音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

レディオヘッド(Radiohead)、Creepをライブでやるようになる

20170707 

児島由紀子「今年のグラストンベリーでヘッドライナーを務めたレディオヘッドについてです。「OK Computer」の20周年盤が出たじゃないですか。しかも、リリースされたその日にグラストンベリーのヘッドライナーということで、みんなアルバムの完全再現ライブじゃないかと直前まで期待していたんですよ。そういう噂があったんですけれども、やっぱり違いました。グラストンベリーは毎年BBCで中継されるんですね。私もBBCの中継でフルセットを見たんですけれども、「OK Computer」の曲は7曲やっていましたので。」

渋谷陽一「かなり聞くことができたんですね。」

児島「かなり再現してくれたと思いますよ。もちろん、Paranoid Androidとか、Karma Policeとか、「OK Computer」からの曲ではないですけれども、Creepもちゃんとやってくれまして。」

渋谷「すごいですね。最近割とそういう感じですよね。」

児島「そうなんですよ。一時Creepをやるのを嫌がっていましたけれども、ここ数年はちょくちょくやるようになっていますよ。」

渋谷「そうですね。自分達が求められるものが何であるのかが・・・。」

児島「そう。その辺、少しづつ態度がやわらいできているみたいです。」

渋谷「リマスター盤に入っている、それこそライブでしかやっていなかった楽曲もやはりすばらしいし。」

児島「そうですね。未収録曲のMan of War。これはすごく90年代っぽくて、初めて聞いたときはスウェード(Suede)かと思いました。ギターもガンガンはいっていて、今のレディオヘッドとは丸っきり違います。」



渋谷「バリバリロックな感じでいいですよね。」

児島「私はこの曲すごく好きですね。」

渋谷「ファンの評判もいいみたいですね。」

児島「そうなんですよ。今年のグラストンベリーのベストライブアクトじゃないかという噂がすでに出ていまして、全英アルバムチャートでは多分これが一位になるだろうと、今はそういう勢いになっているんですよ。」

渋谷「やはり、レディオヘッドの別格感と存在感はすごいんですね。」

児島「そうですね。これは90年代を代表する名盤ですからね。」

渋谷「ロックを代表する名盤といってもいいくらいですけれどもね。じゃあ、レディオヘッドも今年はがんばってくれるという感じなんですね。」

児島「そうですね。これは世界ツアーにはならないんでしょうかね。」

渋谷「是非やってもらいたいですよね。」

児島「是非、日本にまで行ってほしいですけれども。」

渋谷「本当にレディオヘッドのライブみたいですよね。このジャストのタイミングで。それでは話題の初音源化ナンバーが収録されているんですが、その中の一曲。これはビデオクリップの非常にインパクトがありましたけれども、聞いてください。I Promise。」



渋谷「ほんとうに初音源化された三曲はすばらしいです。勢いにのって、もう一曲聞いていただこうと思います。Lift。」





Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ