音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ベビーメタル(BABYMETAL)は昔のアイドルの神々しさを持っている説

20170725 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 ベビーメタルの「5大キツネ祭り in JAPAN」をZepp DiverCity TOKYOで見てきました。8月の終わりまでツアーが続くのですが、今回BLITZとZeppのツアーなんですよ。つまり、ベビーメタルとしてはかなり小さい箱でのツアーで、ライブハウスでの彼ら彼女らのモードがいっぱいつまっているライブになっています。彼ら彼女らと言ったのは、ベビーメタルは三人の女の子がベビーメタルじゃないですか。でも、後ろのバンドがハンパなくて、今日は4人編成だったんですけれども、このバンドの4人と前の3人の7人でベビーメタルをやっている感がハンパなかったのと、1年間たってバンドの音の進化がすごいんですよ。世界中これだけ周って海外では恐るべき存在になっているわけじゃありませんか。ああいう経験値がバンドをバンドにしていったのだと思います。言ってみればバックの4人はセッションメンバーなわけですよね。固有名詞を出して申し訳ないんですけれども、1990年代に筋肉少女隊というすごいテクニシャンがいて、ボーカルだけ大槻ケンヂという歌がうまくない、でもしゃべりがうまくて、MCをライブの半分くらいやってしまうという不思議なバンドがいたんですけれども、このバンドもヘヴィメタルバンドとして超絶テクニシャンが揃っていたんですけれども、超絶すぎて、個の力が強すぎてバンド感がまったくなかったんですよ。でも、ベビーメタルはセッションメンバーなのにバンド感が半端なかったんですよ。それと、前の3人のいたいけさがものすごくて、昨今アイドルって言ってみればみんなトイレに行きそうじゃないですか。指原莉乃さんが一番の象徴だと思うんですけれども、昔のアイドルとは違うわけですよ。恋愛していないといいながら、しているってみんな分かっているし、いろいろなことをしているし、トイレにも行くわけじゃないですか。僕が好きだった頃のアイドルは、アイドルがトイレに行かないとみんなが本当に思っていた、それくらいアイドルが神々しくて、いたいけだったんですけれども、ベビーメタルの3人は昔の神々しかったアイドルを彷彿とさせるんですよ。そして、自我というものをMCもしないし出していかないんだけれども、だからこそ彼女らの背景に何があるんだろうってことを勝手に妄想するという、言ってみればすごく両親の仲が悪いとか、両親がいなかったとかそういう心に傷をもった人たちが、自分の胸に思うものを全部込めて、ひたすらこのヘビーでラウドな音の中で歌を歌って踊っていくという風に見えて、それが僕は芦田愛菜に見えたわけです。潔白すぎて逆に人間ぽくないという、それくらいパーフェクトなライブをするバンド、そして3人であったなぁと思って、非常に感嘆しました。

ベック(Beck)に学ぶ、今の時代のオルタナティブロックとは?

20171003 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 10月23日に日本武道館、24日に新木場Studio Coasでのライブが控えているということで、10月11日に日本で先行リリースされます13枚目のアルバム「Colors」の中から先行リード曲Up All Night。これはミュージックビデオもめちゃくちゃカッコいいから是非ともYoutubeもチェックしていただきたいなぁと思います。


 ベックは前作の「Morning Phase」でグラミー賞の最優秀アルバムを獲得して、3年半くらい前からもう一回ベックは来ているんじゃないかって、音楽好きの間ではベックはずっと最先端にいたんですけれども、ベックの音楽が大衆に新しい多様性を提示していくという時代が来ているんじゃないかって言われていたんですけれども、この「Colors」の全曲聞きましたけれども、とんでもないです。またベックのこの新しアルバムから、音楽の新しい価値観とムーブメントが生まれてくる可能性しか聞こえてこないと。ある意味、ブルーノ・マーズ(Bruno Mars)やエド・シーラン(Ed Sheeran)が2010年代に一つのシーンを作って、それを経た上での新しいオルタナティブロックを再びベックがちゃんと作ったと。この人は何回蘇るんだと。かなりの名作になっています。

日本のバンドシーンはRCサクセション、YMO、BOOWYを土台として生み出されていった

20170221 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 日本のロックってRCサクセションがブルースをパンクロックにしていった。そしてYMOがデジタルミュージックというものをカウンターミュージックにしていった。このRCサクセションのブルースのパンクとYMOのテクノのカウンターが合わさって日本のサブカルチャーというものができて、それをポップに解釈していったのがBOOWYで、そこからバンドブームが始まります。やはり、このRCサクセションとYMOを底辺にして、その上にピラミッドでBOOWYがたっていったというこれがなければ、日本のバンドシーンと、今のこうやってロックだけで番組が作れるということはなかったんじゃないのかなぁと思います。

ザ・クラッシュ(The Clash)に学ぶ、ロックバンドが成功するには勤勉さが大切である

20170221 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 
 1982年1月から2月にかけてザ・クラッシュが日本にはじめて来ました。パンクといえばザ・クラッシュ、セックス・ピストルズ (Sex Pistols) 、ザ・ダムド (The Damned)といわれていた、その御三家の一つのバンドがついに日本の地に降りたわけです。パンクが日本に本当にくるとは思わなかったし、来日してこれだけ誠実なライブをやるとは思いませんでした。ザ・クラッシュはパンクロックの中では一番精神的にもインテリズムがあったし、哲学も持っていたバンドだったんですけれども、私は行きましたよ。何がビックリしたって、僕はパンクの人って不良の極みだと思っていたんですけれども、 ジョー・ストラマー(Joe Strummer)が「一番」って書いてある鉢巻をして、「イチバン」って叫んで出てきて、お前はスタン・ハンセンかって感じで、パンクって意外にみんなやさしくてポップなんだなぁって思いました。さらにそう思ったのが、1月30日に新宿厚生年金会館で二回ライブをやっているんですよ。昼の部と夜の部があって。こういうのって芸能人しかやらないと思ったんですけれども、パンクが一日二回ライブをやるのかって。昼間にお日様が出ている内にっていう世界でしょ。それが律儀に二回ライブをやっているんですよ。あと、六日間で7公演もやっているんですよ。やっぱりロックバンドが世界で勝つためには勤勉でなければいけないんだなぁということを、ザ・クラッシュのかっこいい後ろ姿、そしてかっこいいライブから学びました。

R.E.M.、初来日の悲劇

20170221 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 オルタナティブロック以降、最もアメリカの偉大なるバンドと言われているR.E.M.。ニルヴァーナ (Nirvana)もレッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)もみんなみんな尊敬しているバンドです。このバンドは1984年に初来日をしているんです。2枚アルバムを出していて、当時「Murmur 」っていうアルバムだったかな、これがローリングストーンズ誌の年間ベストアルバムをとったという時期だったんですけれども、日本では全く人気がありませんでした。だから、初来日をしたのも早稲田大学の学祭だったんです。しかも体育館ではなくて、机とか椅子がある教室でライブをやって、前座が当時早稲田大学在校生だった爆風スランプ。爆風スランプはデビューの瞬間だったんですけれども、R.E.M.のクールなライブとは全然違っていました。そして、爆風スランプが出てきて、イケイケだったので、「俺たちの学校でアメリカの野郎の前座をなんで俺たちがやらなきゃいけないんだよ」って言って、当時のライブはいろいろ暴れまくるというのがパフォーマンスとしてあったんですけれども、サンプラザ中野さんは頭の上で花火を打つは、爆竹を打つわ、もう教室中暴れまわって机とか椅子とか壊しまくっちゃって、R.E.M.が出てくるまで2時間かかりました。そして、お客さんも爆風スランプに煽られて盛り上がるわけです。早稲田大学から在校生のままデビューしていった爆風スランプというバンドが出てきて「アメリカ人の前座の俺たちがライブ潰すぜ」みたいな感じでやって、みんなは盛り上がるわけですよ。それをR.E.M.が好きな、約5分の1のファンが端っこからみんな悲しい目で見ていたわけです。僕もすごい悲しい目で見ていたんですけれども、当時オリジナルラブのギタリストの村中くんという人がおりまして、彼がすごい悲しそうな目でこの状況を見ていて、また音楽ジャーナリストの田中宗一郎もこのライブをすごい悲しい目で見ていたそうです。しかし、そういう人たち以外は非常に盛り上がって、2時間たって出て来たR.E.M.は一回も前を向かないでずっと下を向いて、まさにシューゲイザーですよね、自分のつま先をみながら40分くらいでライブが終わったんですよ。当時のR.E.M.はそういうライブをするバンドだったんだろうと思いますけれども。爆風スランプに荒らされた所で、荒れ地でライブをやっていく、これは何のための初来日だったのかなぁと。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ