音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ブレット・アンダーソン(Brett Anderson)、健康になる。

1、world rock now 20020823

渋谷「児島さん、スウェードのインタビューをやって盛り上がったみたいなんですけれども。」

児島「今回はブレットの自宅まで訪問したんですよ。非常にオシャレなノッティングヒルにあるフラットなんですけれども、3年ぶりにあってびっくりしたんです。非常にヘルシーな人になってしまっていて。」

渋谷「あの、デカダンなブレットくんではないんだ。」

児島「もう、日焼けして毎日ジムに通ってるでしょといいたくなるくらい。すごい極端ですよね。そして今度の新しいシングルがポジティビティ (Positivity)っていうんですよ。」

渋谷「爆笑」

児島「私も最初曲名を聞いてのけぞってしまったんですけど。」

渋谷「どうしてそんな感じになっちゃったんだろう。」

児島「今まで公では言われてなかったんですけど非常に放蕩生活を続けていたようで。」

渋谷「やっぱり、健康的な危機感と精神的な危機感を感じてこのままではイカンということで・・・。」

児島「もう修行僧のような生活してますからね。」

渋谷「もともとは日が照っているときは外に出ないみたいな・・・・」

児島「そう、暗黒王子だったんですけど。いまや地中海プレイボーイになってしまったんですよ。」

渋谷「すごく真っ白けで一応上半身裸になってもお腹がでているみたいな・・・。」

児島「そうそう、白くてぶよぶよしていたのが、今は日に焼けてキリリとシマってかっこいいですよ。でも、キッチンに行って冷蔵庫をあけたらビックリしたんですよ。にんじんジュースにミネラルウォーターに有機栽培野菜一式。」

渋谷「爆笑」

児島「非常に暑い日だったので何か飲み物飲ませてねと冷蔵庫をあけてみても冷や汗がでてきましたよね。」

渋谷「あなたはもう飲ませてねって冷蔵庫を開けるところがいい根性をしてますね。」

児島「インタビューはキッチンダイナーでやったんですよ。最近の僕の趣味は料理なんだっていうんですよ。」

渋谷「だけど意外とこれがうけて前より売れるかもしれませんね。」

児島「昔のスウェードに先入観を持っていない人にはうけるんじゃないんですか。」

渋谷「市場がどのような評価を下すのか楽しみですね。」


2、world rock now 20021011

 スウェードでObsessions。


 前に児島さんのロンドン情報でブレットアンダーソンがえらくフィジカルに改革されて健康的になってまるで別人のようになってしまったという話をしました。そのときにファーストシングルを聞いたわけでありますけれども、そのファーストシングルからも十二分に変身したスウェードの佇まいが伺えたわけでございますが、実際にこのANew Morningというアルバムを聞きますとどうしちゃったんだろうというくらい変わりましたね。僕は基本的にブレットアンダーソンという人はそんなに性格や世界観が変わる人ではなく、多少健康的になったり気の迷いで日に焼けたりはしているものの、基本的な音楽的な世界観はかわるまいと高を括っていたんですけれども、全然心底ニューモードに入ってしまったようでございますね。今聞いてみてもやけに健康的ですからね。ブレットアンダーソンはルックスがいいわけですよね。しかしそうはいってもヘソだしてクネクネと踊りながらも腹は弛んでいるという、その腹の弛み具合にこそデカダンなロック魂を感じていたんですけれども、すっかりシェープアップされて腹の弛みなど一切なくなってしまったと。腹の弛んでないブレットアンダーソンはブレットアンダーソンなのかと非常に不謹慎なことを思っていたんですけれども、まあ本当にこのようなヘルシーなものを作ってきたわけであります。どれも非常に耳障りのいい、なんとなくアクが抜けてしまったような感じでございまして、なるべく腹の弛んだ同士を増やしたい私としましてはちょっと寂しい感じがしないわけでもないですけれども、従来からのスウェードファンはこのヘルシーさはどのように伝わるのでしょうか。One Hit to the Body。



 やたらキャッチーなメロディーですよね。やっぱりこういうメロディーとボーカルの後ろにバーナードバトラーのギターを勝手に想定してしまう私というのはA New Morningに届いていないのかなぁという。レコード会社のキャッチコピーが「そう、誰にも新しい朝はくる」というそういうキャッチコピーで、なんだかわかったんだかわからないんだかそういうコピーだとおもいました。

 初期のスウェードの曲。デカダンなブレットアンダーソンとバーナードバトラーのギターを。



  結局、A New Morningは全英24位、日本では59位であり商業的な成功は得られませんでしたね。

コーナーショップ(Cornershop)に学ぶ表現が国際性を獲得する方法

world rock now 20020816

 コーナーショップでStaging The Plaguing Of The Raised Platform。



 相変わらずローファイでどこか脱力した感じがコーナーショップの魅力でありまして、どこか聞くものをバカにしているというかそういうノリがいいですよね。僕は英語はよくわからないですけれども、これはインドなまりの英語という感じなんでしょうか。ちょっとクセのあるアクセントがこのオフビートな音楽の佇まいにあっているなぁという感じで、一種「カレーパンク」みたいな言い方をされておりましたけれども、自分自身の音楽的なアイデンティティーに民族的なアイデンティティーは有効に使っていったほうがいいわけで、日本人はどちらかというとすぐ日本的なるものを排除してゆこうということで国際性を獲得しようとする傾向がありますけれども、結果やっぱり勝つのは日本的なるものをきっちり設定した表現で、それこそ小津安二郎や黒澤明が成功したこと、あるいは宮崎駿や押井守が成功したことを見てもすごくその辺は証明されているわけで、やっぱり音楽も「お茶づけパンク」みたいなそういうのが一番有効なのではないかなぁとう気がします。Music Plus 1 。


ボビー・ギレスピー(Bobby Gillespie)は聞き手として優秀である説

world rock now 20020802

 プライマル・スクリーム(Primal Scream)でSkull X。


 ボビーギレスビーを語るときには私はいつも批判的に、過去のロックからの引用云々という表現を使いますが、プライルスクリームは「これ」というスタイルがないですね。ロックンロールからデジタル系からなんでもありで、とにかく自分が好きだと思ったものをどんどん取り入れて、それに対して非常に無邪気にまんまやってしまうという。「このまんまやってもなぁ」みたいな変なフィルターをかけずに「これかっこいい。オレもやってみたい。下手なのに。」みたいな非常に無邪気な姿勢がプライマススクリームの魅力になっていると思います。プライマルスクリームはイギリスでは中堅どころに位置づけられますが、これもよく言われますけどボビーギレスビーって1961年生まれでもう41歳ですから全然若くない。しかし、やってることのミーハー度とエネルギーとある意味の若々しさというのは、本来ならもう41歳だと自分のスタイルができてそれに守りに入って、さらにはそれが幾分マンネリに至るというくらいの年齢ですけど、彼の場合はマンネリどころか自分のスタイルをコロコロと変えていきます。毎回言ってますけれども、ボビーギレスビーは聞き手として優秀であるということがのどかに音楽に反映されているというすばらしさがあると思います。City。



 考えてみるとプライマル・スクリームというグループ名もロックの古典的なイメージをそのまま表現しているというか、このなんかいまだにセックス、ラブ、ロックンロールのイメージをそのまま体現しようとしているミーハー度合いはすごいですね。41歳とは思えないこのミーハー度合いと無邪気さとそして最終的に勝利に導いているのはインテリジェンスだと思いますけれども、その辺の微妙なバランス感覚、それぞれがそれぞれのベクトルでバランスを持ってプライマルスクリームというキャラクターを作っているのが非常にいいですよね。日本にこういうバンドが一番出てきそうな気がしないでもないんですが、ある意味で引用と教育のロックに関してはそういう傾向の強い国ですから。Space Blues No. 2。

 

映画のエンドロールで流れると感動する曲

world rock now 20020726

1、ぼくの国、パパの国(East Is East)ーSupergrass のMoving

2、Batman Forever ーU2のHold Me, Thrill Me, Kiss Me, Kill Me

3、Batman & RobinーThe Smashing PumpkinsのThe End Is the Beginning Is the End

4、Fight ClubーPixiesのWhere Is My Mind?

5、American BeautyーElliott SmithのBecause

6、Men in BlackーWill SmithのMen in Black

7、Wild Wild WestーWill SmithのWild Wild West

8、GoodfellasーSid ViciousのMy Way

映画ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ(Hedwig and the Angry Inch)のThe Origin Of Loveについて

world rock now 20020726
 
 ヘドウィグ・アンド・アングリーインチの一種のテーマソングThe Origin Of Love。



 人はなぜ男と女に分かれなければならなかったのか、その悲しい由来、そしてひとつの人間が男と女に分かれたんだけれどもいつか一つになりたいという希望をもって男と女は愛し合うんだよという、これは世界の必然なんだよということを歌い上げる大変すばらしいナンバーであります。

 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ