音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

スーパーオーガニズム(Superorganism)に学ぶ、今日的なバンドの結成方法

20171110

児島由紀子「最近UKのインディーズシーンでバズっている新人でスーパーオーガニズムについて紹介します。」

渋谷陽一「すごいグループ名ですね。」

児島「17歳の日本人の女の子がボーカルなんですね。彼女自体はアメリカの東海岸に住んでいる学生だったんですよ。ロンドンに住んでいるミュージシャンが彼女にデモを作って送ったのがきっかけで、大西洋を越えたコラボ活動が始まりまして、いろいろな曲が生まれてきて、彼女も今はロンドンに移住して、他のメンバーたちもネットを通じて、一人はニュージーランドからという人もいて、すごいインターナショナルなバンドなんです。」

渋谷「面白いですね。」

児島「今は8人編成なんですよ。今後メンバーが増える可能性もあるそうです。だから、普通のバンドというよりも音楽コミューンみたいな感じだって言っていますけれどもね。」

渋谷「でも最近のバンドはそういう傾向が強いですよね。」

児島「確かにそうですよね。今はSNSとかがあるから、世界のどこに住んでいようがコラボができるわけですからね。」

渋谷「そうですね。そして、実際に自分のバンドを持ちながら別のバンドでワイワイやるというのも多いですしね。」

児島「その典型みたいなバンドなんです。」

渋谷「これは音楽的にイギリスですごく話題になっているんですか。」

児島「なっているんです。つい先日彼女たちがロンドンで初めてのライブを行った時に見たんですけれども、いきなりキャパ700人の会場が劇混みで、こちらのオシャレな人種に非常に受けているんですよ。」

渋谷「なるほど。結構トレンドなものなんだ。」

児島「そうそうそう。欧米のインディー文化と日本独特のポップカルチャーを混ぜたような感じなんですね。ボーカルの女の子はオロノ(Orono)という変わった名前なんですけれども、彼女はゴリラズ(Gorillaz)のヌードルに似ているということで、最初はデーモン・アルバーン(Damon Albarn)の新ユニットじゃないかという噂もあったくらいで。」

渋谷「東洋人ならばみんな同じに見えるんじゃないかみたいな。」

児島「そうそう。はやくからフランク・オーシャン (Frank Ocean)とかヴァンパイア・ウィークエンド(Vampire Weekend)のエズラ・クーニグ(Ezra Koenig)とかに目をつけられて、ラジオでもいち早くオンエアーされたりしているんですよ。」

渋谷「ちらっと聞いたんですけれども、彼女の英語はどうなんですか。多少オリエンタルな感じなんですか。それともネイティブな感じなんですか。」

児島「けっこうイケてると思いますよ。アメリカで生まれた日系なのか、日本から留学したのかは今のところ不明なんですけれども。でも、すでにBBCのテレビ番組なんかでも出たんですよ。」

渋谷「結構メジャーな展開もしているんですね。」

児島「そう。だからイギリスの音楽シーンで注目されているんです。アルバムは来年だそうですけれども。」

渋谷「ライブはどうでしたか。楽しかったですか。」

児島「楽しいです。彼女は無表情でつぶやくように歌って、タンバリンを叩きながら歌うバックコーラスがすごいド派手なアクションで、そのコントラストがすごく面白いなぁと思って。」

渋谷「じゃあ、クールな東洋人みたいな、エキゾチックみたいな。」

児島「今ロンドンで一番クールな日本人の女の子は彼女でしょ。」

渋谷「なるほど。じゃあアルバムを楽しみに待ちたいと思います。スーパーオーガニズムでSomething For Your M.I.N.D.。」



渋谷「スーパーオーガニズム最高ですね。日本人の女の子がやっているというそこら辺も面白いですけれども、児島さんの説明にもありましたけれども、もともとアメリカの東海岸とロンドンと遠くに離れた所で音源のやりとりをしながら、メッセージのやり取りをしながらだんだん曲が作られていったり、いろいろな所からSNSでメンバーが集まって来たりと、非常に今日的な在り方で、そして音の方も、これは最近年がら年中言っていることですけれども、一定のジャンルにこだわりなくジャズやヒップホップ、R&Bやインディーロックなどの要素を含んだみたいなことを私はよく言いますけれども、そういうようないろいろな要素がクロスオーバーしているものというのは、今の若い世代のサウンドにすごく共通する、そんな感じにどんどんなってきていますよね。」

キング・クルー(King Krule)はカマシ・ワシントン(Kamasi Washington)やロバート・グラスパー(Robert Glasper)よりジャズである説

20171110

 キング・クルーの最新作、ソロとしては二枚目の作品になります「The OOZ」という作品を紹介したいと思います。キング・クルーはデビューした時が16歳くらいで、この年齢で大人な雰囲気を持っていて、ありとあらゆる音楽ジャンルを取り込んだ非常にオリジナルな世界を構築した素晴らしい才能として評価されています。セカンドアルバムでより一層の進化をとげて、二十歳そこそこではございますけれども、素晴らしい作品を作ってくれました。Biscuit Town。



 ほんとうにありとあらゆる音楽の要素を、要素として取り出すというのではなくて、完全に自分の中で肉体化している。日本でもフェスで来日したりしていますけれども、これが本当にフィジカルな形でステージでも再現されておりまして、すごいなぁと思います。現在は23歳。若いのに間違いない、そういうすばらしい才能です。続いての曲はDum Surfer、クズなサーファーという曲なんですけれども、

  バカなサーファーが金をくれる
  賭けに勝って小便がしたい
  今演奏しているこのバンドときたらどうしょうもないクズな曲をやって
  まるでスカンクの屁とたまねぎの汁のよう
  脳みそがマッシュポテトのようになっちまう
  お役所の埋蔵金をちょろまかした彼は
  運にまかせてオケラになった
  彼はズタボロ
  僕もズタボロ
  二人ともズタボロだ
  その中はそんな風に真っ二つにぶった切られない
  金星が軌道を一回りする間に
  僕は心なしか押しつぶされた気分になった
  強火で素早く炒めてもごまかせず
  またしても尿意がきた
  彼女は英語を話したが
  僕らの席は明かりが暗かった
  彼女の顔を覚えているが
  それが最後の曲だ



 すばらしい曲ですよね。キング・クルーって混沌としていてダークな世界なんですけれども、どこかに透明感があるという感じがするんですよね。僕はそれに2017年の23歳のリアルを感じてしまうんですけれども、続いてはわりとハードな曲です。これもすばらしいんですけれども、Emergency Blimpという曲です。歌詞もなかなかユニークです。
  
  明かりを見ると痛むだろうと彼は言った
  思うに僕の脳は精一杯で左側で決断できないんだ
  それでも医者は大丈夫だと言った
  ただこれを真夜中に飲むようにと
  君は深い眠りに落ちるだろうと
  頭はベッドに寝ているけれども
  僕の心は起きたままだ
  この錠剤を飲むと
  この錠剤を飲むと
  よだれを垂らしてしまう
  いいかこの錠剤を飲むと
  この錠剤を飲むと
  よだれを垂らしてしまうと言っているんだ
  医者に言ったんだ
  あんたの治療はおかしいと
  すると彼は僕にもっと処方した
  でも一年たっても何の変化もない



 カニエ・ウェスト(Kanye West)とかフランク・オーシャン (Frank Ocean)も高く評価をして、フランク・オーシャンは一緒にやろうと言っていたけれども実現しなくて、その辺どうなのとキング・クルーに聞いたインタビューがあるんですけれども、キング・クルーは、「家に来てリズム作ってやったんだけれども全然作品になってないってことは、きっとダサいって思ったんじゃないの」って、その辺の感覚もすごいと思います。

 最近年がら年中言っていることですけれども、一定のジャンルにこだわりなくジャズやヒップホップ、R&Bやインディーロックなどの要素を含んだみたいなことを私はよく言いますけれども、そういうようないろいろな要素がクロスオーバーしているものというのは、今の若い世代のサウンドにすごく共通する、そんな感じにどんどんなってきていますよね。言うまでもなくキング・クルーというロンドンのミュージシャンですけれども、彼の音楽もそういうそういう所があって、19曲入っていてその中でどれだけ多様な音楽性が表現されているのか、すごいなぁと思います。これはすばらしいことで、どんどん音楽的要素がボーダレスになっていって、例えば、カマシ・ワシントン(Kamasi Washington)、ロバート・グラスパー(Robert Glasper)なんかより、僕なんかはキング・クルーの方がジャズの要素をより一層強く感じたりして、だから音楽的スタイルだけではなくて、マインド設定や思想的な有り様みたいなものが音楽を決定づけているというような、ある意味コンテンポラリーではあるけれども、ひょっとすると音楽の原点により一層戻ってるんじゃないかなとも思います。

リヴァース・クオモ(Rivers Cuomo)、荘子に影響をうける

20171110

 ウィーザー(Weezer)でMexican Fender。



 ウィーザーの新作が、前作の「The White Album」から一年のインターバルをもって発表されました。アルバムのタイトルは「Pacific Daydream」。このアルバムタイトルをつけたきっかけとなったのは、リヴァースが荘子の一つのエピソードに感銘をうけて、そこからこのタイトルを思いついたそうです。どういう話かというと、「胡蝶の夢」という有名な話で、荘子がある日夢を見て、夢の中で蝶になって、ものすごく楽しく飛び回っていて、自分が荘子であることを忘れてしまった。目覚めた時に荘子は自分に戻って、自分が蝶の夢を見ている人間だったのか、それとも本当は自分は蝶で人間であることを夢見ているのか分からなくなってしまった。つまり、何がリアルで何がリアルではないのか、その根拠というのは何であろうということを疑った、考えれば奥の深い話でありますけれども、ポップなデイドリームに今回のアルバムはなっているとそんな感じで、リヴァースはこのタイトルをつけたのかもしれません。もともとは「Black Album」という凄いタイトルで考えていたわけですけれども、もともと前作からウィーザーはポップで胸キュンなメロディーの本来的なサウンドに戻っているわけですけれども、今回はそうではない方向に行こうとしたんだけれども、結局今聞いていただいたようなやはりウィーザーらしいサウンドになったと。そして、これって何なんだろうと考えた時に「胡蝶の夢」という一つの荘子のエピソードから思いついたのかもしれません。Sweet Mary。



  夜になると幽霊が出る
  雷が鳴り響き稲妻の光が彼女に続く
  どこにいても彼女はキレイさ
  だけど僕は彼女に触れられない
  彼女は死んでしまうだろうから
  だから彼女が素敵な場所に連れてってくれる
  僕は笑顔で見つめているだけさ

 という非常に白昼夢というかデイドリームな歌詞なんですけれども、こういう歌詞が多いです。続いてもう一曲Get Rightという、これも美しいウィーザーの王道のナンバーを聞くんですけれども、

  僕は一人で時を過ごしてきた
  やれたかもしれない物事について考えてきた
  一人きりだと辛くなる
  こんな風になるなんて思いもしなかった
  君の写真を並べて祭壇を作った  
  真実に近づこうと必死に頑張った
  でも見るのが怖くなる
  何かを選ぶと他のすべてを失うような時は
  分かってる
  君はあそこにいて僕を待っている
  でも僕は自分がちゃんとやれるかどうかわからない
  分かっている
  君はあそこにいて僕を待っている
  でも僕は自分が切り抜けられるかどうかわからない
  うちの犬に向けて歌いながらずっとお祈りをしておくれ
  美しい蜃気楼のように消えたりしないでおくれ

 ウィーザーでGet Right。



デイヴ・グロール(Dave Grohl)に学ぶ、ロックはむしろ繁栄している説

20171103

中村明美「カル・ジャム(Cal Jam)というフー・ファイターズ(Foo Fighters)が主催したロックフェスについてレポートさせていただきます。フー・ファイターズは今年「Concrete and Gold」という本人いわくバンド史上最も爆音のアルバムを完成させました。デイヴ・グロールにインタビューした時も、自分で初めて誇りに思える作品ができたと言っていたので、このアルバムを盛大に祝う方法として、フェスを開いて、自分が好きなバンド22を集めて、5万人のファンと祝うんだということで、ロスの郊外の公園で行われたフェスに行ってきました。ついた瞬間になんて最高なんだという空間が作られていて、フー・ファイターズの博物館があたり、観覧車があったりと空間自体が素敵だったんです。集めたメンツも、クイーンズ・オブ・ザ・ストーン・エイジ(Queens of the Stone Age)、リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)といった大御所から、ウルフ・アリス(Wolf Alice)、ロイヤル・ブラッド(Royal Blood)、ザ・ストラッツ(The Struts)から、ザ・キルズ (The kills)とケイジ・ジ・エレファント(Cage the Elephant)と中堅でも素晴らしいバンドがいて、今見たいロックバンドが集まっている、ロックファンにとってみれば楽園みたいな、そういう素晴らしい空間でした。このフェスを見て大きく二つ感じたことは、まずは最近フェスが増えすぎていて、私的にもフェスが多すぎないかというような感じがあったのですが、いざ行ってみたら、まだまだやり方によってはこういったエキサイティングで楽しいフェスができるんだなということに気づいたことと、最近はロックよりもEDMやヒップホップの方が音楽的には勢いがあって、なんとなくロックは元気がないなという雰囲気があるんですけれども、若手を集めてやってみるとまだまだ新しい方向にどんどんロックが広がっているなということが実感できて、集まったファンも楽しかったでしょうし、バンドの方も相当楽しかったんじゃないかなと思います。デイヴ・グロール自身がフェスが終わってから「ロックンロールは生き残った。のみならず繁栄しているじゃないか」と堂々と言っていたので、行った方も出た方のすごく楽しいフェスでした。デイヴ・グロール自身も観客席まで降りてきてギターを披露したり、ハイライトは第一回目のカル・ジャムというのが1970年代に行われているのですが、その時にはエアロスミス(Aerosmith)が出演して、その一回目を記念するためにジョー・ペリー(Joe Perry)をここに呼ぼうということでゲストで出演して、Draw the Lineを、一回目で演奏した曲をやって共演するというすばらしいところがありつつ、その後にリアム・ギャラガーが一緒になって今度はザ・ビートルズ (The Beatles)のCome Togetherを演奏して大盛り上がりがありつつ、最後にデイヴ・グロールが「これはこれで最後じゃなくて来年もやるんだ」といってサヨナラの代わりにEverlongを演奏して、すばらしい12時間の最高のフェスでした。」

渋谷陽一「カル・ジャムってカルフォルニア・ジャムの略なのですか。」

中村「そうですね。」

渋谷「1970年代の、我々世代にとっては懐かしい思い入れのあるフェスですけれどもね。当時はそんなにフェスらしいフェスってそんなになかったんですけれども。その中でも印象に残っているフェスなので、それが復活したというのは面白いですね。」

中村「そうですね。ロックの歴史というか、ロックの伝統を俺たちが守り抜くんだというデイヴ・グロールの心意気もあったということですね。」

渋谷「デイヴ・グロールらしいフェスだなと思いますが、楽しそうだな、ぜひ行ったみたいと思いますけれども、そこで大盛り上がりだったというナンバーを聞いてください。エアロスミスのDraw the Line。」




ベック(Beck)、ポップになる

20171020

 ベックでSquare One。


 ポップですね。先行してWowとかDreamsというすごくキャッチーなナンバーがリリースされて、アルバムになったらポップになるだろうという予想通りの作品となりました。タイトルが「Colors」っていうくらいで、すごくカラフルでポップな作品になりました。それを代表する一曲としてSquare Oneを聞いていただきましたが、ベックはいろいろな所で発言しておりますけれども、とにかく今回のアルバムは曲をがんばったと。ポップソングをポップソングとして成立させる、そういうものにしたかったんだと。今までの自分の作品というのは、アレンジであったり、世界観であったり、空気感であったり、そういうようなことを重視した作品作りが多かったんだけれども、まさにポップミュージックがポップミュージックとして成立している究極のシンプルさ、でもそこにどこまでも深い奥行きがあるというか、そういう作品を作りたかったというその言葉どおりの作品になっております。続いては、この作品のリリースと同時のリードナンバーとなっているUp All Nightというナンバーを聞くんですけれども、インタビューで彼は、この曲は15回コーラスを書き直して、とにかく詰めて詰めてUp All Nightという楽曲はどこに向かおうとしているのかというのを詰めて詰めて、そして完成した作品で、最初と全然違う曲になっちゃったって言っているんですけれども、まさにそんなものすごく集中して、でも出来上がったのはこんなシンプルなナンバーでした。Up All Night。



 今回のベックはすごくポップでシンプルで力強く、多くの人に届くサウンドになっております。続いての曲はNo Distractionという曲であります。この歌詞は、

  今必要なものは目の前にある
  今必要なものはここにある
  君と僕にある

 というすごくシンプルなメッセージが歌われております。なんでこの曲を作ったのかというと、ちょと面白いエピソードがあって、それは曲を作った直接の動機ではないんですけれども、エレベーターに乗ってふと周りと見たら、自分以外のほとんどの人間がスマートフォンを見ていて、行先の階を見ているのは自分一人だけであったと。ここにある何もみんな見ていなくて、どこを見ているんだろうって。君と僕をつなぐいろいろな回路があるけれども、まさにNo Distraction。今必要なものは目の前にある、今必要なものはここにある。そんなメッセージが歌われているナンバーでございます。No Distraction。



 今回のベックの新作は、全部で10曲です。割とタイトに作られていて、ベック自身が、それこそ「スリラー」にせよ「レッツダンス」にせよ名作アルバムは10曲以内の作品が多いよねと言っているんですけれども、すごくタイトであっという間に終わってしまうんですけれども、何度でも聞きたくなるという作品を彼は狙って作ったんだろうと思います。続いて聞く曲は、その10曲目のナンバーです。Fix Meという、まさにアルバムがこの曲によって終わるという、アルバムの物語性を象徴しているような楽曲です。

  君が欲しい
  君が欲しい
  おお君が欲しい
  今夜街が海に飲まれてもかまわない
  今夜
  地面はからっぽで暗い空がついてくる
  君は自分がどこに行くのかわかっていない  
  木の枝には腕があって月が誤報
  自分以外君に危害を加えるものは何もない
  君が欲しいんだ
  君が欲しい
  君が欲しい
  今夜街が海に飲まれてもかまわない
  今夜
  僕は解放される
  僕は解放される



 いかにもアルバムの最後のナンバーという感じで、だんだんアルバムの概念が薄れてきているという時代がありましたけれども、今再びアルバムの物語性みたいなものが、ヒップホップのアーティストを主体に、新たにまた復活している、そんな感じがしますけれども、この作品もそんな感じがしました。

記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ