音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

日本ポップス伝(6) 演劇から歌が生まれた

1995年 大瀧詠一の日本ポップス伝第二夜より 

 日本は、オペラ、行進曲・軍歌と続いて演劇も輸入しました。とにかく全部明治の時は輸入しましたからね。演劇も最初は翻訳劇ですよ。演劇といえばシェークスピアで、シェークスピアを最初に訳したのが坪内逍遥ですけれども、その坪内逍遥が中心となっていろいろな演劇活動が行われます。いろいろな所に演劇の集団が出来てきて、最初はみんな翻訳劇をやるんです。そういう人たちは新劇と呼ばれたりしました。歌舞伎とかそういう昔のものは旧派と呼ばれていました。坪内逍遥と一緒にやっていた島村抱月が、芸術座という劇団を作りまして、帝国劇場で劇をやっていました。演目はトルストイの「復活」。この時に主演だった女優が松井須磨子という人で、この松井須磨子が芝居の最後に歌を歌うんです。これが当時非常に流行しました。



 松井須磨子は元祖女優と言われていましたけれども、「復活」なので「復活唱歌」と言われていました。作詞は芝居を作った島村抱月と口語詩運動をやっていた相馬御風、作曲は中山晋平です。中山晋平さんは東京音楽学校を出ていますね。作曲は特殊な技能なので、この頃は音楽学校を出ていなければいけなかったんですね。この曲は「復活唱歌」が正式なタイトルだったんですけれども、みんな「カチューシャの歌」と言っていますね。演歌師の人たちがこの曲をバイオリンで全国に広めたんです。この曲はレコードでも出て、大正4年で3万枚売れたということです。これが流行り歌の元祖だと言われていますし、中山晋平が流行り歌の中では元祖だと言われています。滝廉太郎とか「軍艦マーチ」を作った瀬戸口藤吉というのは、サウンドやいろいろな所で流行り歌には生きていますけれども、この中山晋平のラインは太い幹となって、この後に後続がいっぱいでるんです。松井須磨子は聞いても分かるように、とてもうまいとはいいがたいでしょ。中山晋平の当時の本を読むと、お須磨さんの歌には参ったと書いてありますけれどもね。このレコードは伴奏もなくて、旅先の京都のどこかでただふき込んだんです。それで、倒産寸前のレコード屋がこれで立ち直ったという話もあるんですけれども、本当にただ音盤を前にしてふき込んだだけなんですね。それで、舞台では最後に歌っているんですよ。確かに、主人公が歌って終わるとか歌舞伎とか考えると、歌って終わらないですからね。この後、帝国劇場でツルゲーネフの「その前夜」をやります。その劇中歌で歌われたのがこの曲でした。



 これが「ゴンドラの唄」で、黒澤明さんの「生きる」という映画で、最後に志村喬さんが歌いますけれども、これが松井須磨子の第二弾なんですね。ピアノの伴奏とバイオリンが入っていましたから、多分ピアノの伴奏は中山晋平本人が弾いているんではないかとおもわれますけれども、こういうのは何となく現在の流れの基本のものだなという感じはありますよね。中山晋平はこういう曲をたくさん作っていくんですけれども、その次に作ったのが「船頭小唄」という歌です。作詞は野口雨情なんです。これが非常に大ヒットしたのは、また演歌師なんですよ。この頃はレコードを持っている人はそう多いわけではないので、演歌師が各地で歌い歩くというのが一番のメディアだったんですね。だから、演歌師にどれくらい歌われるのかがヒットのバロメーターだったんです。この「船頭小唄」も演歌師によって歌われているんです。この演歌師出身で鳥取春陽さんという人がいるんですけれども、この鳥取春陽さんのバージョンで「船頭小唄」を聞いてみましょう。



 この曲はいろいろな人にカバーされていますが、オリジナルを聞いて私が思う事は、とにかく明るいんですね。これ以降の人たちはだんだん暗く歌っていくんですよ。この曲が大ヒットした直後に関東大震災が起きてしまいます。震災が起きたのはこういう暗い歌が流行るせいだとこの歌のせいにされて、一時期歌われなくなったということがありました。だいたいこういう風に、演劇の流れからも歌が出てくる、オペラの中からも歌が出てくる、いろいろな所から西洋的なものをベースにしていろいろなものができてくるというのが明治から大正の流れなんですね。

日本ポップス伝(5) 帝国劇場から浅草オペラへ

1995年 大瀧詠一の日本ポップス伝第二夜より 

 ダンスの鹿鳴館と同じように、列強に伍するためには列強と同じような芸術を持たなければならないということで、帝国劇場を作ります。海外にも誇れるような国立劇場を持とうということで、それで出来たのがこの帝国劇場なんですね。帝国劇場の中で一番最初に何をやろうかと考えて所に、外国に負けないようなオペラをやろうではないかとなって、いろいろな人を教師として呼びます。ドイツ人のアウグスト・ユンケル(August Junker)という人とウェルクマイステル(Werkmeister)という人、イタリア人のアドルフォ・サルコリ(Adolfo Sarcoli)という人がやってきて、その人たちから教えを乞いました。その中に、日本初のプリマドンナと言われた三浦環もいました。この人はすぐに大正4年にイギリスでジャコモ・プッチーニ(Giacomo Puccini)の「蝶々夫人」に出演したそうです。彼女こそ、芸術家としての海外流出第一号と言われています。このように、オペラをやろうということで、帝国劇場を作りました。そして、最初は海外のオペラをやっていましたが、日本オリジナルのものも作ろうということで、ユンケルは能の「熊野(ゆや)」でオペラを作ったんですけれども、最初見ていた人は何がなんだかちっとも分からなかったそうです。ものの本によると、お姫様の三浦環の裾を後ろの武士が踏んで、三浦環がころんでしまい、そこから客が笑いだして、ずっと笑いが途絶えなくて大失敗に終わったとそうです。それで分かるのは、能とか歌舞伎とかそれまでの日本の演劇というのは、主役が歌わないじゃないですか。音楽をやる方と芝居をやる方は完全に分かれています。歌舞伎なんかで突然主役が歌い出したらおかしいでしょ。だから、見てる側としては主人公が歌うというのが最初に奇異な感じがしました。タモリさんは未だにミュージカルは肌に合わないって言っていますけれども、そういう人は多いのではないかと思います。ですけれども、世界に伍するためということで、オペラをこの時代の音楽の最高峰としてやったんです。

 その次に、またいろいろな先生が来るんですけれども、イタリア人のジョヴァンニ・ヴィットーリオ・ローシー(Giovanni Vittorio Rosi)という人が来ます。この人は帝劇でいろいろな人を教えます。今までの唱歌というのは堅苦しい言葉だったじゃないですか。海外の曲に詞をつけるということで、この頃からだんだん言文一致のような詞になってくるんです。この頃のオペラの中でヒットした歌でいまでも知られている歌があります。「恋はやさし野辺の花よ」ですが、それを三浦環の歌で聞いてください。

 ローシーという人は非常に教育熱心で、教え方があまりにも厳しくて、一期生、二期生、三期生と帝劇の歌劇部がいろいろな人を募集するんですけれども、だんだん一人二人と減るんですよ。そして、第三期にはなんと左卜全さんがいました。ですから、本格的なオペラをやるために帝劇の三期生で入って、この人は最期は「老人と子供のポルカ」のズビズバーで終わってしまったわけですね。これは明治から100年というものをひとつ象徴しているのではないかとも思います。ローシーは帝劇を追われて、私財を投げうって、自分でローヤル館というのを赤坂見附に作るんですね。もう少し一般の人にも分かるようにという意味合いで、自分で日本にオペラを根付かせようとしてがんばったわけです。その時に、ローシーのもとへ来たのが19歳の田谷力三と言う人なんですね。浅草オペラで一世を風靡した人なんですけれども、田谷力三さんやいろいろな人が、ローシーの門を叩くんですけれども、どうも本格的なオペラはまだ日本人には難しいと。まだ明治の末期ですからね。それで、喜歌劇、いわゆるコミックオペラですね。ちょっとわかりやすいようなものの方がいいだろうということで、「天国と地獄」とかをやったりしたんですけれども、残念ながらローシーのオペラは日本に根付かなくて、イタリアに帰ってしまうんです。その後、残された劇団員たちは、当時一番の東京の繁華街は浅草なので浅草に流れて行って、浅草オペラという独自の発展をするというのが、帝劇から浅草オペラまでの流れということになります。

ルイズルイス加部さん伝説

Kenrocks Nite - Ver. 2_20160721 解説は大貫憲章氏です。

 ルイズルイス加部さんが昔、ザ・ゴールデン・カップスにいたんですけれども、ルイズルイス加部さんはライブをやってみないと来るか来ないか分からないという人でした。グループサンズのライブはだいたい二つのバンドがセットで出るんですけれども、俺が見ていた実際に来なかった時に、もう一つの対バンのバンドのベースの人が誘われちゃって、無理やりベースをやっていた記憶がありますよ。途中から全然悪びれないで入ってきて、すーっとステージに出ていくと代役の方が下がっていくと。ボーカルのデイヴ平尾さんも別に「来たな」って目でピッと見るだけで、その場ではなんにも怒らないけれども、楽屋では「何やってるんだコノ」と。

日本ポップス伝(4) 「演歌」の誕生

1995年 大瀧詠一の日本ポップス伝第一夜より 

 明治といいますと、自由民権運動というのが起こりますね。始めて市民権を与えられたわけですから民衆は喜びましたけれども、あまりの欧化政策や富国強兵だけに国に、そういう自由民権を叫ぶという声も出てくるんですよね。政府の批判の歌とか、風刺とか、そういうようなものが出て来たのも明治の初期の頃なんですよ。その頃にものすごく流行ったのが、最初は演説をしていたんです。演説をみんな聞いていたんですけれども、演説を禁止されるんですね。演説が禁止されたので、歌を歌うようになります。それで、演説の歌というところから「演歌」と言われるようになります。演説の歌、これが演歌なんです。



 これが「オッペケペー節」というものです。川上音二郎という人が歌って流行したというんですけれども、とにかくこういう風に政府を批判する。「散切り頭を叩いてみれば文明開化の音がする」という批判の都都逸がありましたけれども、とにかくチョンマゲを落として洋風ぶればいいんだということへの批判ですよね。そういうようなものがだんだん歌われるようになって、いろいろな曲が出てくるんです。次は、「ダイナマイト節」、「ダイナマイトどん」とも言われていますが、聞いてみましょう。



 非常に勇ましい歌ですけれども、これも民衆の熱意みたいなものが感じられますけれども、こういう風に政治の風刺の歌から、いろいろなコミックソング的なものもあるんですけれども、これは女学生をからかったんだったっけかな、「ハイカラ節」あるいは「ハイカラソング」といわれたものであります。



 これが「ハイカラソング」でハイカラな人を皮肉った歌ですけれども、この辺から風刺ソングやコミックソングみたいなものが出てくるんですよ。最初は歌だけだったんです。それが、「ハイカラ節」ではバイオリンが入ってきましたよね。バイオリンが入ってきて、今度はバイオリン演歌と音楽的になってくるんですよ。バイオリンの次に入ったのが、アコーディオンなんです。時代とともにこの演歌がだんだん変遷していくんですけれども、今後は大正の頃に石田一松という人がいて、この人の「のんき節」というものがあります。


 
 「へへ、のんきだね」っていうのが最後に来るんですね。これもある程度批判があって、三番の歌詞には、アメリカの大統領が変わったら景気がよくなって、そんなんだったら毎年選挙をやってくれって、こういう風刺が大正時代からあるんですね。戦後、この流れの「~節」ですよね。さっきから「~節」がありましたよね。「オッペケペー節」、「のんき節」と。「~節」ってついたものも戦後いっぱいあるんですけれども、その中でも「~節」とついたところの最高傑作は、明治から100年の中でこの曲をおいてほかにありません。



 1960年に出てきましたけれども、この「スーダラ節」は詞の内容ももちろん風刺ソングだし、サウンドもこういう演歌の流れをくんでいるんですよね。だから、見事な、歴史的な演歌の流れだったんですね。この「スーダラ節」は。

日本ポップス伝(3) 唱歌をもとにして流行歌が生まれていった

1995年 大瀧詠一の日本ポップス伝第一夜より

 軍歌でスタートした日本の流行り歌なんですけれども、明治政府は明治4年に文部省を設立します。これまでは一般の子ども達の教育制度はなかったんですね。一般の町の人たちは読み書きそろばんの寺子屋制度があったとしても、国がそういう教育をするということは、明治からなんですね。明治5年に学制が公布されたと。やはり教師は外国人教師だったんですね。だからクラーク博士のような人が来て、「少年よ大志を抱け」って札幌農学校で言って帰っていったわけですけれども、授業内容はみんな英語で行われたんですね。アメリカの人の場合は。医学はドイツ人が来て、そこではドイツ語で行われたんですね。だから、そういうような言葉が分野分野で残ったりしていますけれども、音楽もまた教育の対象になったんですね。なんで音楽は教育しなければいけなかったんでしょうかね。とりあえず富国強兵ということで、若者も含めて子ども達を教育して、立派な兵隊を作る、まあ立派な人間を作るですけれどもね、そういう風なことがあって、教育が行われたわけですよ。音楽では、音楽取調掛というのができるんですけれども、それが後の東京音楽学校で、それが芸大になるんですけれどもね。そこに外国人教師が来まして、それがメーソン(Mason)という人なんですけれども、このメーソンという人がきて音楽取調掛で教えるんですよ。この人が音楽を教えるために、はじめてピアノを輸入したんですね。それまでピアノが日本にはなかったんですね。それからバイエルをこの時に輸入しました。未だにみんな普通はバイエルから始めるんでしょ。最近は変わってきたみたいですけれども、これは明治から100年ずっと同じことをやってきたんです。このメーソンと言う人が最初にこれを持ってきたからですね。その時に違うものを持ってくれば、みんなバイエルをやらずに済んだんですね。バイエルで音楽嫌いになる人って多いんでしょ。メーソンがこんなものを持ってきたから失敗したんじゃないかって。それで、最初に子ども達を教育しようということで、唱歌教育というものを始めるんですね。まず歌を歌わせようと。本当は、メーソンの音楽学校では唱歌とピアノと和声学と管弦楽と四つ教えていたんですけれども、一般の次元では楽器がみなさん弾けないんです。この頃は。楽器どころか洋楽のメロディーすら覚えにくかった時期ですから、とりあえず歌だけは歌えるのではないかということで歌を作るのはいいんですけれども、作曲家がいないんです。ですから、海外の歌を、メロディーを借りてきて、その上に日本語をのせるということが、一番最初の唱歌教育だったんです。ほとんどの最初の頃の唱歌は、外国の曲です。さあ聞いてみましょうか。まずは「見渡せば」。



 これは「むすんでひらいて」のメロディーです。一番最初は「見渡せば」という歌詞がついたそうです。これはスコットランド民謡と言う風に言われていますけれども、スコットランド地方では有名な歌で「Auld Lang Syne」。



 最近の卒業式は二番くらいで終わるのが通常ですけれども、この曲は四番まであります。この四番は今は歌われません。何故歌われないかは聞いてみましょう。「蛍の光」の四番。



 というもので、明治の最初は「千島の奥も、沖繩も、八洲の内の、護りなり」と、こういうものです。最後は「努めよ我が兄、恙無く」と兄を送るという。これは結局出征する先達を送る歌なんです。だから卒業式に歌うんですよ。今は出征することがなくなったので、形式だけ残ったんですね。だから別れの歌というような感じでとらえられています。そういうことで、四番はないんですね。でも最初はあったんですね。このように唱歌でも、景色とか自然とか、またはこういう富国強兵とか国体にかかわるものの詞がのっていたんですよ。こういうのが唱歌教育で情操教育だったんですね。では、これもスコットランド地方の民謡ですけれども聞きましょう。



 「Comin' Thro the Rye 」、日本ではこれは「故郷の空」というタイトルでしたね。




 オリジナルは「Gin a body meet a body, Comin' Thro' the Rye」で、この後、ザ・ドリフターズが「誰かさんと誰かさんが麦畑」というのが、どちらかというとオリジナルの原詞に近いんですね。原詞の意味はドリフターズの方が近いんですけれども、「夕空はれて、秋風ふき」「思えば遠し、故郷の空」ですからね。結局ここで一つの結論が出ているのは、その詞の内容がどういう風につくのかでその曲がほとんど変わってしまう。明治の場合はどんな詞をつけるのかが一番のポイントだったでしょう。曲はあるものですからね。だから、童謡を聞いたり唱歌を聞いて涙するっていのが国民のなにがしと言う人がいるんですけれども、原曲がまるで違うというところにになにがしか面白いと思いますけれどもね。他には「追憶」とか「久しき昔」とかも外国曲です。こういうような種類の曲がジャンジャン輸入されたのがこの時代だったんです。初期の頃は外国曲に日本語の歌詞をつけたんですけれども、日本の曲だと思っている人が多いんです。教育される側は分からないから。「思えば遠し、故郷の空」とかついていればそういうことを考えてしまいますからね。それだけ言葉の力は大きなと思いますけれども。さて、そこで外国曲ばっかりでもあれだということで、作曲する人がようやく現れます。音楽取調掛の学生であり卒業生だった人が現れまして、その人の名を滝廉太郎といいます。滝廉太郎が出てきまして、ようやく日本のオリジナルの唱歌が作られるようになります。「花」。



 これまでの日本の歌と比べれば、非常に洋楽風ですけれども、このハーモニーが独特ですよね。なんとなれば、これまでの日本の音楽はハーモニーがないんですよね。基本的に仏教のお経などがそうですけれども、歌舞伎なんかを見に行ってもそうだと分かると思いますが、全部ユニゾンなんです。ハーモニーがないんです。要するに、ハーモニーも輸入したんですね。自分で独学で考えたハーモニーなので、教えて覚えなきゃいけないんですよ。無理につけたハーモニーなので覚えなきゃいけないんです。滝廉太郎の中ではこのような唱歌みたいなのが多いんですけれども、中学唱歌というものの中にも書きました。この頃はいろいろな曲をたくさんオリジナルが欲しいということで、音楽取調掛が教員とか学生に懸賞募集をしたりします。曲を作れと。そして当たると何円あげますと。その懸賞で受かった曲が次の曲なんですけれども、これが有名な「荒城の月」です。「荒城の月」なんですけれども、今回聞いてもらうのはオリジナルです。今流布されている「荒城の月」と一カ所音程が違います。それをちょっと聞いてみてください。



 「花の宴」の「え」がシャープしていましたね。滝廉太郎は最初はこう作ったんです。こう作ったんですけれども、誰も歌ってくれなかったんですね。半音だから音をとるのが難しいんですよ。それで、「え」が半音ではなくみんなが歌いやすいように変えてしまって、原作者もやむを得ず歌いやすい方にしたと。



 これは「荒城の月」で「え」がシャープしていませんでした。それで、この「荒城の月」というのは非常にいろいろな意味合いで深くその後の音楽に影響を与えて、これをベースにしてできた曲が何百曲とあると思いますよ。これが非常に好まれたんですね。「荒城の月」と「花」とで知られている比率みたいなものでいきますと、7対3くらいじゃないですか。「荒城の月」はみんな知ってるけれども「花」はあまり知られていない。やはりここには、メジャーとマイナーとの日本人の好みが出ていると思うんですけれども、この「荒城の月」をいろいろ、これをベースにして作った曲がいっぱいあるんですけれども、戦後なんですけれども、私が非常に「荒城の月」に捧げる歌、オマージュをささげた曲があって、これが私としてはなかなかよくできた曲だなと思うんですけれども、これを聞いてみたいと思います。



 これは戦後の三橋美智也という人が歌った「古城」という歌なんですけれどもね。流行歌の中にまぎれてみんな分かりにくくなっていたと思うんですけれども、これは見事に詞曲ともに「荒城の月」に捧げた歌なんです。こういうようなことが流行歌の中によくあったんですよ。だから唱歌と別に考えていないんですね。唱歌をもとにしてだんだん流行歌が出来ていくということは追々話しますけれども、だんだん流行歌の中にも入っていくんです。これは見事な捧げ方だなと僕は思いますけれどもね。これは、私の説ではなく、橋本治さんという人の発見でございますので、マルCはそちらの方に。ということで、このような自作というものが出来てきますけれども、滝廉太郎は生徒のうちから作曲をしていて、作曲をする人がそう多くはないわけじゃないですか。そうすると、学生の中でいろいろと作曲をしてくるということが起きるんです。それで、一高の第十二回記念祭寮歌、記念祭をするたびに寮歌をつくるんですね。寮歌を集めるとすごくいっぱいあるんですけれども、何かある度に作ってたんじゃないですか。それで、寮歌というとこれが一番最初に出てくるっていうくらい有名な歌で、「嗚呼玉杯に花うけて」。



 これが寮歌なんですね。実はこの曲の原曲はこういうマイナー的なメロディーじゃないんですよ。実はメジャーなんです。「嗚呼玉杯に花うけて」のオリジナル、メジャーバージョンを聞いてください。

 こちらは遊んでるとしか聞こえないかもしれませんね。昔よく楽屋でメジャーの曲をマイナーにしたり、マイナーの曲をメジャーにしたりしてみんな遊びましたけれども、そう遊んでるのではないかって。最初長調で作っていたのが、歌われている間に短調になっちゃったんです。だから、滝廉太郎の「荒城の月」の半音がとれないのと同じように、日本人はマイナーの方に馴染んでいるんですね。ということで、そっちの方になったということがあるそうです。なかなか最初の頃はいろいろな事があったんでしょうね。寮歌というと、男だけではなくて、明治35年に創立された佐世保女学校というのがありまして、そこの愛唱歌として作られた歌があります。それが「美しき天然」と、後に「天然の美」というタイトルでも知られていますけれども、これは佐世保の女学校の愛唱歌だったんです。ところが今佐世保の女学校の人が歌っている音源がありませんので、当時を再現して女学生はこう歌ったんじゃないかというような感じでとってきました。



 
 これがこの後ヒットするんですよね。この女学校の歌は楽譜が飛ぶように売れて、なんで売れるようになったのかというと、軍隊だけじゃなくて街中に楽隊ができるようになるんです。それを市中音楽隊と呼んだりしたんですけれども、民間でも楽団を持つようになるんです。民間が持つと、百貨店が持ったりとか、ウナギ屋さんが持ったりとかして、自分の店のPRなんかも始めるんです。それで、軍楽隊をだんだん小規模にして外を練り歩いたりして広告したりするという、そういう小規模のグループを「ジンタ」と呼んだんです。それが映画館とかいろいろな所にいって演奏するんです。例えば何か催し物があるぞというと、街中を歩くわけです。今でもパチンコ屋の開店とかだとまだあるかもしれません。それで、この時に「美しき天然」のメロディーがジャンジャン使われたんです。「美しき天然」のメロディーが市中の音楽隊の手にかかるとどうなるのか、これを聞いてみましょう。


 原譜がアレンジされて、だんだん馴染みやすいようになっていって、これがさらにもっともっと馴染んでいくんです。これは我々の世代まででしょうか、サーカスで聞かれました。サーカスの中で必ず「美しき天然」が、このメロディー=サーカスというのは我々の世代までだと思います。そういうので非常に流行ったんですけれども、もとは女学校の愛唱歌で、作曲者の田中穂積と言う人は、やはり海軍の軍楽隊の出なんです。だから大元はすべて外国人教師から習って、「軍艦行進曲」の人も、この「美しき天然」の人も、こういうような曲を作って、それがだんだん軍隊のものだけではなく、学校の唱歌だけではなく、寮歌として学生が歌い、それから市内に楽隊として出ていって一般の人がきいて、それがサーカスにも入っていくという、だんだんだんだん明治の教育されていたものが一般に少しずつ浸透していくということになります。以前の日本の音楽ではないから、耳新しいじゃないですか。だいたい、楽隊自体が耳新しいでしょ。だから、そういうものが街中を練り歩いて、メロディーが染みついていくと。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ