音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

21世紀のセックス・ピストルズ (Sex Pistols) 、アイドルズ(Idles)

20180923  

 イギリスはブリストル出身のアイドルズ。非常にロックなバンドです。アルバムタイトルが「Joy as an Act of Resistance」というすごいタイトルでございまして、ギターで、肉体で、そしてエネルギーでロックを表現する、そういう表現の仕方こそロックだという、今どきあまり流行らないかもしれませんが、そういう姿勢が徹底しているバンドです。全体の佇まいはパンクな音で、歌っている内容はそれこそ社会の不正であるとか、階級社会に対する怒りであるとか、移民問題であるとか、ナショナリズムに対する反対の意思であるとか、そういうロックの持っている反体制的なメッセージ性を叩きつけるという、まさにロックがもともと持っていたアティチュードというものを2018年という時代にもういっぺんしっかり再現していこうというそういうバンドです。来日コンサートをやって、まさにそのエネルギーを叩きつけるようなライブが注目されたんですけれども、まずはDanny Nedelkoという曲を聞いていただきます。この曲は移民問題を正面から取り上げたナンバーです。

 血を分けた俺の兄弟は移民
 美しき移民
 血を分けた俺の兄弟はフレディ・マーキュリー 
 三人の子を持つナイジェリア人の母
 あいつは骨でできている
 あいつは血でできている
 あいつは肉でできている
 あいつは愛でできている
 あいつはお前でできている
 あいつは俺でできている
 結束だ
 恐怖が狼狽を惹き起こす
 狼狽が苦痛を惹き起こす 
 苦痛が怒りを惹き起こす
 怒りが憎悪を惹き起こす
 Danny Nedelko俺の親友は異邦人
 血を分けた俺の兄弟は市民
 あいつは強くてひたむきで無邪気な男
 Danny Nedelko同一性なんて糞くらい
 Danny Nedelko Danny Nedelko



 聞いていただいてこう思われた方も多いと思いますが、21世紀型のセックス・ピストルズみたいなそういう言われ方もしています。非常にパンキッシュな音作りと、反権力性の歌のテーマみたいな所が注目されているんですけれども、なによりもポップですよね。とにかくこのバンドを聞いていつも思うんですけれども、本当にメロディーがポップだなぁと。これはセックス・ピストルズなんかにも言えるんですけれども、すごくキャッチーなんですよ。パンクロックは、すごくノイジーでメロディーもへったくれもないぜみたいなイメージがありますけれども、実際には二大パンクロックバンド、セックス・ピストルズとザ・クラッシュ(The Clash)を例にあげるまでもなく、みんなポップなメロディーを持っています。パンクロックは、ロックンロールのサウンドとともに、全体は爆発するギターサウンドではありますけれども、ポップなメロディーが最終的には耳に残るという構造があります。そして、アイドルズは、この構造を受け継いでいます。それではもう一曲聞いてください。Never Fight a Man with a Perm。


エイフェックス・ツイン(Aphex Twin)からマシュメロ(Marshmello)へ、ダンスミュージックの昔と今

20180826

児島由紀子「2年ぶりの新作を出すエイフェックス・ツインについてです。いつもぶっ飛んだビデオを作る人ですけれども。最近の音は、以前のような暴力的で不快感を催す感じではなくて、上品にアンビエント風になってきているんですよ。やっぱり大人になってきたんでしょうね。今回の新作は5曲入りのEPが出るんですね。新曲のT69 Collapseが公開されたばかりなんですけれども、このビデオもすごいですね。音もブライアン・イーノ(Brian Eno)とかピンク・フロイド(Pink Floyd)っぽくなってきましたよね。」

渋谷陽一「そうですね。オーガニックなにおいもありつつ、すごくスピード感もあって、なかなか迫力がありますよね。」

児島「ありますね。でも、1990年代の奇妙で夜中に起きられないようなビデオがちょっと懐かしくなりますけれども。」

渋谷「そうですね。怖い感じはなくなって、でも今はそういう時代じゃないから、彼自身もすごく時代を感じているんじゃないんですかね。」

児島「そうですね。その辺も時流に合わせたんでしょう。」

渋谷「そちらでの反響はどうですか。」

児島「エイフェックス・ツインは新作を出すとき、いつも謎の出し方をするんですよね。いきなりクラブの広告に出たりとか、道の標識にパッとでたりとか。今回もそういう感じで、ある特定の場所にだけ出て、ファンが必死になって謎解きをするという。いつもの楽しみが今回は倍増した感じです。」

渋谷「時代も変わって、エイフェックス・ツイン以外にもダンスミュージックってすごく変わってきているし、こういうインストゥルメンタルな打ち込み系の音楽も進化している中で、エイフェックス・ツインも。」

児島「いまはまさにエレクトロニカがピークの時期じゃないですか。アンダーグラウンドな動きではありますけれども、いまはエレクトロニカが一番尖っている時期なんですよね。アンダーグラウンドシーンでは。」

渋谷「そうですね。ただ、新しい世代が台頭してきている中で、オールドスクールなエイフェックス・ツインというのは。」

児島「たしかにこの人はオールドスクールになりますよね。」

渋谷「それでも若い世代からリスペクトはある感じなんですかね。」

児島「ありますよ。こういうある種ホラー映画を想像させるような音作りとビジュアル作りをするエレクトロニカ系のアーティストって他にはいないじゃないですか。」

渋谷「そうですね。」

児島「だから今でもユニークでオリジナルな存在ですよね。」

渋谷「ではこれで本格的に新作を発表して、ライブとかそういうこともやってくれそうですかね。」

児島「やってくれるんでしょうかね。その辺のところはまだ発表されていないんですけれども、新作を出すならツアーくらいはするでしょう。」

渋谷「でも、それも楽しみですね。どういう技を繰り出してくるのか。」

児島「楽しみですね。リリースされるのが9月でフェスシーズンが終わる頃なんですけれども、自分用のイベントを企画するんじゃないんでしょうかね。」

渋谷「わかりました。そういう動きが具体化したらまた教えてください。それでは最新型のエイフェックス・ツイン、どんなサウンドなのか聞いていただきたいと思います。T69 Collapse。」



渋谷「児島さんが言っていましたけれども、エイフェックス・ツインの怖い顔ありますよね。まさにあれが彼の時代感覚の姿勢なんですけれども、例えば今年のサマーソニック(SUMMER SONIC)で来日したマシュメロ(Marshmello)という、今のダンスミュージックのトレンドの彼の持っているすごく漫画みたいなキャラとすごく好対照で、まさに今がマシュメロ的なああいう顔が時代感覚に合っているとするならば、エイフェックス・ツインがそれとどう戦うのかというのは、すごく興味深いというか、彼自身の新作の全体像がどうなっているのか注目したいと思います。」

 1997年のエイフェックス・ツインのCome to Daddyから2016年のマシュメロのAlone。約20年でダンスミュージックもだいぶ変わっています。



今の世界的なポップミュージックのスタンダードは地味な曲である説

20180729

 ファイヴ・セカンズ・オブ・サマー (5 Seconds of Summer)でMoving Along。



 彼らのサードアルバム「Youngblood」は全世界的に売れまくり、全世界のチャートのナンバーワンを席捲し、この番組の海外情報でも何度このアルバムのタイトルを言ったのかわからないという作品です。オーストラリア出身で、出すアルバム出すアルバムが全世界でナンバーワンを獲得し、圧倒的な人気を誇るアイドルポップバンドです。ワン・ダイレクション(One Direction)の前座をやったりしてその人気を高めていったことから、ミーハー人気を誇る、つい最近まで10代でしたからね、若手バンドというイメージがあるのですが、今聞いていただいて分かると思うんですけれども、確かにポップなメロディーで圧倒的に受け入れやすいサウンドデザインになっていますが、でもよく聞くとこの音数の少なさとメロディーの非常に洗練された佇まいと、すごいなと思います。もともと地元のロックバンドとして活躍していて、それが大人の耳にとまり声がかかりというサクセスストーリーの中にあるので、決して作られたアイドルではないわけですね。ポスト・マローン(Post Malone)にしても何にしてもそうなんですが、今現在のポップミュージックの最先端の音の一種の洗練度とストイックさというのはものすごくて、ポスト・マローンもナンバーワン8週間で、では聞いていただきましょうというと、なにこの地味な曲って日本人的な感性からすると思ってしまうような、内外時間差というのがすごくあって、洋楽を紹介する仕事をやっていると日本の音楽シーンとのディレイを感じてならないんですけれども、ファイヴ・セカンズ・オブ・サマーもそんなバンドの一つであります。今やこのアルバムのタイトルナンバーはシングルヒットして全世界的に席捲していますが、この洗練度はすごいなと思います。Youngblood。



 アメリカでもイギリスでもオーストラリアでもとにかくナンバーワンで売れまくっていますけれども、とにかく世界的なポップミュージックのスタンダードと、今J-POP、J-ROCKと言われるもののスタンダードの音のモードの違いというのはかなりなもので、だから何だっていうわけではないんですけれども、自分のような仕事の人間は、この差ってなんとかしなくちゃっていう根拠のない焦りを感じたりします。

ロック鎮魂歌、ポスト・マローン(Post Malone)のRockstar

20180708 
 
 ポスト・マローンのセカンドアルバム「Beerbongs & Bentleys」を紹介します。アメリカでは4月末にリリースされましたが、今年最大の話題作と言っていいと思います。とにかく今、世界中でもっとも売れてるアーティストですが、日本ではそういうことを言われてもいまひとつピンときません。ポスト・マローンを語るときにまず言われる情報が、全米チャート100位以内にアルバム全18曲がすべてランクイン。そのうちトップ20に9曲が同時チャートインという、54年ぶりにザ・ビートルズ(The Beatles)の記録を塗り替えたと、ありえないですよね。空前絶後の売れ方というか、本当に天文学的な成功を手に入れたポスト・マローンなんですが、写真を見てもわかるのですが、冴えない白人の兄ちゃんだかおっさんだか、基本的には兄ちゃんなんでしょうけれども、髭面でもじゃもじゃ頭だからおっさん感があるんですけれども、でもすごいんです。その中でも一番象徴的なRockstarという曲を聴きますが、この曲は全米ナンバー1をシングルチャートで8週間ですよ。聞いていただければわかりますが、地味です。でもはまってしまうと離れなられない不思議な魔力をもった曲で、タイトル通りにロックスターの曲で、酒と女とロックンロール、この豪華な暮らしを俺はロックスターだからしてるぜっていう歌詞からみるとすごくイケイケな曲なんですけれども、でもこの全体に漂う得も言われぬたそがれ感というかやるせなさが、まさに今の時代を象徴する、すごい曲だと思います。Rockstar。



 2017年、去年の9月にリリースされて、そこから8週間ナンバー1を獲得し、2017年最もトップの座に君臨したヒップホップシングル、そして配信の初週では2500万回再生されて、これも空前の記録になっています。面白いのはロックスターという言葉がすごくやるせなさと斜陽の象徴みたいな感じで、歌詞的には豪華だぜ、豪華だぜ、最高だぜと歌われているんですけれども、メロディーの佇まいは最高でも豪華でもなんでもなくてたそがれているという、ロックに対する鎮魂歌という趣が、時代の雰囲気といろいろなものののテーマが一体となって、この素晴らしいメロディーで人々の心を打ったと、私の心も打ったんですけれども、そういう感じがします。この番組のリスナーに、ポスト・マローンはこういう人なんですよという一番わかりやすい楽曲を聞いていただこうと思います。Stay。



 ヒップホップじゃなくてロックじゃんって思われるかもしれませんが、ヒップホップなんですよ。まさにこれこそが23歳のメタルバンドのギタリストになるためにオーディションを受けていた若者が、最終的にヒップホップを選んで、ヒップホップで世界的な大成功を手にしたという今日的な在り方そのものが、67歳だから許してもらおうと思うんですけれども、それがロックなんだという感じが僕なんかはするんですけれどもね。Better Now。



ジョニー・マー(Johnny Marr)に学ぶ、ギタリストが歌うことの意味

20180701 

 ジョニー・マーでMy Eternal。



 彼の三枚目のソロアルバム「Call the Comet」の中の一曲をピックアップさせていただきました。ジョニー・マーのソロアルバムについては、児島さんが「私はジョニー・マーにとっとと歌えって言ったのよ。昔は俺が歌うなんてって言ってたんだけれども、本格的に歌ったらすごくかっこよくてこんなにすばらしいアルバムができました」っていうレポートをしていただいて、その時に一曲かけて、皆さんの中でもジョニー・マーの新作がどういうものであるのかについて、それなりに刷り込まれているわけですけれども、今日じっくりと聞いていこうと思います。ジョニー・マーというのはみなさんご存知の通り、モリッシー(Morrissey)とともにザ・スミス (The Smiths) の中心メンバーとして、コンポーザーとして、そしてなりよりギタリストとして、ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) のキース・リチャーズ(Keith Richards)的な立場として活動していましたが、解散後はギター一本を背中に抱えた渡り鳥みたいな感じで、プリテンダーズ(The Pretenders)をはじめいろいろなバンドをフラフラと渡り歩いて、自分でもちょっとしたバンドをザック・スターキー(Zak Starkey)なんかと一緒に作ったりしたのですが、なかなか定まらず、これぞジョニー・マーがやるべき大プロジェクトという所がなかなかなくて、ファンにとってはもどかしい日々が続いていたわけですけれども、この作品は今聞いていただきましたように非常に優れてますし、商業的にも結構行きそうな作品になっています。これでジョニー・マーは新たなミュージシャンとしてのアイデンティティー形成に成功するのではないかと、そういう手ごたえがあるアルバムであります。Hey Angel。



 ギター弾きまくって最高ですね。ジョニー・マーのギターに対するファンの満足度も高いでしょうけれども、でも歌もいいですよね。ギタリストが歌を歌うっていうのはどういうことなのかなと、自分としては常にギターを弾いているつもりだったんだけれども、何かいろいろな環境のもとで歌わなければならないという状況が出てきたときに歌うっていうのは、それなりにハードルがあるみたいですね。ジミ・ ヘンドリックス(Jimi Hendrix)は歌を歌っていますけれども、やっぱり自分の歌がそんなにうまくないということにコンプレックスがあって、ギターはそれこそ銀河系一のギタリストなわけですけれども、それに対して自分の歌をどう位置づけるのかというのは、かなり悩む所のようであります。悩んでいた所にAll Along The Watchtowerを歌った彼の歌を聴いていたボブ・ディラン(Bob Dylan)に、「最高じゃん」みたいなことを言ってもらえて、背中を押してもらって、ボブ・ディランに背中を押されるということは大きいことで、ジミヘンにとっても歌を歌うということに踏み出せるきっかけになったのでしょうけれども、例えば、エリック・クラプトン(Eric Clapton)だって歌を歌うつもりはなかったと思うんですよね。ジミヘンもクラプトンも、ナンバーワンボーカリストではないんだけれども、何かをきっかけに歌うということに踏み出して、そのことによって自分自身の音楽が最終的にすごく立体的に完成されるというそういうプロセスがあります。ジョニー・マーもここに来るまでにものすごい長い時間がかかって、モリッシーというモンスターが横にいたので余計にそういうことなのかもしれませんけれども、でもそうやってジョニー・マーが自分自身の音楽的世界をある意味完成させた、そんな作品だと思います。Day In Day Out。



記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ