音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

世界で最もサンプリングされたミュージシャン、ジェームス・ブラウン

20160503 「今日は一日“JB(ジェームズ・ブラウン)&ファンク”三昧」より解説は吉岡正晴氏です。

1、世界で最もサンプリングされたミュージシャン、ジェームス・ブラウン

 ジェームス・ブラウンでFunky Drummer。

 

 Funky Drummerという曲は、ジェームス・ブラウンのヒット曲で、1970年にシングルが出て、ソウルチャートで20位にしかなっていないのですが、当時はあまりヒットしなかったのですが、その後ヒップホップのアーティスト達がこの曲のいろいろなパートをサンプリングするようになって、ものすごく知名度が上がった曲なんですね。発表された当時よりもサンプリングされた90年代の方がこの曲はヒットした感じなんですね。このFunky Drummerのいろいろな所が使われているんですけれども、サンプリングする方もパートパートによって、この部分を使ったりとか、あっちを使ったりとかいろいろあるのですが、ジェームス・ブラウンのレコードというのは最も世界でサンプリングされているアーティストなんですね。その中でもこのFunky Drummerは、ジェームス・ブラウンの作品の中でも最もサンプリングされている作品なんです。このジェームス・ブラウンのFunky Drummerをサンプリング曲にどのようなものがあるのかについてちょこっとだけ聞いていただいて、こうやってサンプリングされているんだということをご紹介したいと思います。まず、ファイン・ヤング・カニバルズ(Fine Young Cannibals)で I'm Not The Man I Used To Be。

 

 これはお分かりだと思いますが、ドラムのチキチキというのとギターがFunky Drummerから使っているんですね。ジェームス・ブラウンのFunky Drummerを元に作った曲というのは、ヒップホップ系のラップのアーティストが圧倒的に多いのですが、こういう普通のR&Bの歌ものでも使われるというところが、ジェームス・ブラウンのリズムの普遍性というか、そういう所があるのではないのかと思います。次の例をご紹介しましょう。Run DMCのBeats To The Rhyme。

 

 これもFunky Drummerのドラムの一部をとって、そころループでまわすようにしてやっているんですね。だから、これもFunky Drummerから生まれた一曲と。そしてもう一曲、R&BグループのTLCのShock Dat Monkey。

 

 これもドラムの所がまさにFunky Drummerなんですが、時々テンポをはやめたりとか、遅くしたりして使っているんですけれども、この元ネタはジェームス・ブラウンのFunky Drummerというわけなんですね。だから、Funky Drummerの例を挙げると600曲くらい、もっとかな、どんどん増えているので、いろいろな曲にサンプリングされているのですが、今度はサンプリングされた曲をご紹介いたしますので、元曲は何かということを想像してください。Eric B. & RakimでEric B.Is President。

 

 こういう感じで、このリズムパターンですね。これがジェームス・ブラウンのあの曲をサンプリングしているんです。かわって、 LL Cool Jで6 Minutes Of Pleasure。

 

 これも先ほどのEric B. & Rakimと同じようにジェームス・ブラウンの曲がサンプリングされています。もう一曲例を挙げましょう。DJ Jazzy Jeff & The Fresh PrinceでWho Stole Your Car?。

 

 ヒップホップ系のアーティスト達がこぞってサンプリングをしているこれらの曲の元ネタをお分かりになったでしょうか。正解はこの曲です。

 

 ジェームス・ブラウンの大ヒット曲であるFunky President。このリズムがヒップホップの世界で大人気で、いろいろな人達がこれをサンプリングしております。ジェームス・ブラウンはヒット曲は80年代の半ばくらいで止まってしまうのですけれども、彼が作り出したリズムというのはすごく革新的で、すごく踊るにも適していたことから、60年代から70年代のジェームス・ブラウンの作品の中からのリズムが80年代90年代にヒップホップのアーティスト達によってたくさんサンプリングされました。そして、ヒップホップのアーティスト達がジェームス・ブラウンの曲のサンプリングをすることによって、ジェームス・ブラウンのリズムを作るアーティストとしての価値が90年代以降にものすごく上がったんですね。そういう意味でジェームス・ブラウンの再評価という動きが改めて出てきたんです。ジェームス・ブラウンをリアルタイムで体験した人たちと、それと同時にジェームス・ブラウンの世代からは全然若い、それこそ子どものような世代の人たちと架け橋にもなったということにもなるんですね。サンプリングという手法はそもそも80年代にはなかったんですけれども、そういう機材の発展によってそれができるようになって、それがまた新しい音楽の動きを作るようになったんです。

2、ヒップホップ黎明期のサンプリング事情

オダイジュンコ「ヒップホップ黎明期の頃は、版権の使用料の問題とかで相当グレーゾーンで、そういう部分が大変でどうなるのかなぁと思っていたら、普通になりましたね。」

吉岡正晴「そうですね。いまはサンプリングの許諾を得る専門の会社があって、この曲をサンプリングしたいというと、そこの専門の会社がその曲の権利を持っている会社と交渉をしてくれて、その人たちが事務レベルの話をするんですけれどもね。最初の頃で言うと、シック(Chic)のGood TimesのベースリフをRapper's Delightでシュガーヒル・ギャング(The Sugarhill Gang)がサンプリングした時は、なんの断りもなくやっていて、それをナイル・ロジャース(Nile Rodgers)達が訴えて、それで名前のクレジットをいれることになったという。

  


 だけれども、今はそういうプロたちがいるので、権利関係もうまく処理されるようになっています。プリンスももともとはジェームス・ブラウンの大ファンで、ジェームス・ブラウンの曲をサンプリングした作品があるのですが、その中から1991年にリリースされたGett OffのリミックスEPにFunky Drummerをサンプリングした曲があります。Prince And The New Power GenerationでGangster Glam。」

 

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ