音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

アメリカン・ミュージックの系譜(25) ポストモダンとしてのヒップホップ

アメリカン・ミュージックの系譜第十一回 講師は大和田俊之氏です。 

1、サンプリングの発生

 ・ヒップホップ誕生当初のビートの作り方は、ある楽曲のリズムブレイクの部分を取り出して反復させて、両側のAメロとかサビみたいな所を切ってしまうといって方法で行いました。しかし、サンプラーという機材の出現によって、だんだんリズムブレイクの部分だけではなくて、1960年代でも1970年代でもいいんですけれども、昔の楽曲のどこかを抜いて、それを反復させてビートを作っていくという風になっていきます。そして、こういったことをDJの人たちがみんな競ってやるようになります。そうすると、DJにとってのもともと存在する楽曲はどういうものとしてとらえられるのかというと、たとえとしては鉱脈ですよね。この楽曲のどこかを抜いて反復させるとかっこよく新しいビートができる、もっと言うとこの一小節とこの一小節を抜いてつなげて、あるいは逆につなげてビートを作ったりとか、元の楽曲を素材として別の楽曲を作っていくということがだんだん行われていくようになります。

2、ポストモダンとしてのヒップホップ

 (1)、意義

  ・ポストモダンという思想は、日本だと1980年代とか1990年代に建築とか思想の分野でよく言われました。ポストモダン建築はいろいろな時代の要素をごちゃごちゃに組み合わせて作ったものですが、とは言ってもそれは新しく一から作らなければいけないわけですが、ヒップホップは元ある曲をそのままサンプリングしてきて作るわけなので、今思うとヒップホップ以上にポストモダンを体現していたものはないと言えると思います。

 (2)、具体例

  ・今からギャング・スター(Gang Starr)という二人組のMass Appealという曲を聞いていただきます。この曲のトラックの部分がどうやってできているのかというと、Vic Jurisというジャズミュージシャンのあまり知られていないアルバムなんですが、ジャズですから曲があってテーマを弾いた後にギターがずっとソロを弾いて、その後にエレクトリックピアノのソロが始まります。ヒップホップのトラックを作る人のことをプロデューサーと言いますが、このプロデューサーがDJ Premierという人なのですが、どこを抜いたのかというと、ギターソロが終わってエレクトリックピアノが始まったその数音の所を抜いて、ループさせて反復させて、それにビートを加えて曲を作ったんですね。この曲のピアノがずっと繰り返されるフレーズは、Vic Jurisと言う人のアルバムのエレクトリックピアノのソロの最初の数音だということをイメージしながら聞いてみたください。Mass Appeal。



  ドラムの部分は後でプロデューサーが自分で付け加えているわけですけれども、ピアノのフレーズは実際に1979年にリリースされたVic Jurisというジャズミュージシャンのアルバムの一曲目のごく一部なんです。

 (3)、ポストモダンとしてのヒップホップ

  ①、意義

   ・ここで一つの大きな問題が生じます。もし、ギャング・スターのMass Appealがたくさん売れたとして、誰に印税を支払うべきでしょうか。この曲はVic Jurisと言うジャズミュージシャンのアルバムに収録されていますが、しかしエレクトリックピアノを弾いているのはVic Jurisではない人です。この曲が売れた時に、誰に、どのような配分で印税を支払うべきでしょうか。つまり何が問題となっているのかというと、近代的な著作権の概念そのものがヒップホップという音楽実践を想定していないわけです。最近はサンプリングはあまり主流ではなくなってきているんですけれども、この問題はいまでも解決されているわけではなくて、その都度その都度払っているわけですね。

  ②、近代的著作権が想定している創作

   ・近代的な著作権が想定している単一の作者が内面から沸き起こってくる創作みたいなものが作品に投影されて、それが商品となって流通して、売れた場合にその人に報酬が入るというシステムです。しかし、ヒップホップの誕生によって、それとはちょっと違う創作システムがここで誕生したわけです。

  ③、ポストモダンとしてのヒップホップ

   ・近代的著作権が想定している創作ではなく新しい創作とは、もともとある創作物をサンプリングして、別の創作物にしていくわけです。昔の作品を模倣するというのはどの文化にも昔からあったことですが、これだけ大々的に行われているケースは珍しいわけです。ロックなんかはあるアーティストが内面から湧き上がってくる気持ちみたいなものを楽器にぶつけて、その結果できた曲があって、その曲をみんなに聞いてもらうという、その内面に創作のリソースがあるとする創作のモデルがあるとするならば、ヒップホップというのは広大なレコードの中からどこを使おうというように、データベースに検索をかけていくというイメージなんですよね。内面ではなく外部に創作のリソースがあって、これは使える、これは使えないという形でどんどん作っていくというモデルなわけです。そういう意味では、ロックまでは近代的なモデルであったものが、ポストモダンという言い方をしましたけれども、新しい創作のモデルが1970年代のアメリカ、黒人音楽のジャンルで誕生してきたわけです。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ