is a Punk Rocker 。

 

 これぞラモーンズという曲なんですけれども、アマチュアバンドでラモーンズが好きというバンドは多いですし、まずはこれをやってみようという音楽的なスタイルがラモーンズであったりするバンドも多いわけです。で、すごく簡単そうに見えるじゃないですか。ところが最も難しいのがこのラモーンズスタイルのロックンロールで、これをかっこよくやるということは、ハイテクニックなヒュージョン系の音やメタル系の音でなにがしかかっこつけるよりも、このシンプルなもので3分以内ですごくグルーヴのあるロックンロールを作るというのはむつかしくて、たいていがダメになってしまうんです。ラモーンズスタイルのロックンロールでそれこそラモーンズ以降ですごくサクセスしたというのは、本当にいないんですよね。いかにこのラモーンズというバンドがものすごいのかということが、彼らの曲を聞くたびに思い知らされます。
 
 

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ