音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

日本オタク、ベック(Beck)

20160726 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 2016年の3日間のフジロックで圧倒的にベックがすごかったです。すごいセットでしたよね。20年間やっていたから、ベックの20年間が走馬灯のように散らばっていく、そういうセットでした。本当にこれはフジロックじゃなきゃやらないだろうなというベストセット。紅白歌合戦でしか歌わない曲があるみたいな、それと同じくらいのサービス精神を持ったベストヒットをやって、最後、Where It's Atの中で、途中でメンバー紹介をするというフリをしていって、Strawberry Fields Foreverでジョン・レノン(John Lennon)への、クイーン (Queen) のAnother One Bites the Dustでフレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)への、そしてChina Girlでデヴィッド・ボウイ(David Bowie)への、そして1999でプリンス(Prince)へのオマージュ。つまりは亡くなってしまったロックスターへのオマージュと敬意をサラリとやっていく、あの姿には涙がでましたね。彼はヘッドライナーじゃないですか。でもベックの次にグレン・ミラー・オーケストラ(Glenn Miller Orchestra)をみんなでオマージュしようという、そういうショーがあってんですけれども、順番でいくとこれはベックが最後になるべきなんですよ。なんでならなかったのかというと、ベックが「僕は新幹線で東京へこの日のうちに帰りたいんだ」って言ったらしいんですよね。別に車でも帰れるじゃないですか。かえって車の方が早かったりもするんですよ。でもベックは、この日のうちに東京に戻りたかっただけではなくて、新幹線に乗りたかったらしいんですよね。この日本オタク度最高ですよね。ちなみに、ベックは新幹線に乗り遅れてバスで帰ったようですけれども。上越新幹線は田中角栄が作ったから、お金かかってて、線路の構成がすごくいいんですよ。ベックはそこまでわかっている人だと思います。あそこまでの日本オタクはいないですから。前のフジロックだって、ホテルオークラを手配されて、断ったんですよ。当時渋谷にセルリアンホテルとか、高給ホテルがなかったので、「高級ホテルはないよ」って言ったら、「いや、そういうことじゃないんだよ」って。「僕は東急ハンズに一番近いホテルに泊まりたい」言って、泊まって、高級しゃぶしゃぶの食べ放題があるホテルの所にとまって、ここは多分一泊1万円くらいですよ。そこにベックが泊まって、東急ハンズのパーティーコーナーでシールを買いまくったんですよ。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ