音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

山下達郎、ジェームス・ブラウンを語る 独裁者ジェームス・ブラウン

20160503 「今日は一日“JB(ジェームズ・ブラウン)&ファンク”三昧」より

吉岡正晴「There Was a Timeをご紹介いただきたいんですけれども、これを選んだ理由というのは。」

山下達郎「これが好きなだけです。その後にかける曲につながるので、伏線があるので。」

吉岡正晴「ではThere Was a Time。68年の段階です。」



吉岡正晴「このThere Was a Timeは達郎さんは大好きで、こういう曲を自分で作ろうと思われることはあるのですか。」

山下達郎「このThere Was a TimeのギターがDmなんですが、これで一番近いのは高気圧ガールですかね。このThere Was a Timeはこの時代のジェームス・ブラウンにしてはメロディーがはねないんですよ。だから日本語がのりやすいというか、こういうリズムのポリリズムのグルーヴ感で自分だったらどういう曲を作るのかと。だから真似じゃないんですよ。そういうインスピレーションなんですよ。JBにはなれないから、JB的なものは何かと自分の中であるんですよ。自分にとってJBとは何かというのがあって、ヤンキーの人がダンスフロアで踊るファクターとは違うね。」

吉岡正晴「それは何なのですか。」

山下達郎「だから、ドラムとベースとギターと、JBってキーボードがいないんですよね。ギターバンドなので。あとはブラスでしょ。だから非常に特異なグルーヴを持っているんですけれども。そういう、自分がギターを弾くという、もともとドラムを叩いていたから、そういう所から考えて、ジェームス・ブラウンのリズムの構築のやり方というのがあってね。そういう非常に独裁的な、絶対にパターンを崩さないという。この後、Live at the Apolloの67年のライブの、There Was a Timeの後ろ側がレコード化されているんですけれども、これはタイトルが全然違ってI Feel All Rightと。俗にいうLittle Groove Maker Meと言われる曲なんですが、シングルで出す予定がキャンセルされたんです。今のThere Was a Timeの後で、これは本当にディスコで人気があって、お客とやりとりをするんですよね。客がズレたりして、JBも途中で裏表が逆になったりして、ご愛敬があるんですけれども、これはもう最高の、JBのライブの1シーンを切り取った音としては最高のものです。それがだんだんみんなであってきて、ブラスが入っていくる所が筆舌に尽くしがたい。」

吉岡正晴「これはシングルでは、当時リリースがされなかったのですか。」

山下達郎「されていません。」

吉岡正晴「今はこのCD集に入っている。」

山下達郎「しかもステレオということでありがたいことです。」

吉岡正晴「じゃあその曲をご紹介しましょう。ジェームス・ブラウンで、アルバム「It's a Mother」からI Feel Alright(The Little Groove Maker,Me)。」

 

山下達郎「この5分何秒で全く余計な事をやらないでしょ。ずーっとキープしているでしょ。これは命令なんですよ。普通の日本人だったら絶対にアドリブを弾き始めたり、途中でバリエーションをいれたりするんですが、JBは絶対に許さない。そこで、いわゆる普通のファンクと言われるものとJBのファンクの違う所なんですよ。」

吉岡正晴「普通のファンクは仲間と一緒に作っていく感じですけれども、ジェームス・ブラウンは一番上にJBがいて、その配下にミュージシャン達がいて、絶対的命令というか、絶対的指導者として組織図ができていると。」

山下達郎「もともと戦前のジャズというのは、ビックバンドジャズじゃないですか。だから一番ジャズが商業的に成功しているのが1930年代ですから、その時はみんな譜面を見ながらフルバンドで、4トランペット、4トロンボーン、5サックスがリズムセクションという。それがビックバンドジャズの中でアドリブをやっているのがだんだんつまらなくなっていって、仕事が終わった後にサックスとドラムとベースとみんな集まってナイトクラブでやったのがいわゆるバップと言われるモダンジャズなんですよね。そのモダンジャズから洗練されてぬいていったのがファンキージャズと言われた運動があって、ジャズファンクじゃないですよ、ファンキージャズ。それとR&Bのファンクというものが似ているんです。だからファンクにしろファンキーにしろ自由度というものがすごく重要なんですけれども、ジェームス・ブラウンだけは一切自由がないんです。でもそれが生む継続的なグルーヴが、5分10分聞いているとだんだんだんだん不思議な高揚感があって、そういう意味ではミニマムミュージック的なものもあるし。」

吉岡正晴「不思議ですよね。同じリズムをずっとキープしていくとだんだん高揚していくという。これはジェームス・ブラウンの音楽の特徴でもありますよね。」

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ