音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

U2のボノ(Bono)はカリスマか?ただウザいだけか?

20170818

渋谷陽一「ボノは、ものすごく尊敬されてはいるけれども、叩かれることも多いという、独特の立ち位置にいるアーティストだとおもうんですよ。ニューヨークでセレブが集まる大パーティーがあって、このパーティーに一つ足りないものがある。それはボノがいないと。要するに、何でもVIPが集まる所には必ずボノがいるということを揶揄されているわけですね。ボノとかやっぱりいつもこういう所にいるよねぇって。」

山口隆「僕なんか少年時代に、日本の彼らからすればローカルだと思うんですけれども、ローカルな番組に出て環境問題を話して帰っていくとか、ある日携帯電話にU2の新譜の曲が入っていて、俺なんかはうれしいじゃんって思ったけれども、賛否両論になったりとか。」

渋谷「そうなんだよね。某大手携帯メーカーと配信の契約を結んで、全部にU2の新譜がダウンロードされて、ファンは大喜びしたけれども、みんななんだそれって。ものすごい商業的なキャンペーンじゃないっていう風に思われたわけです。ボノにしてみれば、ファンに喜んでもらって、ネット時代の新しい音楽の在り方についての冒険だと思ったんだけれども、叩かれちうと。そして後からごめんねって言っちゃうと。」

山口「逆にそういう所がU2のスター然としたところなのかもしれませんね。」

渋谷「アフリカへの救済という大キャンペーンをやってそのドキュメンタリーを見たんだけれども、アフリカの支援をものすごくやっているNGOとかNPOの法人から、「あなた現実みてないじゃん」みたなことをガンガン言われて批判されるわけです。ボノもおそれずにそういう場所に敢えて行くわけですよ。そして政治家と握手するというネゴについて「俺なら会ってくれるから」って。それって自分のイメージアップのためでヤバくないって思っても、「俺はボノだから会ってくれるから」って言って、テレビ局を連れて行くわけですよ。それで政治家を説得するという。そこで何かを言われるというのは彼も分かるんだけれども、そこで敢えて手を突っ込んでいく。そして、予想通りに「結局売名行為じゃない」と言われながらもやると。でも、常にアルバムは売れ続け、社会的な運動に対しても常に積極的であるというというポジションを守り続けているという。」

山口「凄いですよね。矢面に立つことを怖がらないし。」

渋谷「カリスマボノという側面と、とにかくウザいボノという、その両方の評価を引受ながらもやり続けるという。」

山口「ロックンローラーの代表という感じがします。」

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ