音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ザ・ヴァクシーンズ(The Vaccines)に学ぶ、インターネット時代に入って誰もが公平な条件で勝負できるようになった説

20180415

 ザ・ヴァクシーンズでI Can't Quit。



 ザ・ヴァクシーンズの3年ぶり4枚目になります新しいアルバム「Combat Sports」からのナンバーでございました。この3年の間にザ・ヴァクシーンズの激動の時間が過ぎたわけでございまして、ドラマーのピート・ロバートソン (Pete Robertson) が脱退し、新しいメンバー二人が入り、その間に3年間の時間があり、前作「English Graffiti」が時代の音を取り入れた作品だったんですけれども、そこからもう一度ザ・ヴァクシーンズの本来的な魅力である、このようなストレートなロックンロールにまた回帰したと、そういう作品が発表されました。非常にエネルギーに満ちたすばらしい作品だと思います。Out on the Street。



 彼らの魅力が爆発というか、彼らのファンは「これだよこれ」という思いが沸き上がるナンバーだと思います。今言いましたように、前作「English Graffiti」がまさに時代の音をたくさん取り入れて、時代のリアルの中でロックバンドはどうあるべきかという方向性と格闘したすばらしい作品だったと思います。ただ、メンバー自身これを作っているうちに、俺たちの本当の核って何だったんだっけという所が見えなくなってしまって、そういう所に陥ってしまったようです。例えば、この音を聞くとロックをはなから信じて、時代とちゃんと向き合っていない、先週ジャック・ホワイト(Jack White)が批判したロックバンドになってしまう、そんな危険性を感じるかもしれませんけれども、彼らは全然そういう所にはいなくて、まさに「English Graffiti」でいろいろな事に挑戦して、時代の音であろうとしながら、でも俺たちって本来的に何なんだろうってことをもういっぺん向き合って、ここにきたという、彼らなりの時代との向き合い方をしっかりやっている、そういうバンドだと思います。その証拠にインタビューで、今のインターネット時代において、楽曲ごとにいろいろな曲が消費されている、そういう時代ってロックバンドって不利ですよねって、実際そうだと思いますが、その状況について彼らが何て言っているのかというと、そういう状況ってあなたたちは生きていくのが難しいですかっていう質問に対して、

  ある意味すごく難しいよね。ストリーミングってポップス系のアーティストが恩恵を受けやすいサービスだと思うしさ。でも一つ思うのは、インターネットやストリーミングによって間違えなく誰もが公平な条件で勝負できるようになったということで、誰もがいつでも誰からでも自分の音楽を聞いてもらえる可能性がある。誰が作った音楽でもネットで発見される可能性があるからさ。

 すごいなぁと思います。まさにそういう時代なんだよねっていう。その中で自分たちが何をやるのかというと、やっぱりいい曲をしっかり作って、そしてツアーをやるんだと。彼らなりのすごく正しい時代との向き合い方というのを設定したからこそ、このサウンドができた、決して過去に向かっている回帰的なものではないんだと、そんなシーンに対する真面目な姿勢がこのサウンドを生んだんだなぁとそんな感じがします。Take It Easy。


Comment

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ