音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

2016年、アルバムをCDで発売しないミュージシャンが増える

20161216 
  
中村明美「2016年の年間ベストについてご紹介します。アメリカのメジャーメディアが2016年のベストアルバムを次々と発表しています。全体的にみるとダントツで一位になっているのが、ビヨンセ(Beyonce)のレモネード。テーマ的にも人権問題を扱ってすごく目標の高い作品を作ろうとして、それを実際に形にした能力があったと絶賛されているんですけれども、音楽的にもビヨンセにしたらすごく珍しく、ジェイムス・ブレイク(James Blake)とか、ジャック・ホワイト(Jack White)など新しい才能とコラボをして、ありがちな有名なプロデューサを起用した作品ではなかった、彼女自身も挑戦しながら、しかも彼女はいままで優等生的な感じで歌を歌ってきたんですが、いままで見せてこなかった自分のエモーションをむき出しにした作品であるということで、非の打ちどころのない作品なので、すごく絶賛されています。それ以外に注目すべき点は、今年はカニエ・ウェスト(Kanye West)、フランク・オーシャン(Frank Ocean)、チャンス・ザ・ラッパー(Chance The Rapper)というヒップホップとR&Bの天才的の作品が今年を代表する作品として年間リストに必ず入っているんですけれども、彼らはアーティストとしてすばらしい作品を作っただけではなくて、三人ともCDを発売しなくてですね、ストリーミングのみでアルバムを発表したという。さらに、フランク・オーシャンとチャンス・ザ・ラッパーに関してはもうレーベルにも所属していないと、自分のみでアルバムを発表していくという、アルバムの内容だけではなくてそのあり方に関しても先を見ている、新しいミュージシャン達が出てきているという点も注目されました。あと注目すべきは、レナード・コーエン(Leonard Cohen)とデヴィッド・ボウイ(David Bowie)。彼らは今年亡くなってしまった偉大なるスターなんですけれども、亡くなる前に発表した最後の作品が亡くなる前から絶賛されていて、二人とも死を予期しながらすばらしい作品を作ったということで、そこらへんが偉大なるアーティストの偉大なる所以だなと思います。ロック勢はなかなか振るわなかったんですが、レディオヘッド(Radiohead)がさすがにリストに入っておりまして、その他は若者なんですがカー・シート・ヘッドレス(Car Seat Headrest)が必ずリストにはいっておりました。今日ご紹介したいのはミツキ(Mitski)という25歳のブルックリン出身の若い女性シンガーです彼女は日本人とアメリカ人のハーフではあるんですけれども、世界各国を転々としておりまして、サウンドを聞いていただければわかると思うんですが、90年代のアメリカインディーロックっぽいサウンドが聞こえてくるんですが、日本のポップミュージックのようにも聞こえてきて、そういうものを重ねながら、独自のポップソングとして強靭な音を作っております。まだ25歳なんですがこれから楽しみな才能なので、今年聞いていない人はぜひ今年が終わるまでに聞いていただきたいです。」

渋谷陽一「なるほど。基本的に2016年は豊かな年だったなぁという気がしますよね。」

中村「そうですね。激動の年だったことと関係しているのかもしれませんけれども、去年に引き続きすばらしいアルバムが出まくったすばらしい年でした。」

渋谷「たくさんのアーティストの名前が登場しましたが、ここではミツキさんという日本人とアメリカ人のハーフの女性シンガーを聞いていただこうと思います。90年代のインディーロックのみならず、彼女は中島みゆきやユーミンのファンだということなんですけれども、いろいろな音楽的要素がたくさん入っている、でもこの一曲を聞いていただくとどれだけすごいものなのかがすぐにわかると思います。Your Best American Girl。」



 ※ 2012年7月から始めたWorld Rock Nowのメモが約4年半かかってやっと最新の放送までたどり着きました。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ