音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

日本ポップス伝(11) ラジオ放送のはじまりとジャズソング

1995年 大瀧詠一の日本ポップス伝第二夜より 

 大正14年(1925)に我が国最初のラジオ放送がはじまります。1925年ですから70年前になりますか。ラジオ放送が始まりまして、3つ放送局ができたんですね。JOAK、JOBK、JOCKとありました。JOAKというのは東京なんです。JOBKが大阪なんですね。JOCKが名古屋なんです。一番最初の本放送が始まった時は、なんと近衛秀麿指揮のシンフォニーオーケストラでベートーベン 交響曲第5番だそうです。ラジオがどういった形で定着していくのかということの一番面白いところは、ラジオが一番有益に使われたというのはこれなんです。



 「ラジオ体操」ですけれども、これは昭和3年11月1日の昭和天皇御即位の礼というのが放送されまして、この記念事業としてはじめられたのがこの「ラジオ体操」なんです。昭和天皇の御即位を記念して作られたのがこの「ラジオ体操」なんですけれども、はじめの趣旨や意図は消えて行って、形が残るということは面白いですね。それで、東京のJOAKでジャズバンドがあったんです。これをJOAKジャズバンドといいます。ここで指揮をしていたり、いろいろなアレンジとか訳詞をしていた人に、堀内敬三さんという方がいます。堀内敬三さんがいろいろな曲をラジオから流して、ラジオでヒット曲がじゃんじゃん出てきます。どのような曲が流行ったのかをまずは聞いてみましょう。曲は「バレンシア」です。

 これが「バレンシア」で、堀内敬三さんが訳詞をしました。レコードになるとかならないの前に、放送局のJOAKジャズバンドでアレンジして、歌手を呼んできて、生で歌わせました。これでじゃんじゃん流行っていったんですけれども、これに目を付けたレコード会社は黙っていませんから、ラジオで流行っている曲をレコードで出すわけですね。洋楽のこのように流行っている曲を、当時はジャズソングと呼ばれていました。いわゆる今考えられている流行歌のおおもとが「東京行進曲」だとすると、ポップス的なもののおおもとはこのジャズソングにあります。そのジャズソングの第一号と言われたのが次の曲なんですけれども、歌手は二村定一と言う人です。二村定一さんが歌うところの「アラビアの唄」です。



 この曲は大ヒットしたんです。これはカップリングだったんですよね。A面B面はなかったと思いますけれども、もう一曲の方は「あお空 」という歌でした。



 この曲は前奏も間奏も長いんですけれども、これはダンスミュージックだったからなんです。だからテンポも速いでしょ。現代になって生活のリズムが早くなってリズムもどうのこうのってよく言いますけれども、テンポの速さで言えば今の音楽よりも数段速いですよね。それは時代の空気も含めてなんですけれども、実は流行歌のテンポはだんだん遅くなっていくということをこれからやっていきます。ここでようやく二村定一と「あお空 」と「アラビアの唄」が出てきました。いろいろなオペラが変化していったと。音頭や新民謡のようなものも出てきて、なおかつラジオの普及とともにジャズソングというものが全国に普及しはじめました。これがだいたい今回のまとめです。次回はジャズソングがどのように変貌していくのかです。

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ