音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

世界で一番稼ぐミュージシャン、カルヴィン・ハリス (Calvin Harris)

20170707 

 ポップモンスター、カルヴィン・ハリスの新作を紹介したいと思います。このアーティストのスケール感は日本ではよくわからないですけれども、例えば楽曲再生回数1兆回、動画サイトでの動画再生回数100億回以上、米経済紙フォーブスが選ぶ世界で最も稼ぐDJランキング2013年から4年連続で1位。DJって今は一番稼ぎますから、その中で1位ってことは、世界一金持ちのミュージシャンと言っていいのではないのでしょうか。そのカルヴィン・ハリスが最新作を作って発表しました。そういうポップモンスターであると同時に、常に音楽の最前線。ゲストミュージシャンがフランク・オーシャン (Frank Ocean)とミーゴズ(Migos)。これ以外考えられないでしょみたいなキャスティングで、これは素晴らしい曲だと思います。聞いてください。カルヴィン・ハリスでslide。


 見事すぎて関心しちゃいますよね。もう一曲見事なカルヴィン・ハリスのナンバーを聞いてください。Prayers Up。



ポップミュージシャンは時代の証人である説

20170623 
 
 ベンジャミン・ブッカー(Benjamin Booker)とケイティー・ペリー(Taylor Swift)が「Witness」というタイトルのアルバムをほぼ同時に発表したということは、僕はすごく印象的だし、両方ともすばらしいアルバムだったし、両方とも社会にどうポップアーティストとしてコミットしていかなければならないのか、その中でどのような作品活動をやっていかなければならないのかという、明確な問題意識をもった作品だったのがすばらしいなぁと思います。そこで、ジェイムズ・ボールドウィン(James Baldwin)の言葉からなのかもしれませんけれども、タイトルとして「Witness」と出たということは、これもまた象徴的で、つまり簡単に言ってしまうと、ポップアーティストというのはどういう存在であればいいのか。傍観者ではありたくない、むしろそれは時代の証人として自分達は生きなければならないと。ポップアーティストというのがどういう役割で、現実的に政治家ではないわけですから、現実を変えるとかなんとかよりも、自分達自身が作品活動によって、何をやるのか。アジテーションとかそういう要素もあるのかもしれませんが、自分達のやることはまさに「Witness」、証人として時代のもっともヒリヒリとした断面を切り取っていくという作業であるというところから、同じタイトルのアルバムが登場したということは、僕は全然偶然ではないし、アメリカの大統領がかわってから、こういうすごくクリアなメッセージをが続いているとうのも、全然偶然じゃないと思います。

ケイティー・ペリー(Katy Perry)、戦う

20170623 

1、vs ドナルド・トランプ(Donald Trump)

 ケイティー・ペリーの最新作を紹介します。彼女が今回の大統領選において、ものすごくクリアに政治的なメッセージを発して、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)の応援を徹底的にやり、ポップアーティストとしてはかなりリスキーな形で政治にコミットしていたことは、誰もが知っていることです。それに対して彼女はなんら後悔をしていないし、よりいっそうその姿勢はクリアになってきていて、ポップアーティストとしてはものすごく現実との向き合い方の最前線にいる、そういうアーティストです。その彼女の最新作が「Witness」。まずはアルバムタイトルナンバーを聞いてください。Witness。



2、vs テイラー・スウィフト(Taylor Swift)

 当然、大エンターテイメントアルバムで、政治的メッセージや社会的な倫理観みたいなものを全編歌われているわけではなくて、大エンターテイメント、大ポップアルバムで、そこがすばらしいんですけれども、エンターテイメントの要素はいっぱいあって、最近のポップミュージック界の話題は、このケイティー・ペリーとテイラー・スウィフトのディスり合いというのがかなりシリアスに展開していて、ケイティー・ペリーとしては期待されているのですから応えないといけないというところで、すごい曲があります。Swish Swishという曲で、具体的に名前はあがっていないですけれども、ポップミュージックに多少興味がある人ならば、これが何について歌われているのか明確なんですけれども、

  抜け目のない人ね
  あなたの本音はお見通しよ
  だってあなたはジョーカーだから
  そして私はコートサイトのキラークイン
  そしてあなたは指輪にキスをすることになる
  本当よ
  だから落ち着いてハニー
  私はしばらくここにいるから
  1分以上はね
  だから慣れてちょうだい
  おかしなものね
  あなたの口から私の名前ばかり出てくるなんて
  だって私はずっと勝ちっぱなしだから
  シュートを決めてよ
  シュッシュッ
  ほらねバスケット中にもう一本
  こんなの誰も真似にできない
  棺桶行きがまた一人
  あなたのゲームは飽きられているのよ
  引退した方がいい
  あなたもまあ魅力的よ
  期限切れの古いクーポンと同じくらいね
  因果応報は嘘じゃない
  彼女はレシートをとってある

 すごい曲です。聞いていただこうと思います。Swish Swish。



 本当にケイティー・ペリーとテイラー・スウィフトの戦いというのは、一種のポップミュージック界のエンターテイメントになっていて、それはもう本人達も十二分にわかっていて、むしろそれを利用して盛り上げているという一種プロレス的な要素もあって、ケイティー・ペリーもテイラー・スウィフトも我々はそんなに戦いたいわけではないと、仲良くしたいんですよっていうコメントも出して、こういうのはよくあるんですけれども、喧嘩しても何とかの賞で二人手をつないで出てくるくるとか。それでまたひと盛り上がりして、なかなか日本人にはそのタフさをよく理解できないですけれども、本当にこういうことをエンターテイメントにしてしまうタフなのが、ポップミュージック界のインタナショナルな有り様でございます。

3、vs 社会

 シリアスなメッセージもありながら、こういったいろいろな要素があって、すごくセクシーなテーマの曲もあって、Migosという今注目のミュージシャンをフューチャリングしたBon Appetitというナンバーでは、

  おかわりしたいんでしょ
  そうね私は24時間営業であなたを満足させたい
  お客様は神様ってこと
  デザートは別腹だといいんだけれども
  世界一おいしいチェリーパイがあるんだから
  甘党ならイチコロよ
  ボーイ
 
 という、お約束のセクシー定番ソングをやっていて、なんでもありのすごく楽しい作品になっているんですが、最初のリードシングルとして出されたのがChained to the Rhythm。彼女的にはこの曲が一番このアルバムのテーマソング的な位置づけだからこそ、最初にリリースされた曲だと思うんですけれども、ここがケイティー・ペリーの一番の立ち位置かなぁと思います。

  頭大丈夫なのかな私たち
  レンズ越しに世界を見ながら生きている
  型どおりの幸せにとらわれている
  飾り物のように
  すごく快適よね
  安全な幻想の中で暮らすって
  すごく快適よね
  面倒なことは目に入らないから
  寂しくないのかな
  非現実的な理想の世界で生きるって
  欲にはきりがないから満足できないのよね
  幸せな麻痺状態
  すごく快適よね
  安全な幻想の中で暮らすって
  すごく快適よね
  面倒なことは目に入らないから
  だから世界がバラ色に見える眼鏡をかけて
  パーティーをし続けるの
  音量を上げてよ
  あなたの好きな曲でしょ
  踊って踊って
  ゆがんだ音に合わせて踊ろう
  音量を上げてよ
  繰り返しかけ続けて
  ヨレヨレのゾンビみたいにフラフラになるまで
  そう自分は自由だと思い込んでる私たち
  飲んでね
  これは私のおごりだから
  みなこのリズムという鎖につながれているのよ
  リズムの虜リズムの虜


リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)、悉くかつての発言の逆をやる

20170616

児島由紀子「3年ぶりに音楽界に復帰するリアム・ギャラガーについてです。過去3年はほとんどSNSで吠えるだけの人になりかけていたので、ファンとしても悲しかったんですけれども、ついに新曲を出してフルアルバムを最近作り終えたばかりみたいで、リリースされるのは今年の秋みたいですけれどもね。これからいろいろシングルをだすんでしょう。多分。」

渋谷陽一「お兄ちゃんに負けてられないですからね。」

児島「本人としてもライバル意識は微妙な所じゃないですか。」

渋谷「新しく発表されたリアムの音はどんな感じですか。」

児島「非常に今っぽいですよね。アデル(Adele)をプロデュースしたグレッグ・カースティン(Greg Kurstin)とか、トム・オデール(Tom Odell)を手掛けたDan Grech-Margueratとか、今風で売れっ子のプロデューサーを導入したのはさすがだなと思いました。」

渋谷「先行リード曲を聞いたんですけれども、もろオアシスというか、これ分かりやすすぎないかという気もしないでもなかったんですが。」

児島「リアムの声だからオアシスに聞こえるのかもしれませんが、曲自体はオアシスとは違うでしょう。」

渋谷「そうですか。僕は結構王道が来たなぁと。」

児島「つい最近、ロンドンでライブがありまして見て来たんですけれども、新曲6曲やったんですけれども、残りの曲はぜんぶオアシスの曲をやってました。」

渋谷「お兄ちゃんがそれをやるなら、俺だってみたいな。」

児島「オープニング曲からしてRock 'n' Roll Starですからね。次がMorning Glory。それで盛り上がるなと言う方が無理ですけれども、すごかったですよ。野郎どもが一緒に歌って。本当にオアシスのライブを見に行ったみたいでしたよ。」

渋谷「本人はお兄ちゃんがそういうライブをやると文句を言っていましたけれども。自分もそういう風になっちゃったんですね。」

児島「最近、以前自分が批判していたことをどんどんやるようになっていっているんですよね。以前は「俺はソロアルバムなんか絶対に作らない」って言っていたのに結局作ったし。オアシスの曲はやらないって言っていたのに、今はオアシスの曲だらけだし。」

渋谷「でもお客さんは大喜びなんですね。」

児島「もちろん大喜びですよ。行きの地下鉄の中から周りの人がDon't Look Back in Angerを歌い始めた途端、会場の最寄り駅につくまで歌いっぱなしなんですよ。」

渋谷「イギリス人面白いですね。」

児島「もううるさいって。帰りの地下鉄でもやっぱりそういう人たちに囲まれてしまいまして、もう本当にやめてくれっていう感じだったんですけれども。」

渋谷「でもオアシスは愛されているんですね。」

児島「本当にそうですよ。野郎どもには好かれているんですよね。リアムって。そういうカリスマ性がある所が人気がある理由なんでしょう。」

渋谷「彼自身の佇まいはどうでしたか。自信にあふれた感じでしたか。」

児島「相変わらずですよ。以前よりは少し動いてたかなって感じで。でもミック・ジャガー(Mick Jagger)みたくステージのスミからスミまで動いて煽るとか、そういうことができない人ですから。」

渋谷「相変わらず後ろに手を組んで、マイクに向かってっていう感じで。」

児島「そう。男はそんなチャラチャラしたことはしないんだっていう。」

渋谷「わかりました。じゃあ、フルアルバムを楽しみに待ちたいと思います。それではリアム・ギャラガーの注目の新曲を聞いてください。Wall Of Glass。」


ナイジェル・ゴッドリッチ(Nigel Godrich)、あのロジャー・ウォーターズ(Roger Waters)を黙らせる

1、ナイジェル・ゴッドリッチ、あのロジャー・ウォーターズを黙らせる

20170519

中村明美「ロジャー・ウォーターズの25年ぶりのニューアルバムについてご紹介します。「Is This the Life We Really Want?」、これが僕らが本当に望む人生なのか、という強烈なタイトルの作品なんですけれども、本人にインタビューをして、なんとニューヨークでトークショーもあったので行ってきました。まず、25年もたってなぜアルバムを作りたくなったのかという誰もが気になるところなんですが、わりとはぐらかした答えで、ヨーイドンのピストルの音を聞き忘れてたんじゃないのかなぁって。25年たってって気づかなかったという答えなんですけれども、実際はThe Wallの世界ツアーをしている時に、アルバムの一曲目になるんですけれどもDéjà Vuという曲ができて、これがなかなかクールだなぁと思ったのでそこから曲作りが徐々に始まっていったということなんですが、この曲は自分が神だったらこういう事をしていただろうとか、自分がドローンだったらこういう事をしていただろうっていうような、のっけからすごく政治的なメッセージが込められた緊迫感のある曲なんですけれども、直接トランプに影響されたとは言わなかったんですけれども、トランプですとか今のヨーロッパの情勢なんかの話を始めると僕は止まらなくなるからそれはやめておこうという感じで、なるべく短いコメントでおさえていたのですが、そういった現在の政治的な状況について考えたくなくても考えざるを得ないのは仕方がないよねって言っていたので、そこらへんの政治的な状況がすごくインスピレーションになっているんだと思います。その後にラジオ劇を作ったそうなんですね。それはアイルランド人の年を取った男が孫と旅に出て、人はなぜ子どもを殺すのかという疑問の答えを見つけに行く旅という、そういう物語だったらしいんですけれども、それを作った時にすごく長いものだったらしいんですが、これはロックンロールアルバムになるのではないのかと自分で思って、そこからアルバムを作る方向に向かったそうです。ここで面白いのが、彼がThe Wallの世界ツアーのドキュメンタリー映画を作った時に、ミックスを担当したナイジェル・ゴッドリッチと意気投合して、そこで彼がアルバムをプロデュースすることになったんですけれども、これまでロジャー・ウォーターズといえばコントロールフリークというか、自分のものは完璧に何でもやっていくことで有名だった人なのですが、ナイジェルにすべてを任せて、その音を聞かせたところ、ナイジェルは「すごくいいけれども、これ全部アルバムに使いたいわけじゃないですよね」って、「最初の10分と終わりの10分くらいを使って、あとは使えないでしょう」って。「あとはどうすればいいんですか」ってロジャー・ウォーターズが聞いたところ、「あとは全部書き直しましょう」っていうことで、もともとあったデモテープはほとんど使わずに残りの部分は新たに書き直しました。ロジャー・ウォーターズはナイジェル・ゴッドリッチの言いなりになると自分で決めて、ナイジェルにすべてを任せて自分は口出しをしないのは大変だったらしいんですけれども、それでよかったと。おかげでいいアルバムが出来て、ナイジェルに対する尊敬の念はこれ以上ないというくらいに高いと。アルバム全体のテーマとしましては、苦境から「愛」というものが僕らは少しでも居やすい場所に連れて行ってくれるのか、ということを探求したアルバムになったという風に答えておりました。」

渋谷陽一「ロジャー・ウォータズというのは性格的になかなかむつかしい人だって、ピンク・フロイドの他のメンバーが口をそろえて言っていたわけで、そのロジャー・ウォーターズを抑え込んだナイジェル・ゴッドリッチってすごいですね。」

中村「入った瞬間から口出ししないでくれって言う雰囲気を醸し出していたので、それに従う事にしたと。それによって自分が成長できたことがすごくよかったと本人も語っていて、すごくビックリしました。」

渋谷「ロジャー・ウォーターズの新曲を聞こうと思います。Smell the Roses。」




2、 ナイジェル・ゴッドリッチ、ロジャー・ウォーターズのファンはピンク・フロイド(Pink Floyd)的な音を求めていると的確に理解する

20170616

 ロジャー・ウォーターズの25年ぶりの新作を紹介します。すでにニューヨーク情報で紹介をしておりますけれども、今回はじっくりと紹介していこうと思います。まずはアルバムのオープニングナンバーとそれに続く曲の二曲続けて聞いていただこうと思います。When We Were YoungとDéjà Vu。




  もしも僕が外国の上空を飛ぶ誘導と異常を感知する機能を備えた
  偵察機能付きの無人飛行機だったならば
  家に誰もいなければいい
  そんな風に願うだろう
  女性が一人ストーブでパンを焼いているのかもしれないし
  米を研いでいるのかもしれない
  それとも骨を煮詰めているだけなのかもしれない
  もしも僕が無人飛行機だったならば
  寺院は荒廃し銀行家は太っていく
  水牛はもういない
  そして山の頂は平たい
  川を泳ぐマスのように雌雄の別はない
  君は左に傾いて右に票を入れる
  まるでデジャブ
  日が落ちて僕は今でも君を思っている
  失った愛の代償を数えながら
 
 ロジャー・ウォーターズは今作のサウンドはすべてナイジェル・ゴッドリッチに任せたと。そして、ロジャー・ウォーターズはこの無人飛行機による虐殺というすごくシリアスなニュースを見てこの曲を書いたようですけれども、そのメッセージ性と、ものすごくクリアにピンク・フロイド的なる方法論を大胆に取り入れてこのアルバムを作っています。それはすごく成功しているなぁと思います。Picture That。



 アルバムのオープニングナンバーからずっと聞いていただきましたけれども、続いてはラストナンバーを聞きます。 ナイジェル・ゴッドリッチのそのピンク・フロイド的な伝統をものすごくちゃんと再現しようとするその意思が、すごく象徴的に表れているナンバーです。Part of Me Died。

  部屋の隅に座りテレビを見ている
  苦痛を訴える子ども達の声に真剣に耳を傾けることもなく
  世界で起きていることを気にも留めずに一人ゲームを楽しんでいる
  何度も繰り返し同じ物を見てそれでも時期に忘れてしまう
  沈黙無関心
  それ以上の罪はない
  だけど彼女を見た時僕は変わった
  ボウルを持ってきてくれ
  その中で彼女が足を洗えるように
  最後にもう一本僕にタバコをくれ
  消えない後悔に苛まれながら生きながらえていくよりも
  彼女の腕の中で死んでしまう方がずっといい



 本当にピンク・フロイド的なサウンドがファンの心を鷲づかみという明快さがあってよいと思います。 ナイジェル・ゴッドリッチに音の方は全部まかせているというロジャー・ウォーターズの発言がありましたけれども、 ナイジェル・ゴッドリッチはロジャー・ウォーターズのどこがファンにとって一番うけるのかということを正確にわかって、本人以上に正確にプロデュースをしたと思います。