音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

山下達郎、ジェームス・ブラウンを語る 山下達郎が選ぶジェームス・ブラウンの最高傑作とは

20160503 「今日は一日“JB(ジェームズ・ブラウン)&ファンク”三昧」より

吉岡正晴「ジェームス・ブラウンのバラードで一曲。」

山下達郎「バラードの最高傑作は71年のI Criedだと思いますね。デビッド・マシューズ(David Matthews)がいたので、このすばらしいオケが作れたのでしょうね。歌い出しの所のフレージングが全然他と違うんですよね。」

吉岡正晴「つまり普通のシンガーとは比べものにならないと。」

山下達郎「比べものにならないですね。これはオケもすばらしいので、それにまた彼が感応して、普段以上のものが出てきていると思います。」

吉岡正晴「ではその曲をご紹介したいと思います。ジェームス・ブラウンの71年の作品でI Cried。」



吉岡正晴「達郎さんはジェームス・ブラウンではこのI Criedが最高峰であると。」

山下達郎「一番オケに無駄がないというか、これはデビット・マシューズが後からやり直してピアノを入れているとかそういう感じもありますよね。あまりに歌とオケの整合性がものすごくとれているんです。ずば抜けてとれていますね。」

吉岡正晴「例えば、自分がストリングスアレンジとか、いろいろな方にアレンジを頼んで、自分の作品にストリングスを入れたり、そういう時って例えばデビット・マシューズのアレンジとか、その辺の作品群が頭に浮かんだりしますか。」

山下達郎「しますけれども、それが実現できるかどうかはまた別問題ですよ。」

吉岡正晴「でもこれが山下達郎さんが選ぶスローバラードの最高峰、それが今のI Cried。そして、アップテンポで最高峰の曲はこれだという曲をかけるんですが、解説をいただけますか。」

山下達郎「71年のI'm A Greedy Man。これもやっぱりオケがよくできているんですよね。ブラスの8小節のリフが二つパターンあるんですけれども、それが延々繰り返されるんですけれども、ジェームス・ブラウンは気ままにワンコードでやっているんですよ、で、どこをどうやってもそれがうまく合うんですよ。そういうブラスのループはなかなか珍しい。これも多分デビッド・マシューズが関わっていると僕は信じているんですけれども、プロデュースとアレンジはジェームス・ブラウンになっていますけれども。デビュー時からずっと聞いていますけれども、これが一番完成度が高いかなって。これもABでパート1と2なんですけれども、ストレート盤というか、ノンストップ盤を今日持ってきました。」

吉岡正晴「ではご紹介しましょう。ジェームス・ブラウンでI'm A Greedy Man。」

 

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ