音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ジョニー・マー(Johnny Marr)に学ぶ、イギリスのホームレス問題

20180112

児島由紀子「今年の春にソロの新作を出すジョニー・マーについてです。去年の年末に新曲を出したんですね。The Priestという曲で、マンチェスター出身の女優でマキシン・ピーク(Maxine Peake) という人がナレーションをやっているんですけれども、この詩はエディンバラのホームレスの少年が書いた詩らしくて。ジョニー・マーとマキシン・ピークは同じマンチェスター出身で。このマキシン・ピークは「The Theory of Everything」という映画に出たこともある、もともとは舞台女優だったんですけれどもね。以前からジョニー・マーとは知り合いだったみたいで、ジョニー・マー自身もいつかコラボしてみたいって言っていたんですね。なので、この曲は今年の春出る新作に入るとは限らないですけれども、なんとなく方向性をサジェスチョンしていますよね。かなり意欲的で変わったものになるんじゃなかという気はしますよね。北部イングランドはすごくホームレスが多いんですよね。マンチェスターもそうですけれども。マンチェスターはイギリスで一番治安の悪い地域がたくさんあるところですから。昔からすごく気性の荒い土地だったんですけれども、最近すごいんですよ。」

渋谷陽一「では、ここで語られてる詩もそういった現実を反映している詩なんですか。」

児島「そうそう。まさにそういう現実を反映しているんですよ。」

渋谷「ある意味ヒップホップの世界に近い感じですね。」

児島「グライムってご存知でしょうけれども、こういう感じなんですよ、まさに。だから、これはジョニー・マー流のグライムだと思いますよ。」

渋谷「ある意味すごくモダンなポップミュージックのスタイルになっているんですね。」

児島「そうなんですよ。本当にこの人は才能ありますよね。」

渋谷「この新曲を聞くと、今度の作品はかなり期待できそうですよね。」

児島「非常に新しい切り口が満載になりそうで、非常に楽しみです。」

渋谷「ジョニー・マーの意欲作、マキシン・ピークとともに演奏しているナンバーを聞いてください。The Priest。」


Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ