音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

アメリカのミュージシャンの政治との関わり方

20121102

中村明美「今日は大統領選が直前ということで、大統領候補のサポートとそのミュージシャンについてご紹介したいんですけれども、アメリカはアーティストとかセレブレティーが大統領の候補を積極的に支援するとわりと思われていると思いますが、実はアートと政治は別だろうと考える人が多いので、なるべく政治については口を出したくないというアーティストの方が多いんですけれども、ここ何回かのアメリカ大統領選挙は激動の時だったので、例外的に支持活動をするミュージシャンも多かったんですけれども、こないだも共和党にクリント・イーストウッド(Clint Eastwood)が登場して話題になったり、民主党の方はJay-Zとかビヨンセ(Beyonce)が支援活動とか資金活動を行って、お金を集めたりしていたんですけれども、今回非常に興味深かったのはブルース・スプリングスティーン(Bruce Springsteen)なんですけれども、彼は2004年と2008年と民主党のサポートを行ったんですが、2004年でキャリアではじめて民主党のサポートをするということを明らかにして、それまではどちらかの応援をするといったことはなかったんですけれども、それで2004年と2008年とフリーコンサートなんかをして大変盛り上がったんですけれども、2008年には彼が応援している民主党が当選しまして、それで行き着いたのか今年は政治活動はしないって最初から言っていたんですね。しかし、オバマの方がブルース・スプリングスティーンに今年は非常に接戦になりそうなので、申し訳ないんですけれども接戦になりそうなところでフリーコンサートをしてくれませんかとお願いしたと。ブルース・スプリングスティーンは今年はやるつもりがなかったんですけれども、お願いされてしまったので困ったなということで、結局立ち上がって接戦になりそうな地区、バージニアとかアイオワとかオハイオなんかに行ってフリーコンサートをやって、しかもウェブサイトには何故僕がオバマを支持するのかという、すごい長文の熱のこもった文章をかいて淡々と説明していて、さすがブルース・スプリングスティーンだなぁと思ったんですけれども、結局よく考えてみたら、オバマに頼まれたからというよりもオバマが当選することで、彼が普段歌っているような労働者階級の人たちが助かるのではと思って、彼らのために頑張っているのではないかなぁと思います。」

渋谷陽一「なるほどね。最近の作品はわりとそういう社会構造に対する踏み込んだ歌詞とか書いているんで、彼は彼なりのアーティストとしての必然性において、自分自身の政治的なメッセージを出すという、ある意味すごく健全なアーティスト活動の一環なのかもしれませんね。それではそのブルース・スプリングスティーンの、現在のアメリカに対する彼なりの批評的な視線がそのまんま歌に反映されているナンバーを聞いていただこうと思います。We Take Care Of Our Own。」

 

ボブ・ディラン(Bob Dylan)、ジョンレノン(John Lennon)を歌う

20121012

1、常に次回作が最高傑作かも知れないミュージシャン、ボブ・ディラン

 デビュー50周年、オリジナルアルバムとしては35作目になります。ボブ・ディランは現存するポップミュージックのアーティストとしては最高峰だと言ってよいと思います。そして何よりもすごいのは、もはや伝説を越える伝説というポジションを獲得しながら、現役としていまだに新しい領域を開拓し続けているという前衛性が本当にすごいと思います。ボブ・ディランのアルバムを紹介するときに毎回言っていることですけれども、ドン・ウォズ(Don Was)がボブ・ディランの作品をプロデュースするときにみんなに「なぜボブ・ディランをプロデュースするのか?」と聞かれた時に彼がいった言葉が、「だって次のアルバムがボブ・ディランの最高傑作になるかもしれないじゃないか。」って。本当にそういうアーティストです。もう史上にのこる数々の傑作を作りながら、そしてデビューから50周年を迎えながら、でも次のアルバムがボブ・ディランの最高峰になるのではないかと誰もが期待してしまう、そういうアーティストは他にはいないと思います。今回もすごいです。アルバムタイトルナンバーのTempestというのは14分間、タイタニック号の悲劇を描く、45番まである、ある意味Aメロだけで45番まで押し倒してしまうというそういう作品がおさめられております。

 

2、Duquesne Whistle

 アルバムのオープニングナンバーを聞いていただこうと思います。Duquesne Whistleというナンバーなんですけれども、

 鳴り響くあのデューケインの汽笛を聞いてみな
 まるではじめてのように鳴り響く
 青い光が点滅し赤い光が輝く
 その激しい光り方はまるで俺の寝室の前のドアにいるようなもの
 柵の向こうから俺に微笑みかけるお前
 まるで前はいつでも微笑んでいたかのように

 鳴り響くあのデューケインの汽笛を聞いてみな
 俺が最後かというように鳴り響く
 鳴り響くあのデューケインの汽笛が聞こえないのかい
 まるで空がバラバラに吹き飛ばされるかのように鳴り響く
 
 生きているものの中で俺を生かせ続けるのはお前だけ
 お前はまるで俺の心臓の中の時限爆弾

 

3、ボブ・ディラン、ジョン・レノンを歌う

 ボブ・ディランはもはや新たにとりに行くものは何もないというか、名声も評価も、賞という賞はすべて彼は手にしているわけですので。そのボブ・ディランが自分が何か新しく挑戦するならば、作品活動を行うならば自分の中でモチベーション設定が必要で、それはもうより新たな領域への挑戦しかないんだろうなぁという気がします。14分で45番まであるTempestという曲で、やはり彼はそこで全く新しいことを自分の中でやってみたいという欲があったんだろうと思います。続いては今はオープニングナンバーを聞いたんですが、アルバムのラストナンバーRoll on Johnという曲を聞きます。これはジョン・レノンに捧げられた曲です。これも7分もある大曲なんですけれども、今回のアルバムはボブ・ディランにとって、あるいはフォークやブルースの伝統に基づく物語をもういっぺん歌の中で再現するということに挑戦したアルバムなのではないのであろうかと。ある意味ボブ・ディランの新古典派的な作品であるといえます。今、死後30年たったジョン・レノンを歌うというある意味唐突なテーマに挑戦したのはそういうことなのかなぁと僕は思いました。非常にオーソドックスな詞で歌われております。ボブ・ディランがジョン・レノンを何がしか批評的にとらえるというよりは、本当に一つの伝説としてジョン・レノンを歌っていて、まるでビリー・ザ・キッドのような伝説の犯罪者や、伝説の英雄を歌うかのようにボブ・ディランは歌ってみせて、30年たってジョン・レノンを歌うということはこういうことなんだ、こういうことによってジョン・レノンという人を永久化していくんだとそんな感じがします。

 ドクター、ドクター、今の時刻を教えてください
 またボトルが空になりまたお金を使ってしまった
 彼は向きを変えてゆっくりと歩き去っていった
 彼らは背後から彼を撃って彼は倒れこんだ

 あなたの光を輝かせて先に進み行け
 あなたはとても眩しく輝いていた
 転がり続けるジョン

 リバプールの波止場からハンブルグの赤線通りへ
 石切り場で石切工のクオリーメン達と一緒に大観衆を前に演奏し
 安い席の客達の前で演奏する
 あなたの旅路の終わりへと向かう人生の中でもう一日

 あなたの光を輝かせて前に進み行け
 あなたはとても眩しく輝いていた
 進み行けジョン

 

ザ・ヴァクシーンズ(The Vaccines)に学ぶ、新古典派ロックとは?

20121012

1、2nd「Come of Age」について

 ザ・ヴァクシーンズでBad Mood。

 

 前作から一年半。わりと短いスパンで登場した彼らのセカンドアルバム。ファーストアルバムは新人としては異例のヒットになりまして、チャートアクションをみるとザ・ヴァクシーンズがどのようにうけたのかがよく分かるんですけれども、ものすごい話題の下に登場して、初登場4位だったんですけれども、ロングセラーになって最高位2位まであがっていったという、新人としてはその粘り腰というか上昇機運というか、初登場の順位よりも上げていくことは相当なセールスパワーがないと実現しないことなので、彼ら自身の人気が確かなものであったことの証明だったのです。その成功を踏まえて彼らはものすごく積極的にライブに参加し、フェスにも、それからザ・ストーン・ローゼズ(The Stone Roses)やアークティック・モンキーズ(Arctic Monkeys)などとツアーをやったりライブをやったり、どんどん現場で腕をあげ、その中でセカンドアルバムが発表されました。当然みんな期待をもってこのセカンドアルバムを待ったわけですが、今聞いていただいたように本来のザ・ヴァクシーンズの魅力であるソリッドである意味オーソドックスなロックンロールスタイルというのは健在で、そして若さの持つエネルギーも健在でとそういう作品になっております。ある意味ダサいところの寸前でとまっているギターリフですけれども、これがザ・ヴァクシーンズだなぁという手ごたえがありますが、次はもっときたなぁ感がある曲でございます。これは先行シングルになったナンバーで聞いていただきたいと思います。No Hope。

 

2、新古典派ロックとは?

 実にザ・ヴァクシーンズらしいロックンロールの本来的な、コアなグルーブをきっちりと2012年に再現するというバンドキャラクターがそのまんま反映したナンバーであります。私はこの手のバンドを最近「新古典派」と呼ぶようにしているんですけれども、これは北野武のパクリなんですが、つい最近北野武のインタビューをやって、最近の彼の作品について語ってもらった時に、「俺の作風は新古典派なんだ」って言っていて、いい言葉だなと思って、言うまでもなく絵画の一つの流派ですけれども。ただし、一般的にすごくロックンロールのオーソドックスな雰囲気とグルーブを再現するということをやってしまうと、どちらかというとみんなムードに流れてなんとなくザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) みたいなことをやってそのムードに流れるみたいな傾向がなきにしもあらずなんですけれども、ザ・ヴァクシーンズがすばらしいのはメロディーがすごく骨太でしっかりしているということで、それは単なるロックンロールの古典からの引用ではなくてメロディーの引き出しの多さを感じますし、それプラス雰囲気としてのロックンロール、新古典派的な佇まいがこのザ・ヴァクシーンズの魅力になっているんだなぁと改めてセカンドアルバムを聞いて意識させられました。I Always Knew。

 

なぜ洋楽不況なのか?

20120928

 洋楽が持っているリアルというものを理解するためには、歌詞を読んでみたり、そのバンドが持つヒストリーを理解してみたり、そんなある程度の努力と趣味性が要求されるわけですけれども、それよりはもっと手っ取り早い、手短にあってすぐに理解して、自分の生活のリアルにすぐに直結するようなナンバーを求めてしまうのでしょう。まあ、邦楽は邦楽で進歩しているので、そういった意味でだんだん多くファンが洋楽から離れていてしまうというのは時代の流れとしてあることなのかもしれませんけれども、でもやっぱり洋楽のすばらしさ、そして残念ながらまだまだ邦楽は洋楽に届かないところいる作品が無数にあるという現実はあります。そういうのを知っている僕やこの番組のリスナーは、もっと洋楽のすばらしさを日本の音楽ファンに届けられたらいいなぁという思いを持っているのだろうと思います。

グリズリー・ベア (Grizzly Bear)に学ぶ、実験的な音楽を研究しながらも大衆とも向き合うことの大切さ

20120921

 グリズリー・ベアでYet Again。

 

 いいですよね。すごく聞きやすく、この圧倒的なグルーヴは気持ちいいし、音楽的な緻密さは精度をあげ、でも敷居は限りなく低くなってきたという、ポップミュージックとして理想の変化を、このグリズリー・ベアはとげているという手ごたえがありました。彼ら自身は「僕達は上品であることに少しうんざりしていた」といっているんですけれども、「多少荒削りで生々しくむき出しにされたサウンドにしたかったんだ」と。確かに、上品であることにうんざりしていたのかどうかは当事者ではないので分からないですけれども、いままでは本当に緻密なコーラスワークで、どちらかというと理系の音作りをしていた節もあったんですけれども、その辺の計算は何でもいいからドカンと行こうぜみたいな、でもそれがラフなものになっているのかというとそうでもなくて、やはり基本となるグリズリー・ベアの音楽的な精緻なものはちゃんと機能しつつ、それをあまり感じさせないものになっていて、面白いなぁという感じがします。次もタイトルが最高で、A Simple Answer。

 

 すごいダイナミックな曲ですよね。私はこのアルバムの中でこの曲がある意味一番すきなんですけれどもね。私はこのズンドコズンドコしたのが好きで、レッド・ツェッペリンっぽくて思わず反応してしまうんですけれども、グリズリー・ベアこう来たか、みたいな感じです。もともとテキサスでアルバム作成をやろうとしたけれども、そこではまだ新しいモードのグリズリー・ベアのバンドメカニズムがうまく働かなくて、その後に東海岸に戻って新しくセッションを開始したらこういう音楽が出来たそうで、本当にバンドのケミストリーは面白いなぁと思います。よく、どこそこでレコーディングしたからこうなったんだと言われて、そんなレコーディングをしたこともない私はよく分からないんですけれども、そういうメカニズムってあるんだなぁと思いました。で、こういうズンドコしたグリズリー・ベアもあるんですけれども、当然グリズリー・ベアはイノベーティブであろうと、よりアーティスティックで違う領域へ挑戦していこうと、そういうナンバーもありまして、続いてもHalf Gateというナンバーはそうした彼らの意欲作でございます。Half Gate。

 

 いわゆるブルックリン派といわれる、フリート・フォクシーズにしろ、このグリズリー・ベアしろ、ダーティー・プロジェクターズにしろ、アニマル・コレクティブにしろ、そういう一連の新しい世代のネオ・フォークとかネオ・サイケとか呼ばれるような動きが出てきて、それは興味深かったし、僕自身も積極的に新作を紹介したりして、みなさんにこういう動きもあるんですよとお伝えしたんですけれども、同時になんかポップミュージック研究会の大学の研究報告みたいなところがあって、この究極の文系のノリってどうなんだろうみたいな違和感もこういうバンドに対してちょこっと感じていてそんなコメントもしたんですが、ちょっと反省ですね。ダーティー・プロジェクターズの新作も大絶賛のもとに紹介しましたけれども、今回のグリズリー・ベアもすごいです。ただ、彼ら自身がそこに至るまでの経過というのは、やはり研究成果を発表し、それで実際に市場と向き合い、そこでお客さん達のリアクションや聞き手の肉体みたいなものと向き合った時にいろいろなことを感じたんだとおもうんですね。そこでよりタフになっていくのか、それともタコツボ状態になって自分のところにどんどん篭ってしまうのかという、そんな所があったと思うんですけれども、そこの試練というか、ポップミュージックの一番大切なところをブルックリン派は、それぞれのバンドが、それぞれのステージへ、それぞれの覚悟で乗り越えてきたという手ごたえを感じますね。こういうバンドがどんどん登場してくれるとうれしいなぁという感じがします。

記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ