音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

テイラー・スウィフト(Taylor Swift)、アゲインストな風の中アルバムを発表する

20171201

 大変な話題になっておりますテイラー・スウィフトの「Reputation」を紹介したいと思います。みなさんご存知のようにテイラー・スウィフトというのは今のポップミュージックシーンの女性シンガーのヒールとして、悪役としてイメージされ、攻撃された女性アーティストであります。ケイティー・ペリー(Katy Perry)と確執があったとか、最近では白人至上主義的なメッセージがあったとか言われたり、アルバムの売り方がエグいと言われたり、そしてなによりも彼女自身がかつて自分と付き合った男性との交際経験、そしてその多くを振ってきたというそういうようなことをモチーフに曲が作られていると、ありとあらゆる言われ方の中で、まさに「Reputation」、評判のすごくアゲインストな風の中にいるというその中でアルバムを作りました。彼女にとってこのアルバムを作るということは、ものすごく大きな決意のもとの行為であることが、なんとアルバムにセルフライナーノーツがついていまして、「私が人々について学んだこと」というかなり長文の原稿を彼女が書いています。これがすばらしい。長いので一部だけ紹介したいと思います。

  今の時代は自分の人生の物語全体をインターネット上に記録した写真で振り返ることができる最初の世代で、それと同時に私達はみなやがてそれの後遺症に気づくことになる。結局のところ、人が写真をネットに投稿するのは、自分のことを見知らぬ他人にどう思ってもらいたいのか、キュレーションするため。とはいうものの、目が覚めて鏡をのぞけば、そこに映っているのはシワやキズ跡やシミのある顔で、嫌気がさしてしまう。私達が願うのは、同じ起き抜けの顔を見ても、そこに未来やパートナーや永遠を見出してくれる誰かにいつか出会えたらということ。物語のあらゆる側面を知り、そして私という万華鏡とあらゆる角度から見た上で、それでも自分を選んでくれる誰かに。私は15歳の時から世間の目に晒されてきた。そのすばらしくてうれしい面はとても幸運にも音楽で生計を立てていられるということ。そして愛情にあふれた大勢の人々、刺激をもらえる大勢の人々に出会えていたということ。その反面、私が犯した過ちが批判材料に使われ、経験した悲しみがエンターテイメントとして扱われ、そして私のソングライティングが個人情報の過剰な公開として矮小化されてしまっている。このアルバムが世に出たら、ゴシップ系ブログが歌詞をくまなく調べ、それぞれの曲にあてはめられるであろう男性を探し回ることでしょう。まるで音楽を生み出すインスピレーションが親子鑑定検査と同じくらい簡潔明瞭なものであるかのように。間違った各説を裏付ける写真のスライドショーもきっと作られるはず。だって今は2017年で、写真が添えられていない場合は、起こりえなかったことということになってしまうわけだから。でしょ。後ろの方にいる人たちにも聞こえるように、もっと大きな声でもう一度言わせてね。誰かの事を分かっていると思っても、実際それはその人がこちらを見せようと思っている姿だということ。説明はこれ以上ありません。あとは評判。Reputationが出回るだけです。

 すごい。27歳だと思うんですけれども、本当に過酷な状況の中で、覚悟をもってこのアルバムを作ったというのがヒリヒリと伝わってきます。そしてかける曲がEnd Game。そしてそこでフューチャリングされているのが、元カレと噂のあるエド・シーラン(Ed Sheeran)。やりますね。

  大評判大評判
  あなたと私は大評判になっている
  私の噂は聞いているでしょ
  手ごわい敵は何人かいるかって
  大評判大評判
  あなたと私はきっと大きな話題のタネになる
  あなたの噂は聞いているわ
  あなたも悪いタイプが好きなのね
  あなたには触れたくないのよ
  なりたくない
  ただの元カノの一人になんて
  あなただって見たくないでしょ
  会いたがったりしたくない  
  ほかの女の子のようにあなたを傷つけたくないのよ
  望んでいるのはビーチでお酒を飲みながら二人でいちゃついているってだけ
  世間がどういうかわかっている
  だけど遊びっていうわけじゃない
  あなたとのカップルエンドをむかえたい
  あなたの選抜メンバーになりたい
  あなたのAチームになりたい
  あなたとカップルエンドをむかえたい
  
 ビデオクリップをみると、最近のテイラー・スウィフトの方向性というのは、このアルバムで新しい自分になると、すごくサイボーグ化されたものすごく強靭なイメージで、彼女自身は自分を高めているのかもしれませんけれども、このアルバムを聞くとそこにいるのは若い、傷つきやすい一人の女の子のリアルで、そしてものすごくたくさん出てくるモチーフが「逃げる」ということなんですね。やっぱり彼女自身はここから逃げたいという正直な思いがある。戦わなければ、でも逃げたい。そういう切り裂かれた思いというのがエモーショナルな楽曲につながっていて、でもすごいのが、そういうのがセンチメンタリズムで後ろ向きな、文学的な方向に行かずに、ポップな、ものすごく強靭な、コマーシャルな楽曲につながっていくという構造がすごいなと思うんですけれども、その典型的なのがGetaway Carという曲があります。逃走車という曲なんですけれども、

  あなたが走らせていたのは逃亡車
  ふたりで空を飛んでいた
  でも遠くまでは行けなかった
  不可解な謎に見せかけないで
  初めて出会った場所を思いうかべるの
  逃亡車に乗りながらサイレンが響き
  あなたの鼓動と共鳴していた
  私から先にさよならをすべきだったのね
  初めて出会った場所を思い浮かべるの
  逃亡車に乗りながら
  でも遠くまでは行けなかった
  逃亡車に乗り込むのはそもそも間違いというもの
  逃亡車を走らせていた私
  逃亡しながら泣いていた
  逃亡車の中で死にそうになりながら
  逃亡車の中でサヨナラを告げて
  逃亡車を走らせていた私
  逃亡しながら泣いていた
  逃亡車の中で死にそうになりながら  
  逃亡車の中でサヨナラを告げた



ノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)はカニエ・ウェスト(Kanye West)やレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)に影響を受けてもノエル・ギャラガーである説

20171201

 ノエル・ギャラガーズ・ハイ・フライング・バーズ(Noel Gallagher's High Flying Birds)でIf Love Is The Law。



 ノエル・ギャラガーの「Who Built The Moon?」という最新作。すでにロンドン情報で、今回は全然変わっちゃってすごいぞという児島さんのレポートがありましたけれども、その最新作から一曲聞いていただきました。今回はデヴィッド・ホルムス(David Holmes)という、それこそプライマル・スクリーム(Primal Scream)やU2を手掛けた打ち込み系先端プロデューサーを起用しまして、すっかりノエル・ギャラガーは変わってしまったと。Holy Mountainという先行シングルを聞いて、本当に変わったなぁと思われた方も多いと思います。確かにサウンドデザインから方向性からすっかり変わったんですが、かといってノエルがどこかとんでもない所に行ってしまった作品ではないんですよね。これは従来のオアシスファンもノエルファンもすごく満足できる作品に仕上がっているし、それ以外の新しい層にもささる、非常にすばらしい作品だという印象を持ちました。インタビューを読むと、デヴィッド・ホルムスとノエルは曲作りから一緒にスタジオでやっていたんですけれども、カニエ・ウェスト(Kanye West)のFadeを聞いて、俺たちもこういうの行こうぜって話し合ったって、まずドラムのループから作ってさぁって。俺の中のノエル・ギャラガーのイメージが変わっていくなぁって感じなんですが、どれもこれもノエル・ギャラガーの基本の骨太のメロディーラインに、それこそ今21世紀、2017年のすごくコンテンポラリーなサウンドが合体した力強い楽曲が並んでおります。She Taught Me How to Fly。



 いいですよね。従来型のオアシスメロディーではなくても、彼のグッドメロディーというのはやはり普遍性を持っていて、それがこの四つ打ちと合体して、でもグルーヴはやっぱりノエルだよなぁという本当に気持ちの良い世界が構成されております。先行シングルのHoly Mountainで、今回は飛距離あるなぁと思った方も安心なさったと思います。そしていよいよ究極の安心ナンバーを聞こうと思います。オアシスメロディーの王道を行っています。でもそのサウンドデザインにおいて、全然今までとは違った世界が展開されております。でも本人はこれはレッド・ツェッペリンだと言っているみたいなのですが、でも彼のオアシスメロディーが大好きな人にはたまらないナンバーじゃないでしょうか。The Man Who Built the Moon。



 今度の作品はノエルにとって新しい挑戦であり、でも彼自身のポップソングライターとしての魅力はより拡大していることが十分伝わったのではないかという気がします。

スーパーオーガニズム(Superorganism)に学ぶ、今日的なバンドの結成方法

20171110

児島由紀子「最近UKのインディーズシーンでバズっている新人でスーパーオーガニズムについて紹介します。」

渋谷陽一「すごいグループ名ですね。」

児島「17歳の日本人の女の子がボーカルなんですね。彼女自体はアメリカの東海岸に住んでいる学生だったんですよ。ロンドンに住んでいるミュージシャンが彼女にデモを作って送ったのがきっかけで、大西洋を越えたコラボ活動が始まりまして、いろいろな曲が生まれてきて、彼女も今はロンドンに移住して、他のメンバーたちもネットを通じて、一人はニュージーランドからという人もいて、すごいインターナショナルなバンドなんです。」

渋谷「面白いですね。」

児島「今は8人編成なんですよ。今後メンバーが増える可能性もあるそうです。だから、普通のバンドというよりも音楽コミューンみたいな感じだって言っていますけれどもね。」

渋谷「でも最近のバンドはそういう傾向が強いですよね。」

児島「確かにそうですよね。今はSNSとかがあるから、世界のどこに住んでいようがコラボができるわけですからね。」

渋谷「そうですね。そして、実際に自分のバンドを持ちながら別のバンドでワイワイやるというのも多いですしね。」

児島「その典型みたいなバンドなんです。」

渋谷「これは音楽的にイギリスですごく話題になっているんですか。」

児島「なっているんです。つい先日彼女たちがロンドンで初めてのライブを行った時に見たんですけれども、いきなりキャパ700人の会場が劇混みで、こちらのオシャレな人種に非常に受けているんですよ。」

渋谷「なるほど。結構トレンドなものなんだ。」

児島「そうそうそう。欧米のインディー文化と日本独特のポップカルチャーを混ぜたような感じなんですね。ボーカルの女の子はオロノ(Orono)という変わった名前なんですけれども、彼女はゴリラズ(Gorillaz)のヌードルに似ているということで、最初はデーモン・アルバーン(Damon Albarn)の新ユニットじゃないかという噂もあったくらいで。」

渋谷「東洋人ならばみんな同じに見えるんじゃないかみたいな。」

児島「そうそう。はやくからフランク・オーシャン (Frank Ocean)とかヴァンパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)のエズラ・クーニグ(Ezra Koenig)とかに目をつけられて、ラジオでもいち早くオンエアーされたりしているんですよ。」

渋谷「ちらっと聞いたんですけれども、彼女の英語はどうなんですか。多少オリエンタルな感じなんですか。それともネイティブな感じなんですか。」

児島「けっこうイケてると思いますよ。アメリカで生まれた日系なのか、日本から留学したのかは今のところ不明なんですけれども。でも、すでにBBCのテレビ番組なんかでも出たんですよ。」

渋谷「結構メジャーな展開もしているんですね。」

児島「そう。だからイギリスの音楽シーンで注目されているんです。アルバムは来年だそうですけれども。」

渋谷「ライブはどうでしたか。楽しかったですか。」

児島「楽しいです。彼女は無表情でつぶやくように歌って、タンバリンを叩きながら歌うバックコーラスがすごいド派手なアクションで、そのコントラストがすごく面白いなぁと思って。」

渋谷「じゃあ、クールな東洋人みたいな、エキゾチックみたいな。」

児島「今ロンドンで一番クールな日本人の女の子は彼女でしょ。」

渋谷「なるほど。じゃあアルバムを楽しみに待ちたいと思います。スーパーオーガニズムでSomething For Your M.I.N.D.。」



渋谷「スーパーオーガニズム最高ですね。日本人の女の子がやっているというそこら辺も面白いですけれども、児島さんの説明にもありましたけれども、もともとアメリカの東海岸とロンドンと遠くに離れた所で音源のやりとりをしながら、メッセージのやり取りをしながらだんだん曲が作られていったり、いろいろな所からSNSでメンバーが集まって来たりと、非常に今日的な在り方で、そして音の方も、これは最近年がら年中言っていることですけれども、一定のジャンルにこだわりなくジャズやヒップホップ、R&Bやインディーロックなどの要素を含んだみたいなことを私はよく言いますけれども、そういうようないろいろな要素がクロスオーバーしているものというのは、今の若い世代のサウンドにすごく共通する、そんな感じにどんどんなってきていますよね。」

キング・クルー(King Krule)はカマシ・ワシントン(Kamasi Washington)やロバート・グラスパー(Robert Glasper)よりジャズである説

20171110

 キング・クルーの最新作、ソロとしては二枚目の作品になります「The OOZ」という作品を紹介したいと思います。キング・クルーはデビューした時が16歳くらいで、この年齢で大人な雰囲気を持っていて、ありとあらゆる音楽ジャンルを取り込んだ非常にオリジナルな世界を構築した素晴らしい才能として評価されています。セカンドアルバムでより一層の進化をとげて、二十歳そこそこではございますけれども、素晴らしい作品を作ってくれました。Biscuit Town。



 ほんとうにありとあらゆる音楽の要素を、要素として取り出すというのではなくて、完全に自分の中で肉体化している。日本でもフェスで来日したりしていますけれども、これが本当にフィジカルな形でステージでも再現されておりまして、すごいなぁと思います。現在は23歳。若いのに間違いない、そういうすばらしい才能です。続いての曲はDum Surfer、クズなサーファーという曲なんですけれども、

  バカなサーファーが金をくれる
  賭けに勝って小便がしたい
  今演奏しているこのバンドときたらどうしょうもないクズな曲をやって
  まるでスカンクの屁とたまねぎの汁のよう
  脳みそがマッシュポテトのようになっちまう
  お役所の埋蔵金をちょろまかした彼は
  運にまかせてオケラになった
  彼はズタボロ
  僕もズタボロ
  二人ともズタボロだ
  その中はそんな風に真っ二つにぶった切られない
  金星が軌道を一回りする間に
  僕は心なしか押しつぶされた気分になった
  強火で素早く炒めてもごまかせず
  またしても尿意がきた
  彼女は英語を話したが
  僕らの席は明かりが暗かった
  彼女の顔を覚えているが
  それが最後の曲だ



 すばらしい曲ですよね。キング・クルーって混沌としていてダークな世界なんですけれども、どこかに透明感があるという感じがするんですよね。僕はそれに2017年の23歳のリアルを感じてしまうんですけれども、続いてはわりとハードな曲です。これもすばらしいんですけれども、Emergency Blimpという曲です。歌詞もなかなかユニークです。
  
  明かりを見ると痛むだろうと彼は言った
  思うに僕の脳は精一杯で左側で決断できないんだ
  それでも医者は大丈夫だと言った
  ただこれを真夜中に飲むようにと
  君は深い眠りに落ちるだろうと
  頭はベッドに寝ているけれども
  僕の心は起きたままだ
  この錠剤を飲むと
  この錠剤を飲むと
  よだれを垂らしてしまう
  いいかこの錠剤を飲むと
  この錠剤を飲むと
  よだれを垂らしてしまうと言っているんだ
  医者に言ったんだ
  あんたの治療はおかしいと
  すると彼は僕にもっと処方した
  でも一年たっても何の変化もない



 カニエ・ウェスト(Kanye West)とかフランク・オーシャン (Frank Ocean)も高く評価をして、フランク・オーシャンは一緒にやろうと言っていたけれども実現しなくて、その辺どうなのとキング・クルーに聞いたインタビューがあるんですけれども、キング・クルーは、「家に来てリズム作ってやったんだけれども全然作品になってないってことは、きっとダサいって思ったんじゃないの」って、その辺の感覚もすごいと思います。

 最近年がら年中言っていることですけれども、一定のジャンルにこだわりなくジャズやヒップホップ、R&Bやインディーロックなどの要素を含んだみたいなことを私はよく言いますけれども、そういうようないろいろな要素がクロスオーバーしているものというのは、今の若い世代のサウンドにすごく共通する、そんな感じにどんどんなってきていますよね。言うまでもなくキング・クルーというロンドンのミュージシャンですけれども、彼の音楽もそういうそういう所があって、19曲入っていてその中でどれだけ多様な音楽性が表現されているのか、すごいなぁと思います。これはすばらしいことで、どんどん音楽的要素がボーダレスになっていって、例えば、カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)、ロバート・グラスパー(Robert Glasper)なんかより、僕なんかはキング・クルーの方がジャズの要素をより一層強く感じたりして、だから音楽的スタイルだけではなくて、マインド設定や思想的な有り様みたいなものが音楽を決定づけているというような、ある意味コンテンポラリーではあるけれども、ひょっとすると音楽の原点により一層戻ってるんじゃないかなとも思います。

リヴァース・クオモ(Rivers Cuomo)、荘子に影響をうける

20171110

 ウィーザー(Weezer)でMexican Fender。



 ウィーザーの新作が、前作の「The White Album」から一年のインターバルをもって発表されました。アルバムのタイトルは「Pacific Daydream」。このアルバムタイトルをつけたきっかけとなったのは、リヴァースが荘子の一つのエピソードに感銘をうけて、そこからこのタイトルを思いついたそうです。どういう話かというと、「胡蝶の夢」という有名な話で、荘子がある日夢を見て、夢の中で蝶になって、ものすごく楽しく飛び回っていて、自分が荘子であることを忘れてしまった。目覚めた時に荘子は自分に戻って、自分が蝶の夢を見ている人間だったのか、それとも本当は自分は蝶で人間であることを夢見ているのか分からなくなってしまった。つまり、何がリアルで何がリアルではないのか、その根拠というのは何であろうということを疑った、考えれば奥の深い話でありますけれども、ポップなデイドリームに今回のアルバムはなっているとそんな感じで、リヴァースはこのタイトルをつけたのかもしれません。もともとは「Black Album」という凄いタイトルで考えていたわけですけれども、もともと前作からウィーザーはポップで胸キュンなメロディーの本来的なサウンドに戻っているわけですけれども、今回はそうではない方向に行こうとしたんだけれども、結局今聞いていただいたようなやはりウィーザーらしいサウンドになったと。そして、これって何なんだろうと考えた時に「胡蝶の夢」という一つの荘子のエピソードから思いついたのかもしれません。Sweet Mary。



  夜になると幽霊が出る
  雷が鳴り響き稲妻の光が彼女に続く
  どこにいても彼女はキレイさ
  だけど僕は彼女に触れられない
  彼女は死んでしまうだろうから
  だから彼女が素敵な場所に連れてってくれる
  僕は笑顔で見つめているだけさ

 という非常に白昼夢というかデイドリームな歌詞なんですけれども、こういう歌詞が多いです。続いてもう一曲Get Rightという、これも美しいウィーザーの王道のナンバーを聞くんですけれども、

  僕は一人で時を過ごしてきた
  やれたかもしれない物事について考えてきた
  一人きりだと辛くなる
  こんな風になるなんて思いもしなかった
  君の写真を並べて祭壇を作った  
  真実に近づこうと必死に頑張った
  でも見るのが怖くなる
  何かを選ぶと他のすべてを失うような時は
  分かってる
  君はあそこにいて僕を待っている
  でも僕は自分がちゃんとやれるかどうかわからない
  分かっている
  君はあそこにいて僕を待っている
  でも僕は自分が切り抜けられるかどうかわからない
  うちの犬に向けて歌いながらずっとお祈りをしておくれ
  美しい蜃気楼のように消えたりしないでおくれ

 ウィーザーでGet Right。



記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ