音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ

NHK-FMWorld Rock Nowでの渋谷陽一氏の解説で面白かったものをメモしてゆきます。

ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)、奇跡の3年間

Kenrocks Nite - Ver. 2 20180429 解説は大貫憲章氏です。

 1960年代に生まれたロックの一大レボルーションがサイケデリックロックです。まずはサイケといえばこの人でしょうという感じもあるかもしれませんが、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)は、アフリカ系のお父さんとアメリカの先住民系のお母さんを持つ、いわゆるブラック・インディアンと昔はいわれていましたけれども、そのジミ・ヘンドリックスが最初に作ったグループがザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンス(The Jimi Hendrix Experience)ですが、彼らのデビュー作品がまさに「Are You Experienced」なんですけれども、ではそのアルバムのタイトルトラックAre You Experienced。



 サイケは1960年代半ばくらいに誕生しました。何をもってサイケというかの定義はいろいろだと思いますが、これまでの音楽がポップスという形で、シングル盤を中心に3分間の娯楽としてやっていたものが、徐々にミュージシャンの意識だとか、社会の状況、録音機材の改良とか進化とかいろいろあって、音楽を3分間の楽しみというか聞いて楽しいなという楽しみだけじゃなくて、ミュージシャンの意識そのものを伝える、1960年代の世の中の事象とも合わさって、これまで音で表現できなかったことを表現してみようじゃないかとそういう風になってきます。「Revolver」だとかその前の「Rubber Soul」だとか、ビートルズ(The Beatles)あたりがその始まりだといわれていますが、コンセプトに基づいたアルバムを作ろう、シングルじゃなくてアルバムを作るという意味で、まさにエクスペリエンス、実験的なことをやろうという気運がありました。それは、中心地はアメリカとイギリスとヨーロッパの一部でしたけれども、世界的な気運として起こりました。ジミ・ヘンドリックスはその時代の寵児。人気者でもてはやされたんですけれども、そのジミ・ヘンドリックスは1942年、シアトル生まれですね。1970年に亡くなっているわけですけれども、15歳くらいでギターを覚えて、兵役に行ったのが1964年で、帰ってきて1965年から本格的なミュージシャン活動をしていろいろなバンドを転々として、自分のバンドは持ってないんですけれども、いろいろなところで演奏をしたという風に言われています。活動しているところを1965年の秋にアニマルズ(The Animals)のベースにチャス・チャンドラー(Chas Chandler)という人がいるんですけれども、その人に見いだされて、お前イギリスに来いよ、イギリスで一旗揚げようぜみたいなことを言われたのかどうかはわかりませんが、渡英して、オーディションでメンバーを見つけて、3人組のザ・ジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスが活動を開始しました。そして、1967年にデビューアルバムの今ご紹介しました「Are You Experienced」を発売して、みんながブッたまげたということですね。エリック・クラプトン(Eric Clapton)曰く「誰もジミのようには弾けない」って言って、ジェフ・ベック(Jeff Beck)なんかは「俺は廃業しようと思った」なんて言ったとか、そのくらいショックな彼の登場でした。確かに手法が、技術的なものも含めて、独特なサウンドが聞けましたよね。ジミ・ヘンドリックスは自分の音楽のことを「エレクトリック・チャーチ・ミュージック」、要するにエレキの教会音楽と自ら言っていたんですけれども、まさにそういうような印象ですよね。実質1967年にデビューして1970年に亡くなっちゃうわけですから、3年間なわけですね。その3年間で普通のミュージシャンが一生かかってもできないような所に到達しちゃったと思うんですよね。スーパースターはこういう風に生まれて、こういう風に去っていくっていう一つの形を作っちゃいましたけれどもね。

ラモーンズ(Ramones)の転機となった二枚のアルバム

Kenrocks Nite - Ver. 2 20180304 解説はKatchin'氏です。

1、5th「End of the Century」

 世の中的に2月と8月は物が売れないって言われていますが、ラモーンズはそのくらいの時期にアルバムを発表するのが割と多いです。特に、冬に出てるのが意外と多いのです。多分、発売する時期をもうちょっと考えてくれたら、もうちょっと売れたのではないのかと思います。特に、すごい重要なアルバム、5枚目の「End of the Century」。これは、Do You Remember Rock 'n' Roll Radio?、Rock 'n' Roll High Scho全部入っていますが、このアルバムの発売日が2月4日なんです。フィル・スペクター(Phil Spector)とか使っているんだから、もうちょっといいタイミングで出してもいいんじゃないかなと思います。「End of the Century」は、レコード会社も、メンバーも、フィル・スペクターも全員が絶対に売れるって作っていたアルバムなんです。結果的にはラモーンズ史上では一番売れたんです。ただ、チャートの順位は45位。微妙なんですよ。本当にトップテンに入るつもりでみんな作った作品なんです。変な話ですけれども、これが4月とかに出ていたら、もっと売れたかもしれません。そして、この「End of the Century」が売れなかったということがターニングポイントで、基本的にラモーンズも「End of the Century」まではレコードを売りたいと思っていたわけです。フィル・スペクターを連れてきて、金もかけてすごく頑張ったけれども売れなかったので、もういいやと。俺たちはレコードは売れないと。それで、俺たちはツアーをやってライブをやって行こうということで、このアルバムからツアーとかライブがメチャクチャ増えたんです。それで、他の国ですごく売れるようになったんです。ラモーンズの場合は土台がしっかりしていて曲もよかったので、世界で受け入れられたわけです。



 また、「End of the Century」にはDanny Saysという曲が入っていますが、このDannyというのはダニー・フィールズ(Danny Fields)という一番最初のマネージャーのことなんですけれども、この人がこの時にマネージャーをやめてしまうわけですね。ダニーはデビュー前の段階からラモーンズのマネージャーをやっていて、自分のおばあちゃんからお金を借りて、ドラムセットをラモーンズに買い与えるとか、そういうことをやっていた、ラモーンズを支えていた人が辞めてしまったという時期でもあるんです。




2、7th「Subterranean Jungle」

 1983年2月23日に発売された7枚目の「Subterranean Jungle」からI Need Your Love。



 この曲はカバー曲なんですけれども、ニューヨークの同世代のThe Boyfriendsというパワーポップバンドがいて、この人達が作った曲ですけれども、それを「ちょっと曲が足りないからお前らの曲やるから」みたいな感じでやっています。ラモーンズはカバー曲も面白いものが多くて、この「Subterranean Jungle」の中では、Little Bit O' SoulとかTime Has Come Todayとかをやっています。この「Subterranean Jungle」も結構な過渡期にありまして、ここでマーキー・ラモーン(Marky Ramone)がクビになります。このアルバムをレコーディングした後に、ライブをバックレちゃいまして。当時マーキー・ラモーンはアル中だったんですね。それで、このアルバムが発売されてからリッチー・ラモーン(Richie Ramone)にかわるわけです。しかし、アルバムジャケットにはマーキーが写っているんですけれども、ただTime Has Come TodayのPVではリッチー・ラモーンがドラムを叩いています。ここでメンバーが入れ替わっています。「Subterranean Jungle」以降は曲の感じも変わって、ちょっとハードコア路線になっていきます。また、リッチー・ラモーンが入ってライブでの曲のテンポも上がり早くなりました。そういうわけで、この5枚目と7枚目は2月にそれぞれリリースされましたが、2月は厄月みたいなものですね。

リアム・ギャラガー(Liam Gallagher)の「As You Were」、イギリスでアナログレコード過去20年最大のレコードセールスを記録する

Kenrocks Nite - Ver. 2 20180114  解説は大貫憲章氏です。

 リアムは元オアシスということで、常にオアシスの影がつきまとうのは当然なんですけれども、オアシス再結成はあるのかとか。仲が悪いということだから、なかなか再結成はないんですけれども、「As You Were」が出たのが2017年の秋で、その近辺くらいに兄貴のノエル・ギャラガー(Noel Gallagher)も新作を出しました。その間お互い言い合っていたんですけれども、結局お互い悪口いうのはやめよう、お互い休戦しようということで、休戦になったんですけれども、休戦だからそのまま雪解けになってオアシス再結成に向かうのかという質問があったときに、お二人とも「それはない」と。俺たちはそれぞれの道を行っているのだから、そんな簡単にはいかないって。このアルバムはビーディ・アイ (Beady Eye)というバンドから解散して、三年ぶりの作品なんですけれども、もちろん全英ナンバーワンになりました。そして、初動なんですけれども、アナログレコードも出したんですけれども、アナログはこの20年間のイギリスで最大のセールスでした。初動だけれども1万6000枚でした。ヨーロッパ、とくにイギリスではレコードが流行っているらしいですね。

ラモーンズ(Ramones)のドラムは難しい説

Kenrocks Nite - Ver. 2 20171119  解説はKatchin'氏です。

Katchin'「ドイツのバンドディートーテンホーゼン(Die Toten Hosen)がジョーイ・ラモーン(Joey Ramone)とデュエットみたいな形でやっているバージョンのBlitzkrieg Bop。」



Katchin'「ディートーテンホーゼンがパンクをリスペクトして、いろいろなオリジナルの人を呼んで一緒にやるという企画ものですけれども、このBlitzkrieg Bopは秀逸なんですよ。ちょっとしたフレーズなんかを足したりしながらも、オリジナルは損なわない。それでいて、何がやぱり大事かというと、シンバル、ハイハットをちゃんとラモーンズのように叩いているんですね。これがなかなかできないんですよ。」

大貫憲章「ラモーンズは、ドラムが簡単そうで簡単やないってよく言っていますよね。」

Katchin'「実はすごい難しいんですね。」

ハノイ・ロックス(HANOI ROCKS)の悲劇

Kenrocks Nite - Ver. 2 20171019  解説は大貫憲章氏です。

 モトリー・クルー (Motley Crue) の「Theatre Of Pain」からHome Sweet Home。



 このアルバムは1985年に三枚目のアルバムとしてリリースされて、結構ヒットしたんですよ。全米6位だったかな。この頃はロックバンドのアルバムがいっぱい出ていて、トップテンにはいるのも珍しくなかったので、今と比べると隔世の感がありますけれども、他にもSmokin' In The Boys Roomとかも入っています。実は、このアルバムが出る前の1984年12月に、ヴィンス・ニール(Vince Neil)というボーカルが、飲酒運転で車を暴走させて事故を起こしたんですよ。たまたま一緒に車に乗っていたのが、ハノイ・ロックスのドラムのラズ。ラズだけ亡くなって、ヴィンス・ニールは生還しちゃったんですけれども、ハノイ・ロックスはこれまでイギリスで活動していたのをアメリカで活動するよということで、たまたまアメリカに行ってそこで事故に会っちゃったので、結局ドラムがいなくなっちゃったのでできなくなってしまいました。それで解散になっていまいました。たから、このアルバムを出して、これはラズに捧げられたということなんです。そのハノイ・ロックスなんですけれども、「Two Steps From The Move」からDon't You Ever Leave Me。



 ハノイ・ロックスは出身がアメリカイギリスではないというところがユニークですよね。フィンランドという。北欧というとメタルとかネオアコとかいろいろありますけれども、この人達はロックンロールバンドですからね。それがイギリスで評価されて、それを足掛かりにしてアメリカへということだったんですけれども、アメリカへ出かけたときにこういう事故にあってしまいました。話は前後になりますけれども、1983年くらいにCBSと契約して、ボブ・エズリン(Bob Ezrin)というアリス・クーパー(Alice Cooper)とかをやっていたプロデューサをつけて、1984年に「Two Steps From The Move」のレコーディングの準備に入るんですけれども、アルバムが完成してこれからというとこに事故もあったりするんですけれども、アルバムを作ったのはいいんですけれども、意外とシングル用の曲がないねっていうことになって、後になってじゃあということで、クリーデンス・クリアウォーター・リバイバル(Creedence Clearwater Revival)のUp Around the Bendを追加収録してシングルにしようということで、当時MTVがあったのでじゃあビデオにもお金をかけようよということで、当時のフィンランドでは考えられないほどの資金を投入したということです。それでやったら、この曲はヒットして人気急上昇ということで、だから1984年11月にDon't You Ever Leave Meも発売になったんですけれども、さらに盛り上がってこれから来年っていうときの矢先ですからね。事故は。ヴィンス・ニールの家でこれから先を祝おうぜっていうことでやっちゃったんでしょうけれども、今更言ったところでしょうがないですよね。
記事検索
スポンサーサイト
スポンサーサイト
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

音楽のおべんきょうφ(.. )メモメモ