音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

エド・シーラン(Ed Sheeran)に学ぶ、最近のミュージシャンは自分がなぜ表現をするのか、みんなに何を伝えたいのかということを分かりやすい言葉で表現をするスタイルが一般的である説

20170310

 エド・シーランの「÷」を聞いていただこうと思います。たった二枚のアルバムで世界を制服してしまった、最近ほとんどCDが売れないこの状況の中で全世界で2000万枚。本当に新人としてこれだけ成功をおさめて、まだ25歳の若さながら頂点に立ってしまったアーティストであります。それだけに彼自身これからどうしていくのか、セカンドアルバムを作る時にすごく悩んだというドキュメンタリーを僕は見た事がありますけれども、「たいていセカンドアルバムで落ちちゃうんだよね。だからそうならないようなセカンドアルバムを作らなきゃ」って。でもその危惧はまさに危惧で終わって、大成功を収めてしまったんですけれども、だからこそ今度のアルバムというのは彼の中でプレッシャーがあったと思います。結論からいうと素晴らしい作品になっております。一曲目と二曲目を聞くんですけれども、今のポップアーティストというのは明らかにヒップホップの影響を受けていて、自分がどんな大衆的でポップな音楽だとしても、自分がなぜそれをやるのか、そしてそれをやることのリアルとは何なのか、そしてみんなに何を伝えたいのかというのを、本当に日常的に開かれた言葉で表現するというスタイルが、すごく当たり前になってきております。それが今回のエド・シーランの歌の中でもものすごくクリアになっております。一曲目はEraserというアルバムオープニングナンバーなんですけれども、ここでこのアルバムがどういうアルバムなのかということを、ある意味ヒップホップ的なサウンドも取り入れながら表現されております。

  小さな街の中で生まれたというあの感覚を忘れてしまった僕
  主が住まう家で歌を覚えてでも9歳でやめてしまった
  こうして賞をもらえるようになった今忘れている
  乗らざるをえなかった波のこととか
  遊んだ道の石畳とか
  おかげで冴えない毎日だった
  あの頃の僕の人生にたっぷりあった苦悩のせいだ
  友達も家族も人をうらやんでばかり
  誇りをもっていいはずなのに世の中がはむかってくるとこの時ばかりに僕はいきいきとして
  悪魔が誘いをかけてくる日々を意気揚々と乗り越えようとする
  前は思っていたんだ
  自分の曲を持って世界をツアーすることよりいいことなんてありえないって
  完璧な人生という絵柄を探し求めていたんだけれども
  多分絵を描いた人間が間違えたんだと思う
  お金はあらゆる悪につながる道
  名声は地獄だ
  築き上げてきた人間関係も心もそれが壊してしまう
  だけど誰も見たがらない
  そんな人がしんみりしている所なんて
  なぜなら夢を実現させて楽しくやっているはずの人だから
  分かってほしいReverend Run気取りで説教しているわけではないんだ
  お願いだから失望しないで
  こうなってしまった僕を
  12歳の時に14号線を走りながら父親と話した話がある
  こういう夢を追いかけるしかないと僕に教えてくれたんだ
  父さんこうしてみんなの前で演奏するようになったよ
  みんなが僕を知っている
  ボロボロの小さなギター
  いつも同じジーンズ
  ウェンブリー・スタジアム(Wembley Stadium)の群集24万人
  僕は成長したかもしれないね
  ダミアンが自慢に思ってくれたらいいけど
  そして次の世代へときらめきは伝わっていく
  世界は憎しみにあふれているかもしれない
  でもどんどん消していこう
  なんとかして
  自分でもよくわかっているんだ
  僕みたいな男を没落させるいくつかの物事を
  そういいながらまたほしくなるわけだけれども
  辛さを忘れるためにもう一つ
  僕は一人で平気だから
  このままここにいるよ
  君のその愛情深い両腕は雨の日用にとっておいて
  僕は僕なりの痛み消し慰めを見出すさ
  ようこそ新しいショーへ  
  知ってると思うけれどもしばらくご無沙汰していたんだ
  これから僕がどこへ向かうのかそれは誰にも分らない 
  僕の心は変わらないまま
  ようこそ新しいショーへ
  知ってると思うけれどもしばらくご無沙汰していたんだ
  これから僕がどこへ向かうかそれは誰にも分らない
  僕は僕なりの痛み消し慰めを見出すさ

 という、まさに今現在自分が何を考え、どういう立場にいて、そしてこのアルバムをどういう気持ちで作ったのか、何をみんなに伝えたいのかということを本当に赤裸々に歌っているわけですね。そしてこの後にCastle on the Hillという、リードナンバーとして聞いていらっしゃる方もいると思いますが、この歌から自分の幼少時代をテーマにした、自分の生い立ちを反映したようなビデオクリップが印象的ですけれども、曲につながっていきます。

  6歳の時に足を折ってしまった
  兄貴はその友達から逃げようとしていたんだ
  転げ落ちながら山肌の草の甘い香りを味わったっけ
  子どもだった僕戻りたいよ
  自分の気持ちに気が付いてそのまま傷ついていたあの頃に
  友達を作ったり失ったりしながらも過ごしてきた年月
  うねるように輝く草原なんてもう長い事見ていない
  僕は大人になってしまったんだ
  だけど待ちきれない故郷を訪ねるのは
  今行くよ時速90マイルで
  田舎道を飛ばして
  口ずさむTiny Dancer
  懐かしいなあの頃の気持ち
  リアルに感じる
  あの丘の上に建つ城の向こうに沈む太陽を見ていた時のこと
  服を売ると出ていった友達が一人
  一人は海辺で働いている
  子どもは二人いるのに一人暮らしというやつがいたり
  兄貴が過剰摂取とやらをやらかしたそんなやつがたり
  はやくも二人目のカミさんがいるやつもいる
  ギリギリ生きているやつもいるけれども
  そういう人たちが僕を育てるんだ
  だから楽しみだよ故郷を訪ねるのが
  今行くよ時速90マイルで
  田舎道を飛ばして 
  答えなんか知らなかったけれども
  懐かしいなあの頃の気持ち
  リアルに感じる
  あの丘の上に建つ城の向こうに沈む太陽を見ていた時のこと 

 完璧ですよね。この二曲で驚きました。みんなにも驚いてもらおうと思います。Eraser。



 Castle on the Hill。


 いっぱりかけたい曲はあるんですけれども、今回は彼の珍しいメッセージソングをかけたいと思います。What Do I Know?という曲です。

  お立ち台にする木箱はないんだけれども神様は僕にくれたんだ
  ステージとギターと歌を
  父さんから言われたよ
  政治と宗教と他人のもめ事には首を突っ込むな
  僕は自分で絵を描こう
  舞台は自分で作るさ
  僕に子どもができたらきっとどういう意味か分かってくれると思う
  僕は伝えにいくから
  家族から受け継いだものを
  つまりは愛と理解と前向きな生き方
  人はこの世界を丸ごと変えられるのかもしれないんだよ
  ピアノとベースとギターがあれば
  あとはビートにのって飛んでいく
  僕なんか若造で一人芝居をやってるだけだし
  大卒の資格もないけれども神様はわかっている
  愛は世界を変えられる一瞬にして
  でも僕に何が分かる
  愛は世界を変えられる一瞬にして
  でも僕に何が分かる
  革命が近づいているあと一分だ
  行進してくる人々の姿が見える
  今日あの街を
  僕らはみんな愛と憎しみでできていて
  その両方がカミソリの刃の上でバランスをとっている
  人はこの世界を丸ごと変えられるかもしれないんだよ
  ピアノとベースとギターがあれば
  あとはビートにのって飛んでいく
  僕なんか若造で一人芝居をやってるだけだし
  大卒の資格もないけれども神様はわかっている
  みんなの話題は指数関数の伸びとか株式市場の崩壊とか自分達の履歴書とか
  その中で僕はじっとしている
  自分が書いた曲を抱えて
  愛があれば一瞬で世界は変わるといいながら
  とは言え僕に何が分かる

  
 ベースとピアノとギターがあれば世界を変えられるという、すごくストレートなメッセージの曲を聴いていただきました。  

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ