音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ベビーメタル(BABYMETAL)は昔のアイドルの神々しさを持っている説

20170725 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 ベビーメタルの「5大キツネ祭り in JAPAN」をZepp DiverCity TOKYOで見てきました。8月の終わりまでツアーが続くのですが、今回BLITZとZeppのツアーなんですよ。つまり、ベビーメタルとしてはかなり小さい箱でのツアーで、ライブハウスでの彼ら彼女らのモードがいっぱいつまっているライブになっています。彼ら彼女らと言ったのは、ベビーメタルは三人の女の子がベビーメタルじゃないですか。でも、後ろのバンドがハンパなくて、今日は4人編成だったんですけれども、このバンドの4人と前の3人の7人でベビーメタルをやっている感がハンパなかったのと、1年間たってバンドの音の進化がすごいんですよ。世界中これだけ周って海外では恐るべき存在になっているわけじゃありませんか。ああいう経験値がバンドをバンドにしていったのだと思います。言ってみればバックの4人はセッションメンバーなわけですよね。固有名詞を出して申し訳ないんですけれども、1990年代に筋肉少女隊というすごいテクニシャンがいて、ボーカルだけ大槻ケンヂという歌がうまくない、でもしゃべりがうまくて、MCをライブの半分くらいやってしまうという不思議なバンドがいたんですけれども、このバンドもヘヴィメタルバンドとして超絶テクニシャンが揃っていたんですけれども、超絶すぎて、個の力が強すぎてバンド感がまったくなかったんですよ。でも、ベビーメタルはセッションメンバーなのにバンド感が半端なかったんですよ。それと、前の3人のいたいけさがものすごくて、昨今アイドルって言ってみればみんなトイレに行きそうじゃないですか。指原莉乃さんが一番の象徴だと思うんですけれども、昔のアイドルとは違うわけですよ。恋愛していないといいながら、しているってみんな分かっているし、いろいろなことをしているし、トイレにも行くわけじゃないですか。僕が好きだった頃のアイドルは、アイドルがトイレに行かないとみんなが本当に思っていた、それくらいアイドルが神々しくて、いたいけだったんですけれども、ベビーメタルの3人は昔の神々しかったアイドルを彷彿とさせるんですよ。そして、自我というものをMCもしないし出していかないんだけれども、だからこそ彼女らの背景に何があるんだろうってことを勝手に妄想するという、言ってみればすごく両親の仲が悪いとか、両親がいなかったとかそういう心に傷をもった人たちが、自分の胸に思うものを全部込めて、ひたすらこのヘビーでラウドな音の中で歌を歌って踊っていくという風に見えて、それが僕は芦田愛菜に見えたわけです。潔白すぎて逆に人間ぽくないという、それくらいパーフェクトなライブをするバンド、そして3人であったなぁと思って、非常に感嘆しました。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ