音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

グレタ・ヴァン・フリート(Greta Van Fleet)に学ぶ、21世紀のメタルとは?

20181230

伊藤政則「みんなが大好き、グレタ・ヴァン・フリート。」

渋谷陽一「これは、メタルの希望の星ですよね。」

大貫憲章「俺もこれはいいなって思っています。」

伊藤「アルバムはどうでしょう。」

大貫「すごくよかったよ。少しづつEPが出ていて、たまってアルバムが出たんですけれども、最初に思っていたことと最終的にアルバムで出てきたものがそんなに不一致ではなかったので、今渋谷先生もおっしゃいましたけれども、希望の星になりうるんじゃないかなと思いました。」

伊藤「渋谷さんはどうですか。」

渋谷「そういう感じですよね。本当に、時代に合ったメタルって可能なんだっていうことを証明した、そういうバンドだと思います。これはメタル業界的にはどうなんですか。」

伊藤「アメリカやヨーロッパでのブレイクのすごさと、日本まあまあという差がどんどん開きつつあって・・・。」

大貫「日本はまあまあなの。」

伊藤「欧米がすごすぎて。来年はニューヨークのスタジアムのヘッドライナーなの。2万人くらいの。やっぱり、このバンドは欧米の人気がすごいよ。」

渋谷「でも、今洋楽のアーティストってみんなそうだよ。だから、グレタ・ヴァン・フリートなんてそんなに内外格差が大きくないバンドだよ。イマジン・ドラゴンズ (Imagine Dragons) なんてどうなの。」

伊藤「そうだね。日本に比べればでしょ。」

渋谷「でも、このグレタ・ヴァン・フリートは時代に合ったメタルというかハードロックというか。」

大貫「俺は、ハードロックというよりはロックだと思うけどね。フリー (Free)とかが昔言われていたような感じのロックだと思うけど。」

伊藤「ちょっとフォークっぽい所もあるじゃない。」

大貫「完全にあるね。アーコースティックをうまく使って、ルーツミュージックをやっているような所。」

伊藤「一番年上の兄弟が21歳の三兄弟。海外のテレビ番組を見ていたら、最近何聞いているのって聞かれて、クイックシルヴァー・メッセンジャー・サーヴィス(Quicksilver Messenger Service)って答えていていました。では、グレタ・ヴァン・フリートでLover, Leaver (Taker, Believer) 。」



Comment

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ