音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

アメリカン・ミュージックの系譜(8) アメリカ文化の自覚とシンフォニックジャズ(symphonic jazz)

アメリカン・ミュージックの系譜第五回 講師は大和田俊之氏です。

1、ポール・ホワイトマン(Paul Whiteman)とシンフォニックジャズ

 ティン・パン・アレー(Tin Pan Alley)の代表的な作曲家、ジョージ・ガーシュウィン(George Gershwin)。彼は、ポップソングだけではなくて、クラシック的なというかジャズ的なというか、もう少し長い曲も作曲しました。有名なのは1924年に初演されたRhapsody in Blueという曲です。ポール・ホワイトマン(Paul Whiteman)の楽団の演奏で、Rhapsody in Blue。



 演奏しているのはポール・ホワイトマン楽団です。今、ジャズファンでポール・ホワイトマンが好きという人をあまり聞かないんですけれども、当時は、最も評価が高いジャズミュージシャンの一人でした。ジャズというものがアフリカ系アメリカ人の土着的な音楽であるというイメージもまだ残っていたりしていたのですが、それをポール・ホワイトマンはシンフォニックジャズ(symphonic jazz)といって、ヨーロッパ風に当時の価値基準で言えば洗練させたわけです。つまり、アフリカ系アメリカ人の土着的な音楽だと、アメリカの中産階級には下品すぎるので、より格調高いジャズにするということで、シンフォニックジャズというものをやりました。簡単にいうと、ポール・ホワイトマンがジョージ・ガーシュウィンに、ジャズの要素を取り入れてオリジナルな音楽を作ってくれと発注したんですね。

2、アメリカ文化の自覚とシンフォニックジャズ

 1914年から1918年の第一次世界大戦があり、第一次世界大戦が終わって1920年代というのは、アメリカ合衆国が国際社会の中で非常に地位が上がってきました。19世紀まではアメリカ合衆国といっても、イギリスにちょっとついているおまけというと言いすぎですけれども、そんなに文化的に豊かな所だとも思われていないし、あまり教養とか歴史とかがないイメージが強いんですけれども、第一次世界大戦でヨーロッパは疲弊してしまいアメリカ合衆国に借金をするようになって、第一次世界大戦後に国際社会の中でもアメリカ合衆国が覇権を握っていきます。そうした中で、自分達の文化はなんであろうと国の中で問い直していきます。ヨーロッパ文化とは違うアメリカ文化とはどういうものなのだろうということで、ジャズとかブルースはヨーロッパにはないということで、しかしそのままではあまりにもヨーロッパが誇るクラシック音楽に太刀打ちできないので、アメリカならではの洗練のさせ方で、ヨーロッパにはないジャズやブルースをどういう風に世界にアピールしていくのかという機運が国の中にありました。例えば、文学においては、ハーマン・メルヴィル(Herman Melville)の『白鯨』という小説がありますけれども、この作品はメルヴィルが生きている間はほとんど読まれなかったのですけれども、1920年代にメルヴィルリバイバルというメルヴィルの再評価運動が、文壇だけではなくて社会全体で起きます。その時に、アメリカにシャークルピアに匹敵する作家がいた、それがハーマン・メルヴィルであるとされました。それと同じ文脈で、ポール・ホワイトマンの意識としては、ヨーロッパに匹敵するような芸術音楽を、アメリカの音楽を使って作っていきたいということで、Rhapsody in Blueができたという経緯があります。

Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ