音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ケンドリック・ラマー (Kendrick Lamar)、カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)、フライング・ロータス(Flying Lotus)の音の印象は、サンダーキャット(Thundercat)の音であった説

20170303 

中村明美「サンダーキャットというアーティストをご紹介します。最近西海岸で革命的ともいえるような音楽が多く生まれてきていると思うのですが、例えばヒップホップではケンドリック・ラマー (Kendrick Lamar)とか、ジャズではカマシ・ワシントン(Kamasi Washington)、エレクトリックシーンならばフライング・ロータス(Flying Lotus)とかこれまでなかったような音楽を取り入れながらどんどん前進している、画期的な音楽シーンが各ジャンルにあるんですが、このサンダーキャットというアーティストはこの三人と仕事をしていて、コラボレーションをしています。もともとは音楽一家に生まれていて、すごく楽器も何でも弾けて、ジャンルもいろいろなものがこなせるということで、R&Bからソウルからエレクトリックからメタルまでやってしまうというすごく器用な面があるので、そういうことも生かされて、こういういろいろなジャンルの人たちと仕事をしているんだと思います。彼の作った最新作のすばらしいところは、そういういろいろなジャンルというものを自分ひとりでやってしまっている所で、このアルバムはR&Bもあるし、エレクトリックもあるし、ジャズフュージョンもあるけれども、少しずつそれが異端である。超メジャーというわけではないのですが、カッティングエッジというか、すごくクールなバージョンをやっているのが彼の音楽なんですけれども、この音楽の聴きどころといいますか良いところは、ケンドリック・ラマーだとかファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)とか、彼がこれまで一緒にやってきた優秀なアーティストがこのアルバムに参加しているという所と、ケニー・ロギンス(Kenny Loggins)とかマイケル・マクドナルド(Michael McDonald)みたいなアーティストとも一緒にコラボレーションをして、そういうものをかっこよくしてしまえる才能があるというか、そこが面白いところだと思います。最近は、カニエ・ウェスト(Kanye West)から始まったと思いますが、ビヨンセ(Beyonce)なども最近の若いインディーロックバンドなど才能ある人達とコラボレーションをしながら音楽を前に進めてきたようなところがあるので、彼もその一端にいるということで、注目していただければいいと思います。」

渋谷陽一「ジャケットを見たんですけれども、すごく笑えるジャケットで、水から目だけボコッと河童みたいに顔を出しているというもので、きっとこの人面白い人なんだろうなぁと。これだけいろいろな人と合うということは、音楽的なこともさることながら、キャラが親しみやすいんだろうなぁと思ったりしたんですけれどもね。」

中村「そうでしょうね。そういうこともあっていろいろな人とコラボレーションができると。」

渋谷「それでもサンダーキャットを聞いてください。Where I’m Going。」



渋谷「今回のアルバムはわりと歌ものというか、彼自身が歌っているんですけれども、そういう方向性にアルバムのコンセプトはふられているんですけれども、でもやっぱりベースを聞きたいですよね。超絶ベース聞いてください。Uh Uh。」



渋谷「今回のアルバムの特徴的なのは、一曲一曲が短い。全部で24曲入っているんですけれども、それでも十分な世界が表現されている所を聞いてください。3AM。」



渋谷「本当にこの作品はジャンルもいろいろ超越していて、そして一曲の短さとか構成とか、ありとあらゆるものに冒険、そして実験が試みられております。そうした意味でいろいろなジャンルを超越して不思議な世界に行っているこの曲が一番象徴的だと思うんですけれども、アルバムのクロージングナンバーでマック・ミラー(Mac Miller)がフューチャーされたナンバーです。Hi。」



渋谷「サンダーキャットがどういうアーティストとやっていたのかを中村さんに紹介していただきましたけれども、ケンドリック・ラマーもカマシ・ワシントンもフライング・ロータスも音の印象はこのサンダーキャットのベースの印象だったんだなぁと。どのアーティストの作品にもめちゃくちゃクリアにサンダーキャットのベースの刻印がおされていて、これほどキャラの立ったベースはすごいし、今のモダンな非常にボーダレスなブラックミュージックの一つのテイストを作っているのがこのサンダーキャットなんだと。よくいろいろな音楽的なジャンルがクロスオーバーをして、ロックとかジャズとかソウルとかそういうような区分けだけでは語れないどんどんそういうポップミュージックが作られていっているという話をしたことがありますけれども、そうした意味でこのサンダーキャットの存在はすごく象徴的な感じがします。今回このアルバムにはマイケル・マクドナルドとかケニー・ロギンスとかそういう彼にとってはちょっと遠い存在のアーティストがフューチャーされていてビックリしたんですけれども、僕は一種の洒落なのかなぁと、マイケル・マクドナルドって僕は苦手だなぁと、きっとサンダーキャットもそんなに好きではないんだろうなぁと思っていたら、資料を読むと、「僕はマイケル・マクドナルドみたいなミュージシャンになりたんだ。彼こそが僕の目標なんだ。」と書いてあって、「えっ、マジ・・・。」と。私的にはせっかくのドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers) を破壊した男マイケル・マクドナルド。AORにしてしまった男マイケル・マクドナルドで敵キャラだったんですけれども、もっと広く心を大きくもって、通常のジャンルなど考えずに音楽の面白さや楽しさを見ているサンダーキャットにとっては、自分のアーティストの目標がマイケル・マクドナルド。なんかすごく私的には反省を促されました。要するに音楽というのは従来的な思い込みからどんどん離れていろいろな形に変化していくんだなぁと、それをサンダーキャットに教わる渋谷陽一、そんなところでございました。」

 参考)、ドゥービー・ブラザーズ (The Doobie Brothers) はマイケル・マクドナルド(Michael McDonald)が加入してドゥービー・ブラザーズではなくなった説


Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ