音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

でんぱ組.incに学ぶ、ロックとは何か

20170124  ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 でんぱ組.incでW.W.D。



 この曲をはじめて聞いたのは、坂元裕二さんの脚本の最高傑作だと言われている「最高の離婚」というのがありまして、それで瑛太がでんぱ組.incに狂っちゃって秋葉原に通うというシーンに、この曲が演奏されるんですけれども、1月20日にでんぱ組.incのワンマンライブ「でんぱ組.inc 幕神アリーナツアー2017 in日本武道館」を見てきました。僕は最近あまりアイドルのライブを見に行ったりはしていないんですけれども、でんぱ組のライブはずっと見たくて楽しみに行きました。この曲を聞くとわかると思うんですけれども、この曲の中で歌われているのは、通常はドキュメンタリーソングと言われているんですけれども、自分達がひきこもってずっとネトゲで暮らしていた中で、こうしてでんぱ組で出会って、自分が人間としてどれだけ潤っていったのかということが歌われていたりとかで、ライブの中でも基本的にでんぱ組の歌やメッセージってこれが全部に貫かれているんですよね。つまりは、ひきこもってしまったりとか自分の心の殻を閉じてる女の子達が、自分達がこうやって集まって、みんなで開き合って、その様をみんなに見てもらいながら、閉じてるみんなも私が開かせてあげたいっていうミュージカルなんですよ。歌もそうだし、パフォーマンスもそうだし、これは盛り上がるなぁと思いました。そしてそのミュージカルをみんなが鑑賞してるんじゃなくて、自分自身もミュージカルの一員となっているんですよね。オタゲーってあれがメッセージなんだなぁっていうことを、でんぱ組のライブをみて思いました。それって今の時代のアイドルの一つの風潮みたいなものだと思われがちなんですけれども、ロックってそもそもそういうものだったんですね。みんな変身願望みたいなものを持って、着たい服を着て、普段は言えないようなことを歌にして、パフォーマンスにして、自分というものと時代というものを超える、例えばハードロックとかへヴィメタルが異常なのは、そういう超越しちゃって、こんな風になりたいと、さらに越えちゃったパフォーマンスをしたから、ああいう一つの文化になったんだと思うんですよね。例えばBABYMETALがアイドルとしてへヴィメタルとこれだけ一緒に組めたということは、アイドルというものがそもそもそういうもので、そこに相関作用があったからそうなったんじゃないのかなぁと思うんだけれども、いつしか「リアル」というものにロックはなっていって、でも「ロックはリアルだぜ」って言ったパンクミュージックのセックス・ピストルズ (Sex Pistols) は、要するにリアルじゃなくて、リアルというものを彼らなりにパフォーマンスしていたんですよ。リアルなロックで最高のロックはたくさんあると思うんだけれども、でもリアルというものを隠れ蓑にしてただ単に普通のことをやってるだけのロックが、今の時代のロックをつまらなくしてるのかなぁと、そういうことまででんぱ組の日本武道館での一級品のアイドルミュージカルライブを見て、考えさせられた、そして勉強させられた、そういうライブでした。

ジャスティン・ビーバー(Justin Bieber)に学ぶ、今の時代の音楽エンタテイメントにおけるライブ感とは?

20160816 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 ニューアルバム「Purpose」を引き下げて現在はワールドツアー中のジャスティン・ビーバー。先週の土日に幕張メッセで3年ぶりの単独来日ライブを開催しました。これはアジア圏では日本だけらしいですね。そうとうプレミアムなライブだったと思うんですけれども、二日間で5万人を集めたって発表されていますけれども、3万人くらいは一日にいたんじゃないのかなぁとおもったんですけれども、だからこの数字は絶対に盛ってないですね。すごいライブでした。何がすごいって、まずお客さんがみんなパイプ椅子の上に立つんですよ。ジャスティン・ビーバーに会いたくて。少しでもジャスティン・ビーバーと近くの距離に行きたくて。容易に想像できるのは、ライブとかにあまり普段行っていない人たちが、ここに大挙して集まったのかなぁと思うんですけれども。外国のアーティストの場合は、今は写真撮るのはあたり前になっていますから、ずっと写真を撮りまくっているという状態で、2万5000人の人がみんなパイプ椅子の上に立っちゃうと、セキュリティーもそれを止められなかったみたいで、困ったものだと思いながらもそれを眺めるしかないという。途中でバラードになった時にがんばって降ろさせていたんですけれども。まずその景色が意外だったのと、あとはジャスティン・ビーバーは歌っていないんですよ。マイクを持っていてジャスティン・ビーバーの声が出てくるんですけれども、ジャスティン・ビーバーは持っているマイクを使っていないんですよ。つまりは歌っていないんです。だから、音源がそのまま出ているんですよ。僕がこういう話をすると、これをすごくネガティブにとらえるかもしれないんですけれど、何がすごいなと思ったのかというと、まずジャスティン・ビーバーが出てきてマイクを持っていてヒット曲を歌っていないのに、お客さんはそれに対して不満は、僕が見てる中では全くないんですよ。つまりは、ジャスティン・ビーバーがそこにいてくれて、ジャスティン・ビーバーが最高の演出と、最高の映像と、最高の証明と、最高のレーザー光線アートがされているんですけれども、その空間に彼がいて、彼が自由に振る舞っていて、そこに最高のエンターテイメント性があれば、歌わなくてもそれで大丈夫なんですよ。Sorryという曲をやったときも、ずっと上から雨がザーッと降っていて、ジャスティン・ビーバーは雨に打たれながら歌っているんです。マイクは持っていたんですけれども、これは絶対歌っていないんです。だって、感電死しちゃうもん。でも、それでもいいんですよね。僕は、これが今の音楽のエンターテイメントだなぁと。ライブというものは生身のものだから、その歌も生身でその場で歌うことがライブというものの醍醐味なんじゃないのか。僕はずっとそう思っていたし、未だにそう思っている所もあるんですよ。2年くらい前にBase Ball Bearの小出くんに、「鹿野さん、その考え方は古いよ。その考え方だから、鹿野さんはアイドルを受け入れられないんだよ。」と言われた事があって、「今の時代、ライブ感って別に歌を歌う歌わないってだけじゃなくて、いろいろなところにライブ感ってあるじゃないか」っていう話を彼からされて、「あー」と思いながら、やっぱり自分の中では歌ってこそ音楽なんだから、そして歌なんだからと思っているところがあったんですけれども、このジャスティン・ビーバーのライブをみて、本当にそういう時代じゃないんだなぁと思いました。ただ、そうなった場合に、逆にロックバンドっていう生身で勝負していく人たちは、ロックフェスが今はお祭りごとの中心にありますけれども、ロックフェス以降の時代で、バンド音楽、そしてロックミュージックというものは今のこの時代の中で、どうやって生き残っていくのか、今までのようなロックンロール最高、ロックバンド最高、バンドであることの摩擦って最高っていうことだけでは、僕はロックミュージックもバンドも今のエンターテイメントの世界の中で、本当の意味で生き残っていけないと、引きずっていくものしかなくて、前にあるものを掴めないんじゃないのかなぁということをすごく感じました。ジャスティン・ビーバーのライブはそういう意味でものすごく勉強になったし、ものすごく今の時代のエンターテイメントを演じてくれているものを見て、とても参考になったと思いました。

日本オタク、ベック(Beck)

20160726 ONGAKU NOMADで鹿野淳氏です。

 2016年の3日間のフジロックで圧倒的にベックがすごかったです。すごいセットでしたよね。20年間やっていたから、ベックの20年間が走馬灯のように散らばっていく、そういうセットでした。本当にこれはフジロックじゃなきゃやらないだろうなというベストセット。紅白歌合戦でしか歌わない曲があるみたいな、それと同じくらいのサービス精神を持ったベストヒットをやって、最後、Where It's Atの中で、途中でメンバー紹介をするというフリをしていって、Strawberry Fields Foreverでジョン・レノン(John Lennon)への、クイーン (Queen) のAnother One Bites the Dustでフレディ・マーキュリー(Freddie Mercury)への、そしてChina Girlでデヴィッド・ボウイ(David Bowie)への、そして1999でプリンス(Prince)へのオマージュ。つまりは亡くなってしまったロックスターへのオマージュと敬意をサラリとやっていく、あの姿には涙がでましたね。彼はヘッドライナーじゃないですか。でもベックの次にグレン・ミラー・オーケストラ(Glenn Miller Orchestra)をみんなでオマージュしようという、そういうショーがあってんですけれども、順番でいくとこれはベックが最後になるべきなんですよ。なんでならなかったのかというと、ベックが「僕は新幹線で東京へこの日のうちに帰りたいんだ」って言ったらしいんですよね。別に車でも帰れるじゃないですか。かえって車の方が早かったりもするんですよ。でもベックは、この日のうちに東京に戻りたかっただけではなくて、新幹線に乗りたかったらしいんですよね。この日本オタク度最高ですよね。ちなみに、ベックは新幹線に乗り遅れてバスで帰ったようですけれども。上越新幹線は田中角栄が作ったから、お金かかってて、線路の構成がすごくいいんですよ。ベックはそこまでわかっている人だと思います。あそこまでの日本オタクはいないですから。前のフジロックだって、ホテルオークラを手配されて、断ったんですよ。当時渋谷にセルリアンホテルとか、高給ホテルがなかったので、「高級ホテルはないよ」って言ったら、「いや、そういうことじゃないんだよ」って。「僕は東急ハンズに一番近いホテルに泊まりたい」言って、泊まって、高級しゃぶしゃぶの食べ放題があるホテルの所にとまって、ここは多分一泊1万円くらいですよ。そこにベックが泊まって、東急ハンズのパーティーコーナーでシールを買いまくったんですよ。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ