音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

エルトン・ジョン(Elton John)、レオン・ラッセル(Leon Russell)に救われる

20101112

 エルトン・ジョンとレオン・ラッセルのデュエットアルバム「The Union」という作品です。これは大変すばらしく、でもこの大変すばらしい作品をこんなに執拗に紹介する番組はそんなにないと思うので、自分なりの使命感で紹介したいと思います。レオン・ラッセルは伝説的なアメリカのキーボード奏者で、彼の残した業績は数限りなくあるんですけれども、「Song for you」「This Masquerade」「Tight Rope」など誰もが知っている曲を書いた、ソングライターでありキーボード奏者でありすばらしいシンガーであります。このレオン・ラッセルとエルトン・ジョンがリユニオンした、前にも一遍やっているのでリユニオンといっていいと思うんですけれども、作品です。で、この経緯はエルトン・ジョン自身がすごく長いライナーノーツに書いているんですけれども、その一部を紹介してみたいと思います。

 「 2008年、僕はスペクタクルの第一回作品に出演していた。スペクタクルとは元僕のパートナーであるデヴィッド・ファッシー・ファーニシーがプロデュースする、エルビス・コステロの音楽番組である。その中で僕は、世の中で忘れ去られていると考えられた三人のシンガーソングライターについて語った。そのうちの一人がレオン・ラッセルだった。後の二人は、ローナ・リーノとデヴィッド・アクルスで両者とも共に他界している。その番組の中で最後に僕はレオン・ラッセル風の曲をこしらえて弾いて見せたが、それ以上は特になにも考えていなかった。デヴィッドはレオン・ラッセルの音楽もローナ・リーノもデヴィッド・アクルスのことも知らなかったため、彼らのCDを購入しそれを自分の携帯音楽プレイヤーに入れていた。そこから時間を早送りして、2009年1月、南アフリカまで話を進めよう。デヴィッドと僕はその時、ランチの支度をしていた。彼は自分の携帯音楽プレイヤーをかけはじめたのだが、そこで流れてきたのがレオン・ラッセルの追憶の日々であった。座ってその曲を聞きながら、突然僕の頬を涙がつたい、自分ではどうしていいのかわからないほど泣けてきた。いったいどうしたんだと尋ねるデヴィッドに、僕はこうこたえたんだ。「彼の音楽を聞いていて、僕の人生で最も美しく最も輝かしかった時代の音楽が蘇ってきたんだ。この人の音楽がどれだけすばらしいかを世の中の人が忘れ去ってしまっていることはフェアじゃないし、そのことに怒りも覚えるんだ。」」

 いい文章ですね。で、エルトンは今はどうしているのか分からないレオン・ラッセルを探し出してもう一遍彼の音楽を世の中に伝えようとするわけです。で、実際に会った時に、68歳になったレオン・ラッセルはその十日前にロスで脳の大手術を受け、病院からそのままスタジオに入るような状態で、足も不自由で、鼻からは呼吸補助のプラスティックチューブが出ているような状態だったわけです。でも二人はそこで再会して、アルバムを一枚作ろうという決意をし、すばらしい作品を作ったわけであります。レオン・ラッセルが一番最初にこのセッションの時に持って来たI Should Have Sent Rosesというナンバーをまず聞こうと思います。

 

 次は重い曲です。There's No Tomorrow、つまり明日はないと言う曲で、彼らに歌われるとものすごく重い曲になりますけれども、

 待ってる暇はない
 見るべき未来はない
 次の瞬間のふたを開けたら内側には何もないかもしれない
 答えは定かではない
 心を決める暇はない
 これで終焉なのか
 姿を隠す場所もない
 明日などない
 明日などない
 今日があるだけ
 その物語は皆が知っている
 僕らは前に聞いたことがある
 最後には疑問も残らなくなる
 死の扉の外側で目の前にある疑問に対する答えは簡単には出ない
 聞くのはあまりに簡単
 そして理解はできない
 明日などない
 明日などない
 今日があるだけ

 
 
 このアルバムは一番最後に、In the Hands of Angelsというレオン・ラッセル自身の曲、この企画を完成させてくれたエルトン・ジョンやスタッフへのナンバーで非常に感動的に閉じます。こんな歌詞です。

 そう僕は病に倒れることだってありえた
 死ぬことだってありえた
 あきらめることだってありえた
 そして明日を目ざすのをやめてしまうことだってありえたんだ
 恋に破れ悲嘆にくれる恋人のように
 それでも新しい門出を迎え突然僕は連れ去られたのさ
 新たなそして遥か遠い場所へ
 そして音楽に僕の心は揺さぶられた
 ジョニーと親方がやってきて僕の迷いを覚ましてくれた
 彼らのおかげで僕はまるで王様気分になれたんだ
 悪しき防御の構えをすっかりおろすことができたのさ
 そして彼らは知っていた
 僕は行かねばならない
 ありとあらゆる場所
 僕は知りたかった
 あらゆる人
 彼らは知っていたんだ
 僕には誰が必要なのかを
 そして誰に僕が必要なのかを
 そして誰が僕に手を差し伸べてくれるのかを
 そして誰が僕をありのままでいさせてくれるのかを
 天使達の手中にあるときには人生はこの上なく心地よい
 そして愛を感じるんだよ
 心の奥の深いところで
 たとえ街頭に放り出されたとしても
 天使達の手中にあるならば

 

 エルトン・ジョン自身がこのアルバムを作った時、「僕は過去に40枚近いアルバムを作ってきたから世界中の人々がエルトン・ジョンの新しいアルバムを心待ちにしている、そうじゃないだろうってことは分かっているんだ。」って、すごいですよね。これはをはっきり言えるということは。「僕はもうポップレコードを作る必要はない。70年代80年代90年代、レコード会社からシングルヒットが必要だと言われ続けてきた。僕はその課題も果たしてきた。63歳だしもうシングルチャートにいようとは思わない。今はシンガーとして、ミュージシャンとして自分の年相応の音楽を、自分のやりたい音楽がやりたいんだ。もうクロコダイル・ロックをやる必要はないんだ。」と語ってこのアルバムを作ったようであります。僕はいつも言っていますが、それでもクロコダイル・ロックはやらなければいけないとは思いますが、彼にとってこのレオン・ラッセルとの新しい作品作りというのは、すごくいろいろな刺激を与えたんじゃないのかなと。すごく倒錯的な言い方かもしれませんけれども、そのことによって21世紀のクロコダイル・ロックが彼にとって作れるんじゃないかと。一見、レオン・ラッセルをエルトン・ジョンが救ったように見えますけれども、僕はレオン・ラッセルがエルトン・ジョンを救ったアルバムでもあるんじゃないかなぁとも思います。

ブライアン・フェリー(Bryan Ferry)に学ぶ、アーティストにはアーティスト独自の時間軸がある説

20101105

 ブライアン・フェリーといえば今年の夏、フジロックでロキシー・ミュージック来日公演をやりまして、客が全然いなくて、ちゃんとみんなもっと見て欲しいなぁという思いで、ステージ前におじさん達がたくさんたまっておりましたけれども、私もそのおじさんの一人でしたが、でもすごく楽しいライブで、代表的な曲を全部やってくれて大満足だったわけでありますけれども、ブライアン・フェリーはロキシー・ミュージックの活動も積極的ですけれども、ブライアン・フェリー名義のソロ活動も積極的に向き合っているようであります。今度の作品はすごく力のはいった作品になっております。まずは一曲聴いてください。You Can Dance。

 

 ロキシー・ミュージックが再結成され、そしてフジロックに登場してものすごく気持ちよさそうに演奏して、みんなが聞きたい代表曲を全部きっちりやってくれて、ブライアン・フェリーはのびのびと、そして本当に楽しんで演奏を繰り広げている感じでありました。そういうのを見ながら、アーティストというのは自分の年齢やサイクルの中で、自分の過去のキャリアとどう向き合うかっていうタイム感があるんだろうなぁと。例えば、ロキシー・ミュージック解散して5年後、10年後はできない。我々としてはすぐにやってほしいと思うんだけれども、本人のリアルの中においてはもっと長い月日が必要だと思うし、自分自身のキャリアをどうやって組み立てていくのかということは、はたから見てるとそうやればいいのにということがなかなかできないんだろうなぁとそんな感じがしました。そして今、ブライアン・フェリーは自分の過去と自分の現在のすべてを含めて音楽に対して前向きに向き合えている、そういう手ごたえがあのロキシー・ミュージックの再結成にも、今度のソロアルバムにも感じられます。そして、そのオーラがこのアルバムで実にたくさんの人を呼び集めました。デイブ・ギルモア、ジョニー・グリーンウッド、ナイル・ロジャース、プライマル・スクリームのマニ、レッチリのフリー、そしてなんとブライアン・イーノまでこのアルバムは参加していわけです。過去、ブライアン・フェリーが長く、もしくは一瞬関わったアーティストをみんな集めてこういう作品が作られているということはなんとなく感慨深いと思います。特に、ロキシー・ミュージックファンにとっては、ブライアン・フェリーとブライアン・イーノが一緒にやるんだっていうことはいろいろなことを考えさせますよね。この曲ではブライアン・イーノがシンセで参加しております。Alphaville。

 

 アーティストはアーティストの時間軸で自分自身の音楽のスタイルと向き合っていて、はたから見るとこの時期にこれをやればいいじゃんと、誰でも分かることなのにアーティストはやらずにファンやジャーナリストはイライラしますけれども、そんな簡単な話ではないんですよね。そのアーティストにはそのアーティストの表現の必然みたいなものがあって、それをやる時期というかタイミングというかがあるんですよね。そして、そこが来ないとやれないという、そういうものなんだなぁと。

ベル・アンド・セバスチャン (Belle and Sebastian) に学ぶ、表現にとって大切なのは「やりたいこと」ではなくて「やらなきゃいけないこと」である説

20101022

 ベルアンドセバスチャンの7枚目のアルバム。前作から4年。その間にいろいろソロ活動などがあって、ファンとしてはなぜこのインターバルが必要であったのかは十分に理解はしているんでしょうけれども、はやく出してくれないかなぁという思いは変わらなかったと思います。I Didn't See It Coming。

 

 ライナーノーツを読むと、ベルセバの中心人物であるスチュアート・マードックが、まさにポップミュージックの本質、一番重要なことをきっちり書いてある、そういう言葉を書いています。

 「やりたいことというのは幻想なんだ。それに対してやらなきゃいけないことは神聖だ。天から与えられた目的であり、だから祝福されている。」

 もうこれがすべてですね。よくミュージシャンにインタビューをすると「俺としては自分のやりたいことをやるということが、自分の表現に忠実で、やりたいことをやるということが重要だよね」と言うんですけれども、そんなお前のやりたいことはどうでもいいんだと、いつもそういう表現は使わないですけれども言いたくなります。そうじゃないんですよね、ポップミュージックは。才能を持った表現者に天から与えられた「やらなきゃいけないこと」というのがあって、それをいかに自分の中で見出して表現として定着していくのか。それはポップミュージックに限らず表現全般に言えることだと思いますけれども、特にポップミュージックの場合はそういう要素が強くて、だから、彼らとしては今回の作品は「やりたいこと」ではなくて、「やらなければならないこと」をしっかり表現した作品だからこそ、いつにも増してベルセバだし、いつにも増してポップミュージックである、そんな作品になっています。今回二人の女性ゲストシンガーが登場して、ノラ・ジョーンズ(Norah Jones)とキャリー・マリガン(Carey Mulligan)で、ノラ・ジョーンズはいまさら説明するまでもないでしょうけれども、キャリー・マリガンというのは「17歳の肖像(An Education)」という映画でアカデミー主演女優賞にノミネートされた大変注目されている女優なんですが、彼女がボーカルとして参加しております。それがリードシングルになっているので、続いて聞いていただこうと思います。Write About Love。

 

 まさにこの四年のインターバルで、スチュワート・マードック自身は別プロジェクトをやったりプロデュースをやったりいろんなベルセバ以外の仕事をやることによって、彼自身が言うところの「やりたいこと」ではなくて「やらなきゃいけないこと」をちゃんと見出すことが出来た、それを今度の作品にしっかりと定着させることができたんだなぁと思います。ファンとしては非常にうれしい作品ではないのでしょうか。Little Lou, Ugly Jack, Prophet John。

 

シューゲイザー、ロックの快感原則に従って様式化する

20101015

 アミューズメント・パークス・オン・ファイア(Amusement Parks on Fire)のやっているシューゲイザーというスタイル、洋楽ロックファンしか知らない一種の業界用語になるのかもしれませんが、このシューゲイザーというスタイルもロックの快感原則に従って様式美となったものの一つと言えるかもしれません。シューゲイザーというのは、まさに靴の先っぽを見て下にうつむきながらギターをガーって弾く、そういう音楽スタイルから生まれた言葉でありますけれども、非常にノイジーで分厚い壁のようなギターサウンドをバックに、非常にメロディアスでドリーミーなボーカルを組み合わせて独特の耽美的な世界を作っていくという、日本のロックファンが好きな世界ですが、あまり私は得意なパターンではないのですが、そういう音楽的スタイルがあるのでございます。それの代表選手と言われるのをアミューズメント・パークス・オン・ファイアは嫌っているようでありますけれども、現実的にはそういうバンドの代表的な一つという認識がファンの中にもありますし、ロックファン全体の中にもあるのではないのでしょうか。彼らはシューゲイザーブームが起きているこの4年間は沈黙を続けて、今改めて新作を発表したという、そういう新作を紹介したいと思います。Echo Park // Infinite Delay。

 

 彼らとしては世の中のシューゲイザー再評価ブームみたいなものとは距離をおいて、自分達独自のジャンルわけに属さない音を作ろうと、そんな意気込みで臨んだ作品のようでございます。それは、共同プロデューサーを、ベックやブラック・レベル・モーター・クラブ、そしてリンプ・ビズキットといった全くシューゲイザー的なものとは違うアーティストを手がけた、マイケル・パターソンに任せたということから、彼ら自身の意気込みとそこへ向かって行こうとしているのかが分かると思います。しかし、そういう作品に対してこういう言い方はきっと怒られてしまうと思うんですけれども、それがより成功して、よりモダンなシューゲイザーができたという感じがしますね。シューゲイザーがシューゲイザーとして自己充足していくのではなくて、ちゃんとシーン全体と向き合いながら2010年のシューゲイザーの音を作り上げていくという方向にこのアルバムは向かっていて、それがすごくいい結果を招いていると思います。そしてそれは、外部の人を入れて自分達なりにイノベーションを実現していこうという彼らの姿勢がもたらしたものだと思います。そんな姿勢がよくわかる曲を聞いてください。So Naturally。

 

メロコア、ロックの快感原則に従って様式化する

20101015

 バッド・レリジョンでThe Day That the Earth Stalled。

 

 キャリア30年目、15作目の作品になります。The Dissent of Manという最新作。すごいですね。30年ですよ。LAのパンクシーンでその第一線で活躍しながら、バンドとして、そしてレーベルオーナーとして、そしてシーンの牽引車としてバッド・レリジョンはシーンを支え続けて、なおかつ15作目にしてこのエネルギーと爆発感。ファンにとってはたまらない作品だと思います。Pride and the Pallor。

 

 まさにパンク、メロコア、LAみたいなそういう期待通りの音が鳴っております。僕は恐れずにいうと、パンクというかこういうメロコアっていうのはある意味その様式としてはヘビーメタルと同じようなものがあって、ロックシーンが生み出した一種の様式美における快感生産音楽スタイルの代表的な、まあ究極のスタイルは私はヘビーメタルだと思いますけれども、それに続いて、まさかパンクロックがこういうものになるとは思いもしなかったですけれども、僕の中ではパンクロックは一種の破壊者だったのでそれが様式になるとは考えもしなかったんですけれども、やはりその快感原則をきっちりと追求していったら一つの様式として完成されてゆく、それの代表的なアーティストがバッド・レリジョンだと思うんですけれども、その様式に留まらずにそこから逸脱し、新たな音楽的スタイルを模索するというそういうバンドもたくさんいて、例えばグリーンデイなんかはそうした意味でグリーンデイのサウンドを完成させていった、それはそれですばらしいと思いますし、またその様式を徹底的に追求していって、その中における快感原則をどこまでも追い詰めていくというバッド・レリジョンの佇まいもすばらしいものだと思います。やっぱり、そのスタイルの洗練度と様式に対する忠誠度というのは、自分達が作ったスタイルなのでそうなのかもしれませんけれども、やっぱりこのメロコアは一つの発明だという感じが非常にします。学生時代に作られたバンドなんですが30年。当然みんなおっさんになって、僕なんかがパンクを連想するとすごく若い子ども達の音楽という思い込みがあるんですけれども、バッド・レリジョンとかメンバーの写真をみて、「そうだよな。この年だよな。すごい年輪だな。」と。でも音は相変わらずみずみずしさを保ち続けております。Cyanide。

 
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ