音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

日本とイギリスにおけるジャミロクワイ(Jamiroquai)の人気の差

20170210

児島由紀子「6年ぶりにニューアルバムを出すジャミロクワイについてです。ついに新曲が公開されたばかりなんですけれども。」

渋谷陽一「どうですが、イギリスでの評判は。」

児島「非常にいいですよ。いまこちらで流行っている80年代のディスコ風ですよね。」

渋谷「なるほど。一番得意なパターンですよね。」

児島「たしかにそうですけれども。一緒に公開されたビデオも世紀末的なイメージで。」

渋谷「ちょっとこのインターバルが長かったので、ファンの間ではちょっと不安があったりしていなかったんですかね。」

児島「でも前作も、その前のアルバムから5、6年ぶりでしたので。」

渋谷「優雅ですね。」

児島「この人の場合、もう一生働かなくても遊んで暮らしていけるくらいのお金を稼いでいますので。」

渋谷「車もいっぱい持ってますしね。」

児島「そう。もうあの車のコレクションだけで一生遊んで暮らせますよ。すごい大邸宅を持っていましてね。庭にボート漕ぎができる池があるんですよ。」

渋谷「でも、新しい才能がたくさん出てきて、ジャミロクワイっていうのはある意味ちょっと最先端であるという所が売りなアーティストなんですけれども・・・。」

児島「そうですね。ジャズファンクとかが再評価された時にまさにぴったりのサウンドですよね。」

渋谷「そうですね。じゃあ、イギリスの方でも待って甲斐があったとそんな感じですか。」

児島「そうなんですよ。実はジャミロクワイってこっちでは、おしゃれ過ぎてその面で非常に軽薄だということで批判されていたんですけれども。環境問題を歌ったりするじゃないですか。そういうのもあって、凄い批判されていたんですね。日本では非常に人気がありましたけれども。でも今回の新曲はこっちでもすごく評判がいいんですよ。」

渋谷「ちょっとあざといという感じで、みんな敬遠していたんだけれども・・・。」

児島「そう。本来のジャミロクワイに戻ったみたいな。」

渋谷「楽しいのが最高だぜみたいな。」

児島「変な政治的な発言をしなくなったみたいな。でもこの新曲のビデオは十分に政治的メッセージですけれどもね。」

渋谷「じゃあまた新しいジャミロクワイの黄金時代が始まるかもしれない。ツアーもやるし日本にも来るんですよね。」

児島「そうなんですよ。こっちもツアーというかヘッドライナーライブが3月下旬くらいからはじまるんですね。」

渋谷「なるほど。じゃあ楽しみですね。」

児島「楽しみですよ。私も頑張ってチケットを取りたいと思います。」

渋谷「日本でジャミロクワイは大変人気があると児島さんは言っていましたけれども、私はドームでジャミロクワイを見ましたからね。今の20代くらいの若い洋楽ロックファンにはどういうイメージなのかわからないですけれども、復活したジャミロクワイをチェックしてみたと思います。Automaton。」

 

渋谷「まさに80年代のディスコサウンド、一番得意とするサウンドを聞かせてくれたわけですけれども、児島さんも言っていましたけれども、このジャミロクワイを率いますジェイ・ケイのキャラ。とにかく車をいっぱい集めるわ、とにかく大邸宅には住むわ、その軽薄さがイギリスでは大変評判が悪いという現地ならではの情報をいただきましたけれども、これもこれでジェイ・ケイのキャラとして彼自身は意図的にやっている所もあるんじゃないのかなぁと、そんな感じもします。」

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ