音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

日本の4つ打ちダンスロックバンドとヨーロッパの4つ打ちダンスロックバンドの違いとは

20170117 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 トゥー・ドア・シネマ・クラブ(Two Door Cinema Club)でWhat You Know。



 1月12日と13日に新木場Studio Coastで2daysで、トゥー・ドア・シネマ・クラブの来日公演がありました。ギューギューの満員状態だったんですけれども、この曲はアンコールで演奏されました。このバンドの代表的な曲であり、アンセムになっている曲なんです。こうやって聞いてると分かるように、4つ打ちダンスロックバンドとして、つまりアシッドハウス以降、デジタルロックというものがケミカル・ブラザーズ (The Chemical Brothers)とかから生まれてきて、そしてDJカルチャーの中から再びDJカルチャーを取り入れたバンドが、トゥー・ドア・シネマ・クラブやフレンドリー・ファイアーズ (Friendly Fires)などヨーロッパ、そしてオーストラリアからたくさん出てきてました。 そして、このバンドはこのような中で世界の最前線を走っているんですけれども、この曲を聞いていてフッと思ったんですよ。やっぱり日本の4つ打ちロックバンドとヨーロッパの4つ打ちロックバンドは根本的に違うなと。何が違うのかというと、根っこにあるのがフォークとR&Bの違いだと思うんですよね。日本の音楽というのは根本のところにフォークミュージックがあって、フォークミュージックはリズムよりも旋律、そしてその旋律の中からはかなさを感じさせるマイナーコードを使う巧みさみたいなものが音楽の中にあって、そのあらかじめ跳ねない人達の音楽を跳ねさせるのが4つ打ちダンスロックだったりするんですけれども、白人音楽ってやっぱりアメリカから生まれてきた黒人音楽の中にあるR&Bであるとか、ロックンロールの元祖の中にある黒人音楽であるとか、そしてこの50年間の中で最大の革命であったヒップホップ以降のブレイクビーツであるとか、そういうそもそもグルービーで、そして跳ねていくリズムみたいなものが根本にあって、その上で4つ打ちのダンスのロックバンドをやるという、その根本にあるフォークと黒人音楽の違いによって、ノリ方が全然違うんだなぁと思いました。だから、僕は日本のバンドで今は活動停止をしてますかれども、the telephonesとかが一番近いなぁと思うんですけれども、the telephonesって全くフォークがないんですよ。だからこそトゥー・ドア・シネマ・クラブみたいなバンドに近い感覚なのかなぁと思います。さらに面白いなと思う事は、日本のバンドってダンスミュージックのリズムを入れた時に跳ねを意識して曲を作ったりレコーディングをしていくんですけれども、海外のバンドって逆に跳ねを抑えにかかったりするんですよ。クールな音楽にするためには、ちょっと跳ねを抑えようねみたいな。ポリス (The Police)のEvery Breath You TakeとかU2の楽曲とか、コールドプレイ(Coldplay)のViva La Vidaとかも、もっと跳ねようと思えばいくらでも跳ねられるんですけれども、クールにするために抑えているんですよ。日本人の場合はセンチメンタリズムから始まるから、跳ねを意識してどんどん過剰に跳ねさせていくという根本的な違いみたいなものがトゥー・ドア・シネマ・クラブのライブと楽曲を聞いていて面白いなぁと思いました。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ