音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ノーマン・クック(Norman Cook)、結婚して酒を断ったらつまらない男になったと言われ嫁に浮気される

20180202

児島由紀子「4年ぶりにリミックスアルバムを出すファットボーイ・スリム(Fatboy Slim)、ノーマン・クック先生でございます。今度は「Fatboy Slim Vs Australia」というタイトルで、1998年のセカンドアルバム「You've Come a Long Way, Baby 」から20周年記念じゃないですか。それで、最近オーストラリアの若いダンスアクトとかファットボーイスリムに影響を受けた人たちが、ヒット曲をリミックスしているんですね。久々のツアーももうじきオーストラリアから始まるんです。今、オーストラリアは夏でフェスティバルシーズンじゃないですか。だから、それに合わせてこれを出すわけですよ。」

渋谷陽一「なるほど。なかなかの戦略ですね。」

児島「これは若いファンの中から出た話みたいですね。」

渋谷「ノーマン・クックもうれしかったんでしょうね。」

児島「そうですね。だから、本人もオーストラリアからツアーを決行するわけですよ。」

渋谷「一曲聞いたんですけれども、すごくモダンになっていますね。」

児島「そうなんです。中にはNorthlaneというハードロックバンドも参加しているんですね。だから、非常に幅広いですよね。」

渋谷「なるほど。DJからロックバンドまで多様にいるんですね。イギリスでファットボーイ・スリムというとどうなんですかね。」

児島「ライブをやると今でも万単位を必ず集められるくらいの知名度はありますよ。」

渋谷「やはりパワーはあるんですね。」

児島「ただし、新作を長い間出していないじゃないですか。というか、ノーマン・クックは生活面で過去数年大変だったんですよ。浮気をする奥さんのために、別れたり、またよりを戻したりしていたんですけれども、つい二年くらい前に別れたんですよ。イギリスで有名なテレビ番組の司会者なんですけれども、ノーマン・クックは典型的なアルコール好きのパーティーアニマルだったわけじゃないですか。それが、子どもができたからやめなきゃならないと本人はリハビリをしてやめたわけですよ。でも、奥さんは酒をやめた途端につまらない人間になったと言って、次から次に若い男と浮気するようになったんですよ。」

渋谷「すごい話ですね。」

児島「子どもがいるのに。ノーマン・クックも数年苦しめられていたんですけれども、ついに2016年に離婚してしまいました。」

渋谷「じゃあ新しい人生の門出にこういう作品を出したんですね。彼としても気合が入っているんですね。」

児島「そうです。だって1月2月とびっしりと二か月かけてビッシリとオーストラリアをツアーするんですよ。」

渋谷「いいリスタートになるかもしれないですね。」

児島「そうなって欲しいですね。」

渋谷「本当にモダンな音作りになっていて。」

児島「今の若い人が好きなEDMのアーティストの中にも、影響受けている人たくさんいると思いますよ」

渋谷「いますね。それがいい形でこのリミックスには反映されていますね。じゃあ、これからのノーマン・クックの活動は、また別の形で注目されて面白いかもしれませんね。」

児島「そうですね。また今年の夏フェスシーズンとかで来日してくれると嬉しいですけれどもね。」

渋谷「本当に若い世代のリミックスによって、彼の曲がまた新しい表情を見せているという、すごく面白い作品だと思います。Praise Youという彼のヒットナンバーのThe Kite String Tangle Remixで聞いていただこうと思います。」



渋谷「ファットボーイ・スリムのリミックスはめちゃめちゃかっこよかったですよね。少しEDM色も入りつつ、非常にモダンな佇まいになっていて、やっぱりダンスミュージックってすごくリズムのパターンとかアレンジのパターンが、時代的な記名性高いので、その時代に盛り上がったビートはその時代のものという感じがするんですよね。でもそのビートが鳴ったから音楽そのものが陳腐化してしまうのかというとそんなことはなくて、音楽が持っているエネルギーとかいろいろな骨格みたいなものは決して失われることはないわけで、そこにダンスミュージックとしてのリズム感とかアレンジがもういっぺん新しい解釈として入ってくると、その音楽は変わっていくんだなぁと思いました。ファットボーイ・スリムというのは、結構その時代の記名性が高かったですからね。あの時代の匂いがすごく強くて、それはそれで、無責任な楽しさというか、盛り上がり感が僕も大好きだったんですけれども、でもそれが今通じるのかというと、その世界観はちょっと修正がいると思いますが、それを新しい若い世代たちがリミックスして提示したわけですね。」

Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ