音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

エミネム(Eminem)、「敗北より死」の覚悟で全方位をディスりまくる

20181118 

 エミネムの「Kamikaze」を紹介します。イギリスでもアメリカでもアルバムチャートを紹介するたびに、いつもこのアルバムの名前を唱えておりましたけれども、とにかく全世界的に話題とセールスが大変なもので、世界中を席捲した作品になります。初登場1位になってからも1位を続け、それ以後もどんどんセールスを伸ばして、まさにエミネムの起死回生というか、エミネムがまた新しいゴールデンエイジをこれから始める手ごたえを感じさせる作品であります。そして同時に、この内容の過激さ、まさに前作「Revival」から8ヶ月という短いインターバルで発表されたんですけれども、この短い期間の中でどれだけ彼は怒りをため、そしてこのアルバムを何が何でも作って、自分自身の後悔のない作品にしようとして、全身全霊で取り組んだのかということがものすごく伝わってくる作品になっています。物議をかもすという意味においても、大きな話題になっている作品です。「Kamikaze」はまさに日本の神風をモチーフにして作られた作品なんですけれども、アルバムの裏側に日本語が書かれていて、「敗北より死」って書いてあるんですよね。まさに彼にとってこのアルバムは「敗北より死」、この戦いに出て負けるくらいなら自分は終わってもいいという覚悟で、作った作品といっていいかもしれません。ありとあらゆるラッパーへの罵倒、世界への怒り、そして既存のものの実際的な名前をあげつつとにかく怒り倒しているというそういう作品で、ある意味賛否両論を巻き起こしつつ、そして巨大なセールスを記録しつつ、今年を代表する作品となったこの「Kamikaze」がようやく日本でもリリースされることになったので、じっくりと照会していきたいと思います。Good Guy。



 彼の怒りというのは、すべてのヒップホップシーン、音楽シーン、社会に向けられておりまして、公に公言しておりますけれども、彼はケンドリック・ラマー(Kendrick Lamar)、J・コール(J.Cole)、ビッグ・ショーン (Big Sean)、ジョイナー・ルーカス(Joyner Lucas)以外のヒップホップアーティストは全員認めない。つまり、それ以外のアーティストをディスり倒すんですね。それ以外のアーティストはそれは怒るし、いろいろなトラブルも生まれるし、戦いもうまれるし、でも彼にとってはそれは言わなければいけないこと、今のぬるいヒップホップシーンに対して怒りをぶつけます。そして、彼が「Revival」というアルバムを作って、この作品はエド・シーラン(Ed Sheeran)やビヨンセ(Beyonce)とかビッグネームがフューチャリングされて、非常にポップに作られた作品だったのですが、これはある意味彼にとって起死回生の作品になるはずだったのですが、セールス的にはイマイチで、当然これで起死回生しようと思ったくらいですから、その前の数作は非常に評価的にもセールス的にも苦しいところにいたわけです。いろいろな意味で彼は追い込まれて、その中から最終的に自分はもういっぺん本来的な自分自身のやるべきことは何であるのか、そして言うべきことは何であるのかということをしっかりと見据えて作った作品で、だからこそこれだけ激しい怒りとノイズを生んで、でもそれがエネルギーとなってこれだけのセールスを記録しました。例えば、Fallという曲があるんですけれども、このビデオクリップが大変話題になっているのですが、ビデオクリップの一番最後で彼は、前作である自分自身の「Revival」を踏み潰すんですよね。つまり、自分自身に対する否定、未だかつてアーティストが自分自身のCDを踏み潰すなんて見たことないですからね。彼の怒りや批判というのは、社会や他者に向かうと同時に、自分自身にも向かうとう、ものすごく厳しい姿勢で作られた作品です。



 続いては、Stepping Stoneという踏み台という曲を聞くんですけれども、これはD12というエミネム自身が初期仲間であったみんな、でも結局はバラバラになりみんな苦しい戦いをしている、その仲間に向かって自分自身の正直な心情を吐露する作品です。




 本当に彼の怒りはとどまる所なく、斬りまくるんですけれども、私の大好きなタイラー・ザ・クリエイター(Tyler, The Creator)も刃を向けられて、モチーフとしては彼のゲイカミングアウト云々みたいなところも絡めていろいろな事を言うんですけれども、そこまで言わなくたってさぁと、いまさらそこまで言わなくたっても本人も言ってることだしみたいなところは、タイラー・ザ・クリエイターの一ファンとして聞くとなるんですけれども、ただエミネム側からすると、これを言わないと、これを抑圧していたらダメなんだと、そういう所があるのかなと思います。そのエミネムのモチーフとして、これほど合うものはないのではないかというVenomという映画がありますけれども、それのテーマソングを聞いていただこうと思います。Venom。


Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ